2012年オホーツク流氷旅行記3

きのうは流氷観光船おーろら号に乗ったので、今日は釧網線を走るノロッコ号で流氷見物をしよう。

ホテルからまっすぐ駅へは行かず、市内の高台にある『しおさい公園』へ行く。普通の住宅地の中にある公園なのだが、公園の中に小さな展望台があって、ここからの眺めが素晴らしい。
能取岬方向の海岸は青い海面が見えていたが、反対の知床方向は水平線の果てまでびっしり流氷原だった。

P3040350.JPG
 しおさい公園から能取岬方向を望む。

P3040358.JPG
 びっしりと押し寄せた流氷。網走港南防波堤方向。

まだ開店前の商店街を通って駅まで歩いた。網走駅に着くとちょうど札幌行きオホーツク4号の改札をしていた。快速しれとこ号はそのあとの改札となる。

P3040343.JPG
 もと網走監獄正門だった永専寺山門。

P3040374.JPG
 アーケードの網走市中心部商店街。駅からは離れている。

流氷ノロッコ号は網走駅10:25発なのだが、10:01発の快速しれとこ号で先に出発する。
車両はローカル線にしては長い3両編成。うち後ろの1両は締め切りで、知床斜里までの回送車となる。

P3040385.JPG
 昔ながらの網走駅改札口。

P3040383.JPG
 網走監獄の撮影ポイント。

P3040388.JPG
 知床斜里までの回送1両含め3両編成の快速「しれとこ」。網走駅。

この列車は本来ならば1両のみで運転されるのだが、今日はもう1両増結されている。しかし、車内は1両で十分と思えるほどの乗車率だった。途中の川湯駅や摩周駅から乗ってくるのかもしれない。

P3040395.JPG
 釧網本線の定期看板列車らしくヘッドマークもつく。

ノロッコ号の1本前の列車に乗ったのは、途中の北浜駅あたりで下車して、海岸で流氷を見てからノロッコ号に乗ろうと思ったのだ。車内での会話から同じことを考える人が何人もいるものだわかる。彼らは北浜や浜小清水で降りて行った。

P3040421.JPG
 キハ54の前面展望は最高。止別〜知床斜里間にて。

P3040418.JPG
 左に流氷、正面に海別岳を望む前面展望。

北浜で見えた流氷は、岸からは離れてしまっている。止別を過ぎたあたりの海岸には流氷が接岸していた。
結局、途中で降りずに知床斜里まで行くことにした。

10:41に知床斜里駅に着いた。この列車は知床斜里駅で15分ほど停車する。降客と入れ替わりに、車内販売のおじさんが商品の詰まった箱を持って車内に入って行った。

P3040434.JPG
 知床斜里駅に到着。

次の折り返し『流氷ノロッコ4号』は11:57なので1時間以上時間がある。駅から歩いて海岸まで行ってみることにした。

P3040511.JPG
 斜里岳を後ろに控えた知床斜里駅。

10分ほど歩いた斜里川の河口近くの砂浜には、びっしりと流氷が接岸していた。さっきの列車を途中で降りなくて正解だった。

遥か水平線まで流氷原が続いている。海は流氷で波音も消え去り、音は雪に吸い込まれて物音一つしない静寂の世界だった。

P3040482.JPG
 流氷が接岸し、静まり返った斜里海岸。雪を踏む音だけが鳴り響く。

P3040496.JPG
 打ち寄せられた流氷は砂浜の砂で汚れているので岩場みたいになっている。

P3040504.JPG
 水平線の彼方まで流氷原が広がる。

P3040456-001.JPG
 雪原を歩いて行けばロシアまで行けそう。やっちゃだめだけど。

P3040505.JPG
 打ち上げられた流氷が重なって波打ち際は断崖になっている。正面の山は海別岳。

浜辺で流氷を見ていたら、あっという間に時間が過ぎた。急いで駅に引き返す。発車15分前だが、すでにホームにノロッコ号が停車していて、改札も行っていた。

駅舎はすっかり新しくなっている。中には売店や観光案内所があり、トイレもすっかり綺麗になって立派な観光駅と化している。待合室にはゴマフアザラシのはく製も置いてあった。

P3040512.JPG
 新しくなった知床斜里駅。

P3040514.JPG
 流氷の上に現れることもあるというゴマフアザラシのはく製。

P3040517.JPG
 駅舎は新しいが古びた改札案内板。

客車5両編成で網走側に機関車がつく。ホームがぎりぎり5両分しかないので、列車のヘッドマークを撮影することはできない。客が勝手に線路に降りないように、列車の前後には係員が立っている。
ホームではビールサーバーを担いだ売り子さんが生ビールを販売していた。

P3040520.JPG
 流氷ノロッコ号が停車する知床斜里駅のホーム。

P3040527.JPG
 石炭を焚くダルマストーブの煙突から煙が上るノロッコ号の客車。

発車までまだ時間のあるノロッコ号の車内は、ストーブで焼いているスルメの匂いが充満し、団体旅行の朝から呑んでいる人たちで賑やかだ。
3号車にある販売カウンターでは、ストーブの上で焼く干物やジャガイモなどを売っている。

P3040529.JPG
 発車前から一杯やっているグループもあり車内は賑やか。

P3040530.JPG
 展望車内のダルマストーブとスルメ。

P3040532.JPG
 3号車にある販売カウンターのメニュー。

2012年オホーツク流氷旅行記2

P3030201.JPG
 網走駅前は階段とモヨロ人の像と縦書きの駅名看板が特徴。

網走着はだいぶ遅れたが、流氷観光船には間に合いそうだ。

流氷観光船ターミナルは駅から歩いて20分ほどの所にある。流氷はきているかなと海のほうを見ると、海は真っ白。びっしりと流氷が接岸していた。

P3030205.JPG
 おーろら号乗り場は道の駅『流氷街道網走』に併設されている。

P3030206.JPG
 防波堤の外側には真っ白な流氷が見えた。

流氷観光船ターミナルである道の駅『流氷街道網走』に着くと、ちょうど15:30発の便がびっしりとデッキに乗客を乗せて出港していった。

次の便は16:30の便で『サンセットクルーズ』とある。流氷の無い場合は運航しないとある。
HPなどには「おーろら号は要予約」とあるが直接ターミナルでもチケットは買える。今回は予約しなくて正解だった。
出港まで1時間ほどあるが、土産物屋が充実しているので退屈はしなかった。

P3030202.JPG
 出航して行くおーろら号。

P3030208.JPG
 2階はレストラン、1階は土産物屋があって充実している。

P3030209.JPG
 おーろら号のきっぷ売り場。

16:15に乗船開始となる。さっき見送った便はデッキは鈴なりの人だったので早々にデッキの良い場所を確保したが、そんな必要は無かった。
先行の便は観光バスからの団体客でびっしりだったが、こちらの便は団体客がいないようで余裕がある。

P3030218.JPG
 西日を浴びるおーろら2号。

P3030235.JPG
 NHKお天気カメラが搭載されている。

P3030226.JPG
 15:00発のおーろら1号が戻ってきた。

出航時刻近くになると、15:30出航の便が帰ってきた。ターミナルの駐車場には大型観光バスが何台も停まっている。大勢の団体客に揉まれながらでは落ち着かないので、こっちの方が良かった。

いよいよこちらが出航、船は180度方向転回すると、すでに薄暗くなった流氷原に進んで行く。

P3030238.JPG
 いよいよ出港。

P3030246.JPG
 港外はすぐに流氷原。

P3030247.JPG
 港外はびっしりと流氷が押し寄せていた。

おーろら号は、船首の底が丸っこくなっており、流氷の上に乗り上げて氷を割って進むという世界標準の砕氷船で、後部1階デッキでは船底をゴーンゴーンと流氷をこする音が鳴り響く。

P3030302.JPG
 1階デッキからは流氷が間近に。氷を押し割りながら進む大迫力。

オホーツク海の流氷は、ロシアと中国の国境を流れる、アムール川の水が間宮海峡に注がれ、薄くなった海水が凍り、サハリン北部を回っておりてきた氷である。かつて、ハバロフスクで見たアムール川の水が、流れ流れて凍ったものが網走で見ることができたと思うと感慨深いものがある。

ずっとデッキにいたのだが、だんだん冷えてきた。曇り空なのでサンセットは拝められず、白い流氷原はだんだん暗くなってきた。

P3030279.JPG
 デッキは吹きさらしだが、船内は暖房が効いて暖かい。

P3030280.JPG
 船内は売店もある。入出港時には売り子さんも甲板員に変身する。

P3030273.JPG
 日の丸も誇らしげに暗い流氷原を行く。

P3030295.JPG
 流氷の上にオオワシがいた。

P3030309.JPG
 暗くなった流氷を二色のサーチライトが照らす。

港外の沖合を一回りして、ちょうど1時間で網走港に戻ってきた。下船してターミナルの外に出るともうすっかり暗くなっていた。

P3030316.JPG
 網走港へ戻ってきたおーろら2号。

P3030317.JPG
 ベーシックは網走市内のスーパー。

予約していたホテルは道の駅と駅とのほぼ中間くらいのところにある。ホテルに行く途中で、橋を渡ったところにあるスーパーで夕食を買った。ベーシックといって、網走市内に店舗を構える。海産物や惣菜の品ぞろえが非常に良い。

P3030319.JPG
 昭和の古びた雰囲気漂うホテルの和室。

P3030322.JPG
 ベーシックで買ってきた惣菜と酒を並べてみる。

今日の宿は3300円の宿。風呂・トイレ共同で、かなり古びているが、値段相応だ。出張ではないので1円でも安いところがいい。

部屋は和室なのがうれしい。ビジネスホテルでスーパーの総菜を広げた時のわびしさといったら・・・

2012年オホーツク流氷旅行記1

ある日突然、流氷が見たくなった。テレビを見ていたら、4年ぶりに稚内で流氷が観測されたとのニュースが流れてきたからだ。
そういえば、流氷なんて大抵はたまたま寄り付いたのを車窓から、あるいは港から見ただけで、まともに見たこと無かったなあ。

道内夜行列車廃止以来、すっかり足が遠のいていた道東。夜行のオホーツク9号があればなあ・・・と思って時刻表を調べると『流氷特急オホーツクの風』号というリゾート車両を使用した良さげな列車があるではないか。
臨時列車だからか、往復1万4000円の得割きっぷで乗車できる。
流氷見物だけだから日帰りで、とも思ったが、楽天トラベルで調べると1泊3300円のホテルがあったので予約した。

考えてみれば、列車のB寝台ならば寝台料金1泊6300円。最近はビジネスホテルも安くなって、ネットで調べれば1泊3〜4千円台のホテルはいくらでもある。
これじゃ夜行列車は商売にはならない。夜行は格安移動目的くらいなマイナーな移動手段になったのだなと思い知った。

というわけで、会社帰りに札幌駅みどりの窓口で指定席を取ってきた。『流氷特急オホーツクの風』号である。

P3030003.JPG
 今回使用したきっぷは列車指定の『特割きっぷ』。

P3030019.JPG
 ノースレインボーで運転される『流氷特急オホーツクの風』。

P3030006.JPG
 『NORTH RAINBOW』 と書かれた側面。

札幌駅1階コンコースの売店で駅弁とビールを買ってホームに上がると、オホーツクの風号はすでに入線していた。

指定券の席は3号車、2階建て車両の2階席だ。壁の前の席だが、階段室の出っ張りがあるので上面は見通せるので窮屈さは無い。足元はグリーン車並みの広さがあるのでこれはいい席に当たった。

P3030009.JPG
 3号車は2階建て車両。2階席は天井が異様に低い。左側の出っ張りは階段室。

P3030010.JPG
 壁席ながら、足元も広く快適だった座席。

P3030026.JPG
 発車後しばらくはモニターに前面展望が映し出される。

座席のテーブルには飛行機みたいなイヤホンが置いてある。車内各所にテレビがあって、走行中は映画を放映するとのこと。
札幌を発車してしばらくは、列車前面展望を流していた。個人的には映画よりこっちのほうがいいなあ。

駅弁は『石狩鮭めし』、朝から飲むビールうまい。

P3030028.JPG
 さっそく朝から駅弁とビールテーブルにセット。

P3030033.JPG
 イクラがぎっしり詰まった『石狩鮭めし』。鉄旅ならではの朝ビールがうまい。

2階建て車両の2階なので天井が低い。座ってしまえば気にならないが、立ちあがって天井に頭をぶつける人が多い。でも、通過する駅などでは、目線の位置が高いのは気持ちがいい。

また、この車両はエンジンが付いていないトレーラーなので、走行中でも車内は大変静か。ちょっとした物音をたてても車内にひびくほどだ。

P3030085.JPG
 3号車階下のラウンジカー。フリースペースで売店もある。

P3030127.JPG
 観光列車らしくラウンジカーには記念撮影用のグッズも置いてある。

P3110008.JPG
 乗車証明書と車内販売メニューが配られる。

沿線はずっと天気が良い。先行列車の車両不具合とかで、旭川には10分遅れで到着した。ここから乗ってくる人が多い。

石北本線に入って多少乗り心地が悪くなるも快調に走っていたが、突然減速し、つんのめるようにして急停止した。
車掌によると、沿線の除雪機から飛んできた石が当たったとのこと。

先頭車両に見に行ってみると、前面フロントガラスは一面、網の目状にひび割れている。ここで修理できるはずもなく、これでは運転打ち切り確定で、がっかりだ。

運転士は無線で、「一面ひび割れてますが、一応信号は確認できますので最徐行で伊香牛駅まで移動します」と話していた。
しばらくすると列車はノロノロと動き出し、伊香牛駅で停止した。

P3030084.JPG
 一面見事に網の目状にヒビ割れたフロントガラス。

P3030093.JPG
 にわか列車撮影会場と化した伊香牛駅。

P3030118.JPG
 観光列車らしく、事故停車よりも観光停車といった感じ。

伊香牛は「いかうし」と読む。旭川発の普通列車に1日1本だけ伊香牛行きというのがあるので知っていた。
隣は、この駅で追い抜くはずだった上川行き普通列車が停まっていた。普通列車のほうを先に行かせるようで、車掌が上川まで行かれる方は普通列車のほうに乗り換えるように放送していた。

普通列車が発車すると、1号車と2号車のドアを開けるのでホームに出ても良いとの放送がある。

P3030107.JPG
 伊香牛(いかうし)駅。イカとは関係ない。

P3030105.JPG
 無人駅ながら立派な丸太小屋の伊香牛駅。

P3030114.JPG
 灯油ストーブには火が灯り暖かい。椅子には座布団も置かれ温もりのある駅舎内。

観光客ばかりの乗客は、珍しい駅で降りられたとばかりに写真を撮ったりしている。愛煙家たちもホームでここぞとばかりに煙をくゆらせる。
駅近くの駐在さんがさっそく来ていて、写真を撮ったりして現場検証をしているが、田舎らしくのんびりとしている。

初めて見る伊香牛駅の駅舎は立派で、ログハウス(丸太小屋)になっている。駅舎自体観光スポットにしても良いくらい、なかなかお洒落な建物だ。観光地でもない無人駅なのにずいぶんお金をかけたものだと感心した。

P3030087.JPG
 いち早く駆けつけた駐在さんの現場検証。

『流氷特急オホーツクの風』号は伊香牛駅での運転打ち切りが正式に決まった。後続のオホーツク3号が臨時停車するので、そちらに乗り換えるように案内される。
後続の特急は11:40頃の到着と放送があった。

3両分程度しか除雪されていないホームは、オホーツクの風の乗客でごった返す。意外と大勢の人が乗っていたんだ。旭川駅の駅員も応援に来ていて、乗客の整理に当たっている。

P3030131.JPG
 伊香牛駅開業以来と思えるほどホームは賑わった。

P3030134.JPG
 伊香牛駅に到着する後続の『オホーツク3号』。

10:43、札幌を1時間46分後に出発したオホーツク3号がやってきた。3号車のドアがちょうど自分の前になるように停まった。こういうときは妙に運が良い。

「ちょっとォ!ここで停まるのォ!」「後ろホームにかからない!」と車掌が運転士と車内電話で話していたが、どうにもならないようで、しばらくしてドアが開いた。

そんなわけで車内には1番乗り。既存の乗客たちは迷惑そうに私たちを眺めた。
グリーン車以外の空席はどこに座っても良いと放送があった。窓側の席は空いていなかったので通路側の席に相席させてもらった。続々と乗ってきて満席になる。5分程停車して、全員の収容が終わると発車した。

P3030137.JPG
 車内電話で運転士と話す車掌氏。

ノースレインボーエクスプレスは反対方向に運転する分には何も支障が無いから、このまま苗穂工場まで回送されるのだろう。明日の朝までに直ればいいのだが・・・

夕方、ホテルでテレビを見ていたら、ニュースでこの列車のことを取り上げていた。この日のオホーツクの風号から後続の列車に乗り換えた乗客は136名とのこと。

P3030138.JPG
 あああリゾート車両から一転して満席のボローツクに・・・。

上川駅を12:13に発車した。定時は12:01発なので、この時点で12分遅れである。

「オソーツク」とか「ボローツク」などと揶揄されるこの列車、さらに満席なので窮屈だ。座席だけは簡易リクライニングではなく『スーパーおおぞら』の中古品と交換されている。足元の暖房ダクトが無くなったのはありがたい。

遠軽で意外と降りる人が多く、座席の方向転換をして窓側の席に座れた。

P3030144.JPG
 遠軽駅で普通列車と交換。

車内販売が来たので、弁当を買おうとするが売り切れとのこと。仕方なくバウムクーヘンとコーヒーを買って腹の足しにする。
どういうわけか遠軽駅のかにめしの積み込みは無かった。

P3030158.JPG
 車内販売で買ったバウムクーヘンとコーヒー。

P3030159.JPG
 上りオホーツク6号と交換。北見は網走地方の中心。

P3030169.JPG
 北見から先は車内にも余裕が出てきた。

北見でさらに降りて、車内は空きボックスが目立ってきた。残っている乗客はオホーツクの風からの乗り継ぎ客がほとんどのようだ。

だいぶ車内が落ち着いてきたので、改めて座席を見ると、『スーパーおおぞら』から外した座席をそのまま取り付けただけのようで、ひじ掛けのビニール部分がはがれていたりして相当くたびれている。こんなボロ特急に金なんかかけないぞ感が漂っている。 

P3030184.JPG
 網走湖氷上にはワカサギ釣りのテントが並ぶ。

上川発時点で12分遅れだったのだが、よほど余裕のあるダイヤなのだろう、15:09、定刻に網走駅に到着した。

P3030196.JPG
 オホーツク3号で網走に到着。オホーツクの風からの乗客にとってはやれやれだ。

P3040651.JPG
 ホームに飾ってあった流氷。 

オホーツクの風からの人は途中駅で運転打ち切りのため、特急券の人は特急料金の全額払い戻し、企画乗車券の人は特払いを受けることになった。払い戻しは旅行センターにて行っていて、オホーツクの風からの乗客で行列ができている。

手提げ金庫に現金が用意してあって、2人の駅員が対応に当たっている。切符と引き換えにお金を渡しているだけなので列の流れは早い。手慣れたようにテキパキと対応していた。

『特割きっぷ』も払い戻し対象なので、切符と交換で2210円を受け取った。ちょっとうれしいお小遣いといったところだ。