2010年サハリン旅行記6

2010年9月8日
●ユジノサハリンスク 11:10発 ネベリスク 13:10着 [バスbT18]

サハリン滞在3日目。今日は天気らしいので少し遠出をしてみることに。
ユジノサハリンスク駅前のバスターミナルからはサハリン各地へとバスの便が発着している。
バスは鉄道と違いパスポートも不要だし、鉄道よりもずっと安い。このため鉄道の旅客列車は長距離列車が主流になっている。

ソ連崩壊直後の頃まではユジノサハリンスク周辺の町とを結ぶ近郊列車が走っていたが、その後道路事情も良くなってきたということもあって、現在近郊列車は、バスの便が無い所を細々と走っているだけである。

明るいうちにはホテルに戻らねばならないので、せいぜい隣町に行くくらいだが、行ったことがないネベリスク(旧本斗)まで行くことにした。

P9080706.JPG
 ユジノサハリンスク駅北側、市場前の踏切。

P9080713.JPG
 ちょうどD2気動車列車が通った。

P9080681.JPG
 高さ9mのレーニン像は健在。

P9080683.JPG
 下から見たレーニンさん。

ネベリスク行きは9:00の後は11:10なので、ホテルを出てからしばらく駅近くを歩いた。

バスターミナルでネベリスクまでの切符を買うと、全席指定のようで座席番号も書いてある。切符といってもコンビニで貰うようなレシート紙に印字してあるだけ。

P9080726.JPG
 ユジノサハリンスク駅前のバスターミナル。

P9080728.JPG
 ターミナルといっても一般車も入り込みカオス状態。

切符売り場に、行きのフェリーでみかけた学生さんがいたので声をかけてみた。聞くとホルムスクに行くはずが窓口でまちがってポロナイスク(旧敷香)までの切符を買ってしまったという。買ったから行こうと思っていたと言った。ポロナイスクは北に300キロも離れた町だ。壁に貼ってある時刻表を見ると15:30発でポロナイスク着は午前3:30。それはやめておけと彼に言った。

P9080724.JPG
 バスターミナルの切符売り場。

P9080718.JPG
 ユジノサハリンスク〜ネベリスク間bT18の時刻表。

 ユジノサハリンスク〜ネベリスク間のルート。

ユジノサハリンスクからネベリスクまでは標高445mのネべリスキー峠経由の州道で結ばれている。
このルートは実は日本時代には本斗駅〜留多加駅間を省営バス(戦後の国鉄バス)本留線として運行されていた由緒正しい(?)路線でもあった。

P9080727.JPG
 bT18番、ネベリスク行きバス。韓国製の中古車で乗り心地は良い。

ネベリスク行きは518番のバス。500番台は急行バスだ。車両は韓国製中古バスだが、サハリンではかなりグレードの高い方だ。
全席座席指定だが、前の方から席番順に売っていて、前の方は満席なのに後ろの方は誰もいない状態のまま発車した。
窮屈なのでもう少し分散すればいいのだが、みんな動かないで律儀に詰めて自席に座っている。

P9080743.JPG
 アニワ湾にそそぐリュトガ川の支流。

P9080805.JPG
 峠付近はダート道。トラックと多くすれ違う。

P9080795.JPG
 ネべリスキー峠付近。日本時代は八眺嶺と呼んでいた。

バスはネベリスクまで2時間ノンストップで走る。途中まではホルムスクへ行く国道を走るが、途中でわかれて山道へと進んで行く。
途中からは未舗装道路になるが、さすがに韓国製バスはサスがきいてさほど揺れない。

峠道はトラックが多く、豪快に砂埃をたててすれ違う。
峠を過ぎてしばらく下ると再び舗装区間になった。

P9080812.JPG
 ネベリスク駅前。右端の建物がバス待合室ときっぷ売り場。

バスはネベリスキー峠を走ること2時間、ネベリスクに着いた。ネベリスクは日本海側に面した港町。樺太時代は『本斗』という町で、稚内から本斗まで稚斗連絡船が結んでいた。 

P9080816.JPG

 町はどこか日本海沿岸という空気が漂う。

着いた駅前はバスターミナルになっていて、切符売り場もあり、キオスクが何軒か入っている。駅舎とホームもあるが列車は不定期の貨物列車だけで旅客列車は無い。しかしどういうわけか駅舎はリニューアルされて奇麗になり、ホームも街灯もついて良く整備されている。

駅横の広場は自由市場が開かれているが、出店も少なくあまり活気はない。

P9080833.JPG
 駅横の自由市場。

P9080826.JPG
 ネベリスク駅舎は奇麗だが閉鎖されている。

P9080832.JPG
 ホームの照明も新しいが、現在旅客列車の発着は無い。

P9080817.JPG
 港へと延びる引き込み線。たまに使用されるようだ。

P9080840.JPG
 めったに列車の走らない線路は住人の歩行通路になっている。

何にも無い町で、行くところも無いので次はホルムスクに行こうと時刻を見ると、次の14:00発の便はマジックで消されていた。
切符売り場の窓口で「ホルムスク」と言うと窓口のおばさんは「チティーリェチソフ」と言った。4時まで無いよということだった。

4時だとユジノに着くのは夜になってしまうので、次のユジノサハリンスク行バスは15時発のがあるので、それで引き返すことにした。

P9080834.JPG
 露店のおばあさんから買ったピャンセと売店で買ったビール

バスターミナルの前でおばあさんがピャンセ(ロシア風中華まん)を売っていたので1つ買った。キオスクでビールも買ってホームの片隅で食べる。
のら犬が来たので少し分けてあげた。それにしてもサハリンはのら犬が多い。

P9080836.JPG
 具は玉ねぎとひき肉、キャベツ。素朴だが大変おいしい。

P9080837.JPG
 ピャンセを食べていると寄って来たワン公。

P9080838.JPG
 ちぎって投げると喜んで食べる。

2010年サハリン旅行記5

再びユジノ駅前に戻ってくると、朝とは違って青空の広がる良い天気になっていた。

P9070558.JPG
 青空になったレーニン広場。

P9070559.JPG
 ビジネスマンが行きかうコムニスチーチェスキー(共産主義)通り。

今回の旅行ではちょっと行かなければならない所がある。『インツーリスト・サハリン』 社で、旅行中私の身元引受人となっている現地旅行代理店だ。今回の旅行は代金をここへ直接持参することになっている。
日本から送金すると、送金手数料が7千円だか掛かると言われ、それならば直接持っていくことにしたのだ。

インツーリストはドゼルジンスカバ通り『オフィス110』というビルの1階にある。随分とわかりずらい場所にあるが、日本でインターネットにて場所を調べてきた。
このあたりはビジネス街のようでサハリンでは珍しくスーツ姿の人も見かける。

オフィス110ビルもいかにもオフィスビルという感じで、中も近代的。
インツーリストの事務所はすぐにわかったが、ドアにはカギがかかっている。見ると13−14時は昼休みとあった。

また出直すしかない。幸いすぐ隣には『ドームタルゴーリ』デパートがあったので、そこで時間をつぶす。
ここも、いつの間にか改装されていて大分変わっていた。

P9070563.JPG
 オフィス110ビルの軒先で雨宿り。

2時過ぎ、再びインツーリストの事務所へ。今度は空いていて、中に入ると若い女性社員が2人いた。日本語も少しだけ話せるようだ。日本で渡されたメモ紙を見せるとすぐに分かってくれて、460米ドルを支払い領収書をもらう。

さてどこに行こうかとビルを出ようとすると突然凄い音で雷が鳴り、大粒の激しい雨が降り出した。
空には稲妻が光る。誰かに見せたくなるほどの立派な稲妻だ。
折りたたみ傘は持っているが、傘を差してもずぶ濡れになりそうなので、止むまで雨宿りする。
雷が鳴るたびに、駐車している車の防犯アラームがどういうわけか一斉に鳴りだす。

次第に雨は弱くなってきて30分くらいでようやく上がった。
道路は排水されない雨水が川のように流れている。

P9070565.JPG
 ちょっと大雨が降ると道路はたちまち川のようになる。

P9070573.JPG
 コムニスチーチェスキーを走る路線バス。

P9070575.JPG
 バス停に掲げられた路線図。

P9070577.JPG
 系統は多くて難解。慣れれば便利なのだが。

日本風建築の州立郷土博物館へ入る。前にツアーで来た時に入ったことがあるのだが、ほかに行くところも無いので入ってみる。
ユジノサハリンスクで一番有名な所といえば、やはり戦前の名建築として知られるこの建物だろうか。
樺太時代の1937(昭和12)年に樺太庁博物館として建てられた。
ソ連接収後も引き続き博物館として使用されている。

入口で入場料を払おうとすると、受付の姉さんがなんやらかんやら言う。どうも釣り銭が無いことを言いたかったらしい。

入場料は写真撮影ありなしと2つあり、撮影ありで120ルーブル払う。
時間つぶしのつもりで入ったのだが、チェーホフのサハリン島の舞台だった流刑島時代の生活や樺太時代の遺品などの展示が改めておもしろかった。

P9070578.JPG
 サハリン州立郷土博物館。ユジノサハリンスクのランドマーク的建物。

P9070647.JPG
 重厚な造りのエントランス。

P9070646.JPG
 階段にも昭和初期建築の面影が。

P9070643.JPG
 少数民族文化の展示。

P9070624.JPG
 チェーホフ著「サハリン島」の舞台であった流刑島時代の展示品。

P9070630.JPG
 襲う演出をしている熊のはく製。しかし表情に愛嬌も感じられる。

P9070632.JPG
 海中の模型。魚は上から吊り下げているだけ。子供だましのような気も。

展示品はサハリンの歴史、自然、少数民族、産業など多岐にわたる。黒歴史とされていたのかソ連時代は日本時代を知る資料は展示されていなかったが、現在は展示されるようになった。

戦争の展示もあって、当然ながらソ連軍から見た戦勝国としての記録なので、日本人からすると少々複雑な気持ちになる。

P9070609.JPG
 日本時代の遺品も展示。位牌まで展示品になっている。

P9070590.JPG
 北緯50度線、日露国境標石。

P9070598.JPG
 日本時代の豊原市街図。

P9070601.JPG
 樺太庁鉄道時代の豊原駅構内配線図。これはかなり貴重。

toyoharasta-001.jpg
 戦前の豊原駅は3面4線だったようだ。

博物館で、昨日フェリーで一緒だった男性と偶然に会った。彼はこれから夜行列車でノグリキまで往復して、それから飛行機でハバロフスクへ行くというから大したもんだ。
どこか夜まで時間をつぶすのに店とかは無いかと聞かれたので、新しくできた『シティーモール』に行ってみないかと誘った。シティーモールとはユジノサハリンスク郊外に最近できた郊外型ショッピングセンターで、ちょっと行ってみたいと思っていた。
博物館近くのバス停から、空港行き63番のバスに乗る。市内のバス路線は事前にこれもネットで調べてきていた。

バスは結構混んでいて、また運転が荒くて立ってつかまっているのが大変だった。

P9070648.JPG
 空港行き市内路線バス63番。結構頻繁に走っている。

P9070649.JPG
 サハリンでは近代的な建物だが、デザインは日本の80年代の郊外ショッピングセンターのよう。

P9070651.JPG
 日本人からするとシティーモールのシンボルマークは怒っている血管マークにしか見えない。

シティーモールは3階建てで、1階はスーパーマーケットがあり、そのほかに100軒以上ものテナントが入居している。広大な駐車場があり、大きい建物にテナントが並んでまるでイオンスーパーセンターみたいで、とてもサハリンにこんなものができたとは思えないほどだ。

何軒か店を覗いたが、日本で言うメーカー物は日本より高い(日本円換算でも)ようだ。

1階のスーパーでホテルで食べる食料を買った。かごを持ってレジで会計すると結構いい金額になってしまった。惣菜系が高くつく。

P9070652.JPG
 無料バス乗り場の表示。『Ж/Д Вокзал』の表示がレーニン通り経由駅行き。

P9070654.JPG
 無料送迎バスも運行。が、買い物袋を提げた利用者はいない。

外に出た駐車場に面した所にバス停があって、表示を見ると市内中心部まで無料送迎バスを運行している。
ミーラ大通経由とレーニン通り経由の2系統があって、どちらも1時間毎に出ている。

ちょうどバスが来たのでそれに乗って戻る。バスの車内に小学生の悪ガキグループが乗っていて大声で騒いでいる。途中で運転手が怒鳴ると大人しくなった。後日、彼らが降りて行ったバス停で同じ悪ガキグループを見かけたので、毎日無料バスに乗ってシティーモールで遊んでくるという悪知恵を身に付けたらしい。

シティーモールはサハリンの裕福層を対象としているか、今後の経済発展を狙ってオープンしたように見えた。 
オイルマネーに沸くロシアだが所詮水物による景気だし、サハリンに似つかわない巨大ショッピングセンターも今後どうなるのだろうか。
午前中にコルサコフで見たような、リーズナブルな郊外型市場になっているかもしれない。

P9070657.JPG
 惣菜のシャシリク。1本143ルーブル(約500円)もした。

P9070660.JPG
 ロシア名物黒パン。1斤43ルーブル。くせになる味。

DSC04187.JPG
 ホテルの部屋からの夜景。

2010年サハリン旅行記4

2010年9月7日
●ユジノサハリンスク 9:35発 コルサコフ10:22着 [列車bP24]

今日から3日間全くの自由行動で、特に予定も入れていない。
ユジノサハリンスク−コルサコフ間の定期列車が復活したらしいので、まずそれに乗ってみようと思う。

P9070387.JPG
 ノグリキからの急行列車が到着する頃駅前広場は車で埋め尽くされる。

滞在している『ユーラシアホテル』は、日本で予約してもらった時は朝食付きと聞いていたのだが、前回6年前に宿泊したときは1階のレストランで朝食だったが、今はその場所はハンバーガーショップになっている。
フロントで「ザーフトラク?」(朝食は?)と聞くと8時からだという。

8時過ぎにもう1度行くと、フロントのおばさんが付いてきてと言った。だまって付いていくと駅の前を通り、バスターミナルの前を通り、別のホテルの中に入って行く。

そのホテルの1階にレストランがあった。そこのおねえさんに話をして「うちの客だけどよろしく」みたいな感じだった。隅にバイキングコーナーがあって、ここから適当によそって食べてくださいみたいなことを言われた。

P9090131.JPG
 レストランの無くなったユーラシアホテルの朝食はホテル『ルィバーク』で。

P9070392.JPG
 ルィバークの朝食。バイキング方式だった。

コーナーにはパンとハム、チーズ、サラダそれにコーヒーやジュースがあるだけ。案外に質素だなと思いつつ、パンやサラダなどを適当に皿に盛って、空いていたテーブルについて食べていると、あとから『メンチカツライス』のようなものが出てきた。
ライスはべチャッとしているし、日本人からするとあまりおいしくはないが、温かい食事というのはうれしい。

P9080676.JPG
 あとから出てきたメンチカツライス。

このホテルは『ルィバーク』といい、もとは漁業関係者の宿泊所だったという。今日のレストランの客は制服を着た警察なのか軍隊なのかわからないが、いかめしい人たちばかり。ちょっと緊張した。

戻ってテレビをつけると天気予報をやっている。今日のは雨マークもあった。

P9070397.JPG
9時過ぎに駅に行って、窓口でコルサコフまでの列車の切符を買う。

『9−35 bP24 Корсаков』
と紙に書いて窓口に出す。
「パスポルト」と窓口の女性は言うのでパスポートを差し出した。パスポートをめくって何やら確認する。
隣町に行くだけだが、列車の乗車にはパスポートが必要らしい。
値段はなんと218.9ルーブル!
バスが76ルーブルだったから、その3倍近い金額だ。
しかも1日1往復のみなので、何のためにあるのかわからない列車だ。

P9070408.JPG
 トマリから北部横断線経由の列車が到着。

ホームには出迎えの人が数人いるだけ。赤い帽子の駅員が出てくると列車が見えてきた。
列車が到着してドアが開くと、乗客が降りてきて一瞬賑やかになるが皆すぐに町に消えてしまった。

列車ドアの前に立っている車掌に切符を見せて車内に入る。
案の定がら空き。てゆうか、まるで回送列車のようだ。少なくとも1・2両目は無人だった。

P9070412.JPG
 コルサコフ行きD2車内。

この124列車はトマリ(泊居)始発で北部横断線経由で運転されている。Д2型(D2型)気動車4両編成。

列車は定時に発車した。車内は客車のように静か。ゆっくりゆっくりと加速をするが、だんだんスピードも上がってきて80キロくらいは出ているだろうか、意外と速い。

途中停車するのはフリストフォロフカ(豊南)駅のみで、快速運転だ。それ以外の駅は廃止になったのか、駅らしいものは見当たらなかった。

快調に走るが、時おりブォ――――と汽笛が鳴って、ものすごい音をたててブレーキがかかり減速する。 

P9070437.JPG
 フリストフォロフカ駅。日本時代の駅名は豊南(とよみなみ)。小駅でも発車時は駅員が見送る。

P9070444.JPG
 フリストフォロフカ駅を過ぎると湿地帯を行く。



P9070455.JPG
 線路が埋もれるダチノエ(新場)駅跡を通過。

ユジノサハリンスクの市街地を抜けると、森林や草原ばかりの単調な風景がずっと続くが、途中から海岸沿いに出て、終点コルサコフ近くまでアニワ湾沿いの海岸沿いを行く。 

国道はずっと高台を走っているが、線路は海岸沿いに敷かれているので列車の方が景色は良い。
あいにく曇り空なので、暗い風景に見える。

沖合にはボロボロに錆びついた廃船があちこちで座礁していて、まるで船の墓場を行くようだ。

P9070488.JPG
 晴れていれば風光明媚なアニワ(亜庭)湾沿いを行く。

P9070484.JPG
 線路は海岸段丘の下に敷かれている。

P9070491.JPG
 廃船に混じって漁船も見える。

P9070498.JPG
 廃墟も多かった。

列車は5分ほど遅れてコルサコフ駅に着いた。列車から降りたのは自分のほかは2人1組だけ。北部からコルサコフまで乗り通してきた人のようだ。

駅舎は改装されたらしく、以前来た時よりずっと奇麗になっている。駅に入ろうとしたが、ドアは施錠されていた。また、駅構内の線路は一部広軌化工事が行われていて3線化されている。

駅前は若干のアパートが並ぶ程度で何もないところにある。最近はあまりやっていないようだが、ツアーのホテル列車はここが始発駅になる。

P9070508.JPG
 コルサコフ到着。降りたのは3人だけ。

P9070507.JPG
 車体に取り付けれれた行先標。『コルサコフ−トマリ』と書かれている。

P9070509.JPG
 コルサコフ駅舎は改装されて奇麗だが閉鎖されている。

駅から町へは崖下の道を1キロほど歩かなければならない。通行人はいないが、車は結構通る。山側は軍関係の施設らしいのでこの辺はあまりウロウロしない方が良さそうだ。

P9070519.JPG
 コルサコフ駅から崖下の道を通って中心部へ。

P9070513.JPG
 レーニンの壁画。1980年建立のようだ。

昨日も通ったが、旧拓銀の建物があるあたりは樺太時代の大泊町の中心部だったらしいが、現在このあたりは港湾関係の建物ばかりで人も少ない。

P9070526.JPG
 旧船見町へ続く坂道は穴ぼこだらけ。

フェリーから見える箱型アパートが立ち並ぶ丘まで歩いてきた。途中の道は舗装道路だが、穴ぼこだらけ。車も穴をよけながら走っている。
坂を登りきったところは広場になっていて、ここから港を見渡すことができる。ちょうど下にはフェリーターミナルと、フェリーの停泊する埠頭が見える。樺太時代は『船見町』だったところ。

広場には新しいモニュメントが立っていて目立っている。この辺りは日本のガイドブックには載っていない。
この塔は帰国してから調べたら『朝鮮人望郷の丘碑』といって、昔樺太時代に連行された朝鮮人たちが故郷を偲んで最近ようやく建立したものだという。 

P9070535.JPG
 港の見える丘の広場にある『朝鮮人望郷の丘碑』。

P9070531.JPG
 望郷広場から見たフェリーが発着する南岸壁。

P9070541.JPG
 コルサコフのレーニン像。こちらは標準サイズ?

P9070542.JPG
 コルサコフ市中心部の『ソビエツカヤ通り』。

午前11時過ぎの市中心部のソビエツカヤ通りは人通りも少なく、またお年寄りばかり目立つ。
通りにある店を何軒か覗いたが、対面販売の昔ながらの店ばかりだった。市内各所に何か所かある市場の方が賑わっている。コルサコフ市内も空洞化が始まったのだろうか。

6年前と変わったのは、やたらと客待ちタクシーの列を見かける。タクシーといっても専用車は無く、日本製中古車をそのまま使用していて、上にオレンジ色の行燈を乗せているだけ。

P9070543.JPG
 市内あちこちには客待ちタクシーの列が。

P9070549.JPG
 バスターミナル近くの市場にもタクシーの列が。


 ●コルサコフ 12:00発 ユジノサハリンスク 13:00着 [バスbP15]

とくにこれと言って見るものも行くところも無く、歩いてバスターミナルまで来てしまった。昨日は閉まっていたが、切符売り場が開いていたのでユジノまでのバスの切符を買う。

P9070552.JPG
 コルサコフバスターミナルの切符売り場。窓口下の引出しを前後にスライドして受渡しをする。



P9070553.JPG
 中距離路線だが小型バスで運行。車内は大混雑。

今度のバスは時間通りにやってきた。いかにもロシア製らしい感じがするバスは定員30人くらいの小型。車内の狭いシートに座っていると、停車中に次から次へと乗ってきて、立客も一杯で満員になって発車した。

バスは次の停留所でもまた客が乗ってきて超満員。
まっすぐで幅広の国道を走るが、アップダウンで坂が多い。馬力が無いのか上り坂はエンジンをめい一杯吹かして自転車くらいの速度で登る。日本製中古車が次々と追い越して行く。

満員だったバスは、途中停留所で降りる人の方が多かったので、ユジノサハリンスク市内に入る頃には大分車内に余裕が出てきた。