2010年サハリン旅行記10

2010年9月10日
■ユジノサハリンスク → コルサコフ港 タクシー 

今日は帰国の日になる。ホテルのフロントにコルサコフまでのタクシーを頼んでおいたが、ちゃんと来るだろうか。

P9100412.JPG
 ホテルの窓から。

7:00、日本ならばまだ5時前で、まだ夜明け前だ。1階に下りるとタクシーが来ていた。なんと若い女性ドライバー。
チェックアウトしてタクシーの助手席へ。
ロシアでは、1人でタクシーに乗る際は助手席に乗るようだ。

P9100420.JPG
 早朝の国道を飛ばす。

まだ車の少ない市内を抜けて真っすぐな国道を100キロで飛ばす。だんだん明るくなってきて、地平線の向こうに朝日が昇ってきた。

途中で車は速度を落とし、シートベルトを着けるように言われた。
彼女は「ミリツィア」(警察)と言って笑った。

P9100421.JPG
 起伏の多いまっすぐな道路。だんだんユジノ方面へ行く車が多くなる。

P9100426.JPG
 運転手の姉さんが通行人に道を尋ねる。

ユジノサハリンスクを出発して40分弱でコルサコフ市内に入った。しかし、運転手はフェリーターミナルへは初めて行くようで、通行人に「ムッシーナ」(おじさーん)と呼びかけて道を尋ねる。

自分は知っているので教えてあげたいが、言葉が上手くないので伝えられない。急いでいないし、メーターが上がるわけでもないので別にいいのだが。

P9100427.JPG
 コルサコフ市内。ハイウェイ並の国道から市内に入るとデコボコ道。

車はあっちに入ったりこっちに入ったりしながらも、ようやくフェリーターミナルの前についた。
運転手に900ルーブル支払い、「スパシーバ」と言って別れ、車は去って行った。

P9100436.JPG
 コルサコフ港フェリーターミナル。


■コルサコフ 8:00発 稚内 13:30着 [アインス宗谷]

時刻は8時少し前。10時出港なので2時間前だが、ロシア人乗船客はすでに待合室に集まっている。
前はもっと煤けた建物だったと思っていたが、改装したのか明るく新しくなっている。待合室の椅子の座り心地の良さはさすが。

これも前は無かったように思うが、カフェも営業している。のぞいてみたら、コーヒーのほかちょっとした飲料が置いてあった。お土産用にビールを1本購入した。

P9100442.JPG
 稚内行フェリーの乗船客が三々五々集まってくる。ロシア人ばかり。

P9100441.JPG
 カフェも営業している。

8時を過ぎたがまだ動きはない。外へ出てターミナルのまわりを少しうろつく。
向かいには商店というかコンビニのような店があって、この時間から営業していた。

サハリンにはコンビニは無いが、マガジーンと呼ばれる店があちこちにある。
ユジノサハリンスクで買い物ができなかったら、ここでちょっとしたものは手に入りそうだ。もっとも、土産になるようなものは置いていないと思うけど。

P9100430.JPG
 フェリーターミナル前の噴水と町並み。

P9100433.JPG
 朝から営業しているフェリーターミナル向かいの店。

8時20分ごろ出国審査場のドアが開かれ、乗船客らがぞろぞろと動き始める。
ここから先は撮影禁止。別にとがめられるようなものは持っていないが、緊張するところだ。

イミグレもすんなり通り、バスでフェリーへと向かう。行きの時と違い、人数も少なくスムーズだった。

P9100443.JPG
 出国審査場入口。

P9100444.JPG
 出国審査後にカードをくれる。審査済をしめす整理券のような物。

P9100445.JPG
 バスの車内。

来たときと同じく、イミグレーションから船まではバスで移動する。船の入口に制服を着た管理官に、さっきもらった青いカードを渡して乗船する。
乗船時に弁当を受け取って、船室の空きスペースに陣取ったらサハリン旅行もほぼ終了だ。

ここはもう日本だ。撮影も自由で、どこへカメラを向けても良い。

P9100473.JPG
 船に乗ってしまえばもうここは日本。撮影し放題(笑)

P9100452.JPG
 1台のバスが往復してくるたびに続々と乗船客がやってくる。

P9100472.JPG
 建物の壁にこんな看板があった。

P9100446.JPG
 イゴール・ファルフトディノフ号。週2便でコルサコフと北方領土を結ぶ定期便。

P9100447.JPG
 向こうの岸壁にはにっぽん丸が停泊していた。サハリンクルーズで来ていたらしい。

帰りの船は空いているなと思っていたら、1台で往復しているバスが着くたびに続々と乗船客がやってきて、船室のコンパートもだんだん埋まってきた。
行きの船にいた日本の一行さんもギリギリになってやってきた。
帰りの船でも早めに来ることに越したことはないようだ。

P9100468.JPG
 全員乗船が終わり、車両甲板のタラップが上げられる。

P9100913.JPG
 かまぼことパン弁当(仮称)。ビールのつまみには良い。

P9100914.JPG
 日本製品が並ぶ船内の売店は早くもロシア人に人気。

まずとりあえずは100円ビール。

行きの船で一緒でユジノサハリンスクのバスターミナルで会った学生さんと雑談したり、甲板に出て海を眺めてたり、寝たりして過ごした。

P9100924.JPG
 サハリンが遠ざかっていく。

P9100942.JPG

 船内の様子。日本人客の顔ぶれは行きとほぼ同じだった。

P9100990.JPG
 何やらじっと物思いにふける老人。

P9101004.JPG
 稚内に戻ってきた。

稚内着は13:30、イミグレーションは日本人用と外国人用に分かれており、並ばずにすんなりと通れた。

P9101008.JPG
 出口には『サハリンから稚内へようこそ!』とロシア語で書かれた横断幕があった。

無事稚内に戻ってきたので、行きに入れなかったいつものラーメン屋に直行した。

P9101011.JPG
 青い鳥の塩ラーメン。久々に味わう日本の味。

P9101061.JPG
 特急スーパー宗谷4号。

稚内から札幌までは約5時間、札幌まで戻れば今回の旅行は終わり。
毎回思うのだが、サハリンから稚内に戻ってくると、フッと何やら夢から醒めたような気持になるのはなぜだろう。

最後までお読みいただきましてありがとうございました。

〜おわり〜

2010年サハリン旅行記9

まず最初に、ルーブルの所持金が少なくなったので、両替をしようと『みちのく銀行』のあった場所へ行くと、今は『ВТБ24』という銀行に変わっていた。中の受付で「チェンジ プリーズ」というと係りの人は最初は分からなかったが、やり取りしているうちに分かったようで、受付番号の紙をくれた。奥が両替所になっていた。

一昔前はルーブルを嫌ってお金を外貨で持つ人が多かったようだが、今ではそんなことも無くなったようで、両替所の存在感も薄くなってしまったようだ。
みちのく銀行だった時は親切に対応してくれたのだが、この点は不便になった。

P9080686.JPG
 かつて『みちのく銀行』があった場所はロシアの銀行に。日本領事館は今もここにある。

ユジノサハリンスク市内の交通はバスが主役である。市内を歩いていると路線バスが走っているのをあちこちで見ることができる。
車両は、マイクロバス、ワンボックスカー、韓国製中古大型バスと様々で、どのタイプが来るかはわからないが、前面と側面に系統番号と経由地を表示しているのでバスとすぐにわかる。

主流は12〜14人乗りのミニバス。満席の場合は次の便を待つしかない。系統によっては次から次へとやってくる。
ダイヤ通りに走っているのではなく、決まったルートをぐるぐる回っている乗り合いタクシーのような感覚だった。

P9090341.JPG
 黄色いミニバスが主流になりつつある。

P9090331.JPG
 ミニバスの車内。料金は乗客が運転手までリレーのように手渡す。

P9090286.JPG
 たまに中型サイズの車両も来る。これは新車らしい。

P9090282.JPG
 上記の新車らしい黄色いバスの車内。助手席は車掌。

路線は市内線と郊外線に分けられていて、すべて系統番号がある。番号別の運行経路がわかれば誰でも気軽に利用できる。

市内線はbPから81まであるが、欠番があったり、1日数本のみという系統もあるのでそれほど複雑でも無い。またほとんどの系統が中心部主要通りを経由するので、例えば市内のどこかから中心部方向のバスに乗れば見覚えがある場所に戻ってくることもできる。

以下の系統が本数も多く使い勝手が良いです。
63番 空港−ミーラ大通り−レーニン通り−サハリンスカヤ通り
19番 レーニン通り→プルカエフ通り→コムソモリスカヤ通り→サハリンスカヤ通り→レーニン通り(外回り循環便)
20番 19番と同じルートを逆回り(内回り循環便)

P9090363.JPG
 ガガーリン像。言わずと知れた世界初の宇宙飛行士ユーリイ・ガガーリン。

バスで着いたのはコムソモリスカヤ通りにあるガガーリン公園。
ユジノサハリンスク市内で一番の見どころといえば、ガガーリン公園だろう。
小さいながらも遊園地があって、湖があり、その周りを子供鉄道が走っている。

公園内各所にカフェやキヨスクもあって簡単な飲食もでき、景色も良いので、おすすめの観光スポットだ。

P9090292.JPG
 ガガーリン公園の遊園地。

P9090311.JPG
 ガガーリン公園にある子供鉄道の線路。

遊園地を抜けると池があって、池に沿って線路が伸びている。これが子供鉄道だ。
歩いて行くと駅舎があって、機関車と3両の客車を連ねた列車が停まっている。
駅舎に掲げてあった時刻表を見ると、11時発の列車がもうすぐ出るところだった。切符を買って車内に入る。

P9090312.JPG
 子供鉄道の車内。かつて軽便鉄道で使われていた客車。

P9090299.JPG
 駅舎には駅員もいて本格的。

P9090310.JPG
 子供鉄道の車内。車内は小さな子供向けのイラストが。

P9090302.JPG
 子供鉄道の車窓。乗り心地は軽便鉄道といったところ。

子供鉄道は、鉄道学校の生徒の実習で運行されているはずだったが、この日だけなのか経営が変わったのかわからないが、スタッフは全員大人。乗客はおばあちゃんと孫といった幼い子連ればかりだった。

途中1駅に停車して1周13分。また元の駅に戻って終点となる。
時刻表をあらためて見ると、10:30から17:00まで毎時00、30の発車となっていた。

P9090317.JPG
 海賊船かな。

P9090320.JPG
 のどかな公園内のヴェルフネエ湖。

しばらく公園内を散策していたが、これといって行くところも無くなり、一旦ホテルへ戻る。

DSC04207.JPG
 4泊したユーラシアホテルのシングル部屋。テレビ、冷蔵庫、電気ケトルもそろっている。

ホテルでしばらく休んで、また街をぶらつく。今度は土産物の買い物もした。

P9090334.JPG
 レーニン通りの賑わい。

P9090360.JPG
 どこかの交差点。

P9090345.JPG
 中古の日本車ばかりだが、ロシア車も。ヴォルガ製ГАЗ(GAZ)−3102。

P9090340.JPG
 とにかく車が多い。サハリンスカヤ通り。

P9090336.JPG
 自由市場の近くに新しくできたスーパー。
  
DSC04217.JPG
 ユジノサハリンスクで買った土産物など。

P9090374.JPG
 ホテルの部屋から見た夕方の駅前広場。

サハリンはこれで最後になる。明日は日本へ帰国する。
初日もそうだったが、ここユジノサハリンスクからコルサコフ港までは、また自分で移動しなければならない。

コルサコフ港の出航時刻は10時。2時間前にはフェリー乗り場に着いていなければならない。
コルサコフ行きバスの一番早いのは7:20発となっていて、これでは到底間に合わない。

夕方にホテルのフロントにコルサコフまでのタクシーを頼んだ。同じような客がよくいるのか、すぐに話は通じた。
明日7時に迎えに来るようにお願いした。コルサコフまでは900ルーブルとのこと。

最後の夕食くらいレストランでもいいかなと思ったが、まだ冷蔵庫に残っている昨日までの夕食も始末してしまいたかった。
出かけるのも面倒になり、またいつものように部屋で残り物とビールで夕食。

まあ一人旅のメシなんてこんなもんだ。

ホテルの窓から更けて行く街を眺めながら酒を飲んだ。
ずっと気になっていたが、広場の向こうに怪しげに光を放つ噴水がある。見ていると近くまで行ってみたくなった。

P9080104.JPG
 駅前のレーニン広場は夜9時になっても賑わっている。

きれいに整備されたレーニン広場は公園のようになっている。
もうすっかり暗いが多くの人で賑わっていた。夜はここが憩いの場になっているようだ。

P9080097.JPG
 イルミネーションが輝くレーニン通り。

P9080091.JPG
 レーニン像と花火型のネオン。

P9080112.JPG
 ライトアップされた噴水。

夜のレーニン広場はライトアップされて奇麗になった。中でも噴水のライトアップは幻想的というか妖しげというか、なかなかの作品だ。
暗くなってからひとりでちょっとレーニン広場へ出てみたが、怖い感じはなかった。夜の大通公園あたりの雰囲気とたいして変わらない。
(でも夜の一人歩きはお勧めしません)

2010年サハリン旅行記8

2010年9月9日
■ユジノサハリンスク発 8:20発 ノボジェレーベンスカヤ着 8:53 [6001列車]
ノボジェレーベンスカヤ発 9:10発 ユジノサハリンスク着 [6002列車]

毎朝7:08にノグリキからの夜行急行列車が到着する。
早起きしたので、急行列車の到着を見ようとホームへ行った。

P9090124.JPG
 朝7時を過ぎたあたりから出迎えの人々がホームにやってくる。

P9090126.JPG
 ノグリキからの急行列車が到着。ホームはしばし賑わう。 

サハリン北部からの乗客を乗せて到着した列車を見ていると、ノグリキまで往復してみても良かったかなと思った。
せっかくサハリンへ来たのだし、私も鉄道ファンなので、コルサコフ片道乗車だけでなくもう1回くらいは列車に乗りたかった。

ユジノサハリンスク発着近郊列車はエレクトリーチカと呼ばれる。通勤列車という扱いなのか、乗車にパスポートは不要である。
2010年現在ではブイコフ行(旧内淵):1.5往復、ノボジェレーベンスカヤ行(旧奥鈴谷)2往復のみになった。コルサコフまでの近郊列車もたまに復活したとの情報が入るが、2010年9月現在ではコルサコフ-トマリ間の長距離列車1往復しか無かった。

2本ある近郊列車のうちブイコフ行きは18:25発の1本のみ。往復して戻りは22:00と、もっと日の長い時期ならばともかく1人で乗車はよした方が無難だ。

もう1つのノボジェレーベンスカヤ行は8:20と16:45発の2往復があり、ユジノサハリンスクから約16キロ片道33分なので、1時間20ほどで気軽に列車乗車を楽しむことができる。

P9090129.JPG
 朝食のハンバーグ(?)ライス。

8時前にサッサと朝食を済まして駅の切符売り場へ。窓口で「ノボジェレーベンスカヤ」と言ったが発音が悪いのか通じない。仕方なくメモ帳に駅に掲示の時刻表を見ながらつづりを書いて見せると分かったようだ。

運賃は28.8ルーブル(約110円)。切符はペラペラの小さいレシート。先日のコルサコフ行きの切符と違ってとても記念になるような代物ではないが、そんなことを考えるのは日本人くらいだろう。

P9090128.JPG
 ユジノサハリンスク駅のコンコース。ベンチに横になる人は夜行で着いた人だろう。

コンコースは、さっき夜行で着いたばかりだが、まだ行き場のない人たちが休んでいる。

P9090122.JPG
 ユジノサハリンスク駅のコンコースに掲げられた発車時刻表。

P9090123.JPG
 同じくこちらは到着時刻表。

列車は3番線に停まっている。2番線には貨物列車が停まっているので、地下道を通らなければならない。 
車掌にレシートいや切符を見せて車内へ。意外と乗客があって、客室内の各ボックスは半分くらい埋まっている。

P9090137.JPG
 D2型4両のノボジェレーベンスカヤ行き。

この列車は4両編成、初日にコルサコフまで乗った列車と同じD2型気動車だ。

サハリンの近郊列車と中距離列車の主力はD2型という気動車が活躍している。車体はステンレス製、4両1編成で、冬季対策のため床上にエンジンを置いているので両端運転室側はエンジンルームになっている。また、中間2両は付随車(トレーラー)になっている。
製造は1986〜87年、日本の富士重工製で、車内各所に日本のJR車両と共通の部品が見られる。

1990年代頃は経済状況の混乱からエンジンの部品入手不能などがあって全車両休車に陥り、JR東日本から供与されたキハ58系に置き換えられたこともあったが、2000年代になるとまたD2型が復活した。現在キハ58系は残念ながら廃止されたようだ。
北海道以上の極寒地サハリンで、暖地向けキハ58での冬季運行はどれだけ過酷だったかは想像に難くない。

P9090204.JPG
 レザー張りのボックスシート。また手すりは0系新幹線のもの。

P9090185.JPG
 窓は上段だけ内側に開く。JR北海道にもこれとそっくりな車両が・・・

PB010478.JPG
 これはJR北海道室蘭本線のキハ150の窓回り。D2とそっくりな構造。てゆうか同じユニット窓?

P9090140.JPG
 トイレ部分の客室側は掲示版になっている。

ユジノサハリンスク〜ノボジェレーベンスカヤ間は気動車列車が2往復するだけの盲腸線となっているが、もともとは南部横断線としてユジノサハリンスクとホルムスク(真岡)を結ぶ路線だった。
日本時代の昭和3年に、樺太庁鉄道の豊真線として全通した由緒ある路線でもある。

戦後はソ連時代になり、鉄道連絡船を介して大陸側の大型貨車が運ばれてくると、トンネルの多かった豊真線では貨車が通過できない。そのため、約100km北のアルセンチェフカ(真縫)〜イリインスク(久春内)間に新線を建設して、貨物列車はそちらを迂回することになった。

1990年代にはトンネルの崩壊が起こって不通に、ユジノサハリンスク側とホルムスク側それぞれで区間列車は存続することになったが、中間部分は復旧せず実質廃止となっている。

P9090236.JPG
 側線が分岐する。ダリニー(西久保)付近。

P9090207.JPG
 ススヤ(鈴谷)平野の西端を行く。車窓は単調。

車内は車が普及したせいか平日だからかは分からないが、年配客が多い。

発車して市内を抜け、20分くらいはススヤ(旧鈴谷)平野の西端を走る。人家も無く、雑木林や牧草地が続く単調な風景。
平野が終わり山岳地帯に入って行くと2か所の停留所に停まる。昔の国鉄の仮乗降場みたいなものだろう。そこで2〜3人下車して行く。

P9090198.JPG
 途中2か所ある停留所。低床ながらちゃんとホームもある。

P9090183.JPG
 途中から山の中に分け入って行く。

終点ノボジェレーベンスカヤ駅は無人駅。ここはユジノサハリンスク郊外のダーチャ村で、町からダーチャへ通う人たちのための列車のようだった。

ダーチャとは、日本では『別荘』と訳されるのがほとんどだが、実際は大分違う。
簡単にいえば別荘と家庭菜園を合わせたようなものだが、ロシアのはもっと本格的で、都市部で生活をしながら郊外で農耕生活をするというものだ。週末や夏休みになるとロシア人は家族でダーチャ生活をする。

作物は基本的には自家用だが、余ったものは町の自由市場で販売する。
ソ連崩壊後、経済混乱で賃金の遅配などが相次いだ頃は、本来の仕事よりもダーチャでの農作業に精を出した人も多かったらしい。

P9090157.JPG
 33分で終点に到着。乗客たちは自分のダーチャ(別荘)へと向かって行った。

P9090159.JPG
 コンクリート敷のホームと立派な上屋も設置されている。

P9090172.JPG
 駅の入口には立派な駅名標もある。

P9090165.JPG
 ホーム西側から。

南部横断線(旧豊真線)としてホルムスク(旧真岡)まで通じていた路線だが、駅ホームから100mほど行った所に車止めがあり、その先は草木が生い茂って廃線跡とも分からないような状態になっていた。 

P9090161.JPG
 かつては南部横断線としてホルムスクまで通じていたが、車止めがあってここが終点。

戻りの列車は、空いていて各車両7〜8人程度。2つの停留所を発車後2人1組の車掌が車内を回ってきて切符を売る。すっかり近代的になって、JRの車掌と同じような機械で発券する。ただし、切符は行きと同じレシートだった。

P9090193.JPG
 発車すると車掌が回ってきて切符を買う。

P9090252.JPG
 ユジノサハリンスクに到着。

P9090253.JPG
 2段ステップだが、お年寄りは低床ホームの駅での乗り降りが大変。

P9090272.JPG
 ユジノサハリンスク駅前。

P9090273.JPG
 駅前から延びるコムニスチチェスキー通り。初めて来た10年前と比べるときれいになった。

P9090269.JPG
 駅前を見守るD51。なんか色あせたような。

P9090266.JPG
 駅横の倉庫。日本時代の遺物で、前に見たときは朽ち果てていたがきれいに復元されている。

駅横の貨物積み降ろし施設だった場所は、過去に走っていた鉄道車両が保存・展示されている。
鉄道歴史博物館もオープンしたようだが、場所が分からず行けなかった。残念。

P9090260.JPG
 駅横には過去の車両が展示されている。

P9090265.JPG
 いかにもソ連型ぽい機関車。ゲージはナロー、炭鉱で使われていたものか?

こんどは路線バスに乗ってユジノサハリンスク市内見物をする。