天の川を見にハイランド小清水725へ

どうも週末になると天気が崩れる。
あっという間に夏が終わり、秋分の日も過ぎてもうすぐ冬支度という頃である。

9月の連休もどこへも行かずじまい。
冬になる前にもう1度くらい遠出したいと思っていた。

9月最後の土日。ようやく好天の週末がやってきた。
ここがチャンスである。

色々行きたいところがあったが、星空が見たくなった。
天の川を見たい。

札幌の夜空じゃ無理な話。
去年のブラックアウトの夜は札幌でも見事な星空だったそうだが、残念ながら見逃している。

3年前、仕事で知床の羅臼に行く機会があり、そこの宿から見えた星空が見事だったのを思い出す。

知床は遠いなあ。

ネットで色々調べたら、屈斜路湖に近いハイランド小清水725という展望台からの星空がすばらしいらしい。
しかも車中泊もできるということだ。

route4687.jpg
 ハイランド小清水725の場所(Googleマップより)

行先は決まった。
土曜日の午前10時前、札幌を出発する。
1泊2日、車中泊トンボ返りの弾丸ツアー。

目標は天の川ただ1つ!

route4685.jpg
 札幌〜ハイランド小清水725間353kmのルート(Googleマップのルート)

札幌から国道275号線経由で滝川へ出て深川へ。
深川ICから高速へ入り、比布JCTから旭川紋別自動車道で瀬戸瀬ICまで、一路遠軽へというルート。

深川から比布までは有料区間になるが、ETC料金ならば片道970円。
旭川市内をスルーできるだけでも30分くらいは短縮になる。
ま、急行料金といったところか。

遠軽着が13時20分頃。ここまで3時間半少々といったところ。
深川まで下道経由で、JRの特急『オホーツク』と互角。
全線高速ならば完全に車の勝ちだ。

旭川〜網走間は、特急をやめて全便料金不要の快速にした方が乗客が増えるんじゃないか。
そんな提案が出た日には、特急が無くなるとは何事かと沿線自治体からの猛反発が出るだろう。

そんな人たちには以下の言葉を贈りたい。

『名を捨てて実を取る』

遠軽の町で給油と今晩の夕食を買い物して、今度は333号線経由で美幌に向かう。
地図で見るとわかるが、遠軽から北見まで石北本線は直角三角形の2辺を辿るが、333号線はその1辺をショートカットするルート。
石北線特急の北見〜網走間の営業成績が特に苦しいのもこの辺の事情がある。

美幌の町も特に寄る所はなく、ここからは334号線の山道を東藻琴へ向かう。
70km/hくらいで走っていたら後ろから追いついてきた車がガンガン煽って来る。

脇に車を寄せるスペースを見つけてそこへ避けた。
そうしたら煽ってきた車も何を思ったのか停まろうとするではないか。
やるのかこの野郎とドアをロックして身構えたが、また走り去っていった。

さっさと先に行けこの野郎 (#`Д´)凸

こういう面倒くさい連中とは関わりたくない。

東藻琴からは道道網走川湯線へ。

もうほとんど通る車はないが、途中で2台も追い越された。100km/h近く出しているじゃないのか。
しかしさっきの煽り兄ちゃんとちがって、こちらの方が気持ちが良い。

『藻琴山登山道入口』と『小清水高原』の標識が示す方へ曲がれば突き当りがハイランド小清水725だ。

小清水と言えばオホーツク海側に面した町というイメージだが、町の区域は藻琴山の山懐深くまで広がっている。

着いたのは17時過ぎ。すでに日は暮れかかっていた。
駐車場の先客は1台。
この時間ならば車中泊だろうな。

DSCN1408.JPG
 小清水高原の石碑と屈斜路湖。

DSCN1410.JPG
 屈斜路湖と硫黄山方面の展望。

屈斜路湖を見下ろすのならば美幌峠や津別峠のほうが良いが、全体的な眺めはこちらの方が抜群に良い。
標高725mからの眺めは、オホーツク海から屈斜路湖まで180度の壮大なもの。

壮大過ぎてアクセントが見つからず、写真写りは逆に悪いようだ。

空は雲ひとつない快晴。天の川も期待できる。
この方角だと、翌朝は朝日も拝めそうだ。

DSCN1409.JPG
 ハイランド小清水725の駐車場。

今日の日没は17時16分。完全に暗くなる天文薄明の終了は18時52分となる。
それまで、車の中で一杯やって待つことにする。

DSCN1417.JPG
 遠軽のコープで買った夕食と旅行中くらいはと奮発したエビスビール。

DSCN1415.JPG
 17時50分、日は落ちて遠くに町灯かりが星のように見える。

19時を過ぎると真っ暗になった。
トイレにある街路灯がすこし邪魔だが、それが無いと完全に真っ暗だから防犯上は致し方ないだろう。

空はすでに満点の星空。ぼんやりと薄い天の川も良く見える。
星座早見盤を家に忘れてきたのが残念。

さてこれを撮影するとなると難しい。
スマホや一般のコンデジならば無理だろう。

私がいま持ってきてるカメラはニコンの『COOLPIX P330』というコンデジ(コンパクトデジカメ)。
2013年発売のもので、2016年に2万2800円で買った新古品。

一番の特徴は開放F値が1.8という明るいレンズ。
コンデジながら一眼レフにも劣らない仕事をしてくれるので、海外旅行のお供から家での料理写真まで幅広く活躍している。

で、そのカメラの今夜の仕事は星空の撮影である。

三脚も持ってきたが、これもコンデジ持ち歩き用のコンパクトな三脚。
これでどこまでできるのかやってみよう。

まずオートモードで撮ったのがこちら。

DSCN1421.JPG
 露出補正+2、絞りf/1.8、露出1秒、ISO-800

うーん、部屋を暗くして何とか星が見える程度。

このカメラの素晴らしいのはマニュアルモードがあること。
これをすべてマニュアル設定にして再度写してみる。

このカメラの最高性能である、絞りf/1.8、露出8秒、ISO-3200でどうだ。

DSCN1516.JPG
 天の川とはくちょう座、夏の大三角形の星空。

ISO-3200ではノイズだらけだが、何とか見栄えのする程度には収まる。
露出8秒は三脚据え付けでもブレる。三脚も簡易なものだから仕方ない。
それでも5回に1回はまともに写ってくれた。

それをデジカメの簡単レタッチ機能でコントラストを上げてます。

DSCN1553.JPG
 南天に光る天の川。見事だねえ。

DSCN1548.JPG
 36km離れた網走市の街灯かり。

DSCN1448.JPG
 駐車場のレストハウスとトイレ。右下の眩しいのはトイレの街灯。

DSCN1482.JPG
 北の空にはお馴染みの北斗七星。

DSCN1512.JPG
 わが車と星空。中央下側にスバル(昴)が写っている。

DSCN1539-001.JPG
 スバルは正式名プレアデス星団。元富士重工ではなくこちらが元祖。

9時過ぎ、1台の先客が去っていった。
どうやら車中泊ではなく、天の川の撮影に来ていたようだ。

物音ひとつなく、あたりはシ〜〜〜〜ンと静寂に包まれる。
ムチャクチャ怖くなってきた。
幽霊でもUFOでもなくヒグマ
もう車から出たくない。

22時を過ぎたころ、また車が1台やってきて駐車場に停まった。
こちらは車中泊のようだった。
やれやれだ。こんなところで貸し切り状態はいやだ。

DSCN1561.JPG
 朝4時、空が白み始めたころ・・・

翌朝4時、目覚めてトイレへ行き、車に戻る途中で屈斜路湖を見下ろすと、これは・・・・

湖は雲が覆って、町からの光で雲がそこだけ光っている。
いつの間にか雲海になっていた。

駐車場の車もいつしか増えて、自分含めて6台にもなっていた。
これは朝日狙いだなとわかる。
藻琴山へ登って行った人たちもいる。

DSCN1573.JPG
 日の出前、眼下には屈斜路湖を覆う見事な雲海が現われた。

DSCN1586.JPG
 標津岳の向こうから朝日が顔を出す。

明るくなるにつれて湖の部分だけ白い雲海が覆っているのがあらわになった。

屈斜路湖の雲海は、何年か前に美幌峠で車中泊したときに見たことがある。
これもそう簡単に遭遇するものではないが、屈斜路湖のはわりと見られる確率が高いように思う。

DSCN1627.JPG
 藻琴山登山口の高台から撮影すると迫力ある構図になる。

DSCN1615.JPG
 レストハウス脇の小道を少し下った展望台から。

IMG_1242.JPG
 これは隣にある藻琴山展望駐車公園から見た屈斜路湖の雲海。

天の川と雲海、2つの大自然のショーを見ていたら、憂鬱な気分など吹き飛んでしまった。

実は札幌を出発前、行こうかよそうかかなり迷っていたのだ。
身体は行きたがっているが、頭は気乗りしない状態だった。

ていうか夏以来、休日でもどこへ行く気にもならず、何をやっても楽しいとは思えない、まるでプチうつ状態だったのだが、北海道の大自然に、モヤモヤしたものが全て吹っ飛んでしまった。
もうすぐ10月になるが、冬になる前にもう1度だけどこかへ行きたいとも思った。

昨夜の天の川と今朝の雲海を見られたことに感謝。
ここがチャンスと感じたら、すぐに行動が大事ということを身をもって感じた旅行でもありました。

〜おわり

タグ:北海道旅行
posted by pupupukaya at 19/10/05 | Comment(0) | 2019年その他旅行記

今年はフィンランドへ行きます

突然ですが、なぜかオーロラが見てみたくなった。

オーロラを見にわざわざ出かける人は、今までは物好きな人くらいに思っていた。
海外旅行を始めてから行ったところが増えたからか、だんだん欲が出てくる。

その一つがオーロラというわけだった。

aorora2354.jpg
 オーロラのイメージ(GAHAG | 著作権フリー写真・イラスト素材集より)

オーロラを見るのなら北極圏まで行かなくてはならない。
行先は、アラスカ、カナダ、北欧、アイスランドといったところ。

あまりお金はかけられないので、飛行機代を調べてみた。
といっても、JALのサイトで検索しただけだったが。

今年はヨーロッパ方面が安いようだった。
カナダは行ったことがないので少々惹かれたが、飛行機代が高め。

それに、カナダは極北まで行く鉄道が1本しかなく、それもクルーズ列車のようなものなので相当高くつく。
北欧ならば、極北まで行く鉄道が何本もあるし、旅客列車も運行されている。


年末の出発で、札幌から成田経由ヘルシンキ(フィンランド)までの最安値の往復が11万円台。
先月(2019年7月)下旬のことだ。

195454.jpg

旅行は、行きたくなったらそれが行く時期なのだ。

JALのホームページを見ていると、8月からサーチャージがまた上がるとある。
サーチャージとは、搭乗日ではなく購入日によって決められる運賃の上乗せ額だ。

つまり、搭乗日は同じでも、購入日によってサーチャージ額が異なるということだ。
ということならば、7月中に買った方がいいに決まっている。

7月31日の夜、決断の最後の日。

ポチ

・・・

202503.jpg

買っちまいました。

JAL札幌〜ヘルシンキ往復。
113,290円(サーチャージ、諸税込み)

行きは成田乗り継ぎだが、帰りは成田→羽田となる。

一方、12月からフィンランド航空が、新千歳〜ヘルシンキ間の直行便を就航する。
新千歳空港から直行というのは便利だが、そっちは片道2万円近くと高かったのと、時間的にさほど有意差は感じなかったのでパスとした。

まだ5か月以上の先の話。
往復の航空券を買うために、ざっくりとした行程は考えていたが、細かいところは秋くらいになったらまた考えよう。

オーロラを見るためにはまず好天なのが条件。
あとは太陽風と地球の地磁気の問題。

こんな運次第なもの、半年前だろうと前日だろうとわからんものはわからん

だから航空券は安いうちに買っておくのが正解なのである。

タグ:海外旅行
posted by pupupukaya at 19/08/14 | Comment(0) | 2019年その他旅行記

旧増毛駅と鉄道廃止後の盛況

留萌本線の留萌〜増毛間に最後の列車が走ったのは2016年12月4日。早いもので廃止から今年で3年になろうとしている。

旧増毛駅の駅舎は、増毛町がリニューアルして保存することになった。
駅前の歴史的建造物と合わせて新たな観光拠点とするため、建物は大正時代の開業当初の大きさに復元して保存するということだった。

新しくなった旧増毛駅がどのようになったのか。
2019年7月6日と7日。機会があったので見てくることにしました。

廃線前は増毛町を車で通るたびに駅に立ち寄っていたものだが、その過去の画像と現在の画像を定点対比でご覧ください。

DSCN4216.JPG
 ↑ 2014年6月撮影。 

DSCN0023.JPG
 ↑ 2019年7月撮影

駅舎正面から。
手前の四角い建物は公衆トイレで、これが建ったのは90年代だったかな。

札幌から国道231号線を車で走ること2時間以上、増毛駅はちょうどよいトイレと休憩場所でもあった。
リニューアル後はこのトイレも含め、一体感のある感じに仕上げてある。

せっかくリニューアルした旧駅舎も、この建物が前面にあるおかげで存在感も半減している気がする。
せめて移設するなどしてほしかった。

DSCN5474.JPG
  2014年6月撮影。

DSCN0026.JPG
↑ 2019年7月撮影 

ホームから駅舎方向を見る。
レールが錆びているのと電柱が撤去されたほかは当時のまま。

上画像は雑草が伸び放題だが、下のは草が刈られて手入れされているようだ。

廃車になった気動車を保存車として展示すれば観光スポットになったかもしれないが、こうしてまた列車が現れるかもしれない雰囲気にしておくのもまた違った良さがある。

DSCN5470.JPG
 2014年6月撮影

DSCN0368.JPG
 ↑ 2019年7月撮影。 

駅舎は倍の広さに増築されていた。

かつては駅事務所や荷物扱い所などがあった場所だが、駅無人化で不要になり取り壊されていた部分が復活したことになる。
増築した部分は鉄道が現役時代の写真などが展示されたギャラリーとなっていた。

DSCN5098.JPG
 ↑ 2016年10月撮影

DSCN0380.JPG
 ↑ 2019年7月撮影

駅舎のホーム側。
上画像は無人駅化から30年以上経ち、荒れた感じが否めない。

リニューアル後は映画のセットのようにも見える。
こうして新旧見比べると、柱は新品に取り換えたらしい。

DSCN1420.JPG
 ↑ 2015年9月撮影

DSCN0378.JPG
 ↑ 2019年7月撮影

屋根の下から線路側を見る。
荒れた感じがするとはいえ、上の画像はまだ現役の頃。1両の列車が見える。

有人駅だったころは、乗客は改札口からこの屋根の下を通ってホームへ向かっていた。

奥の車が駐車してあるスペースは、ここも線路が何本も並んでいた。
無人化で貨物列車も無くなり、線路1本だけの棒線駅となった。

見違えるように綺麗になった駅だが、列車が来ない駅はやはり寂しい。

DSCN1751.JPG
2015年9月撮影

DSCN0033.JPG
↑ 2019年7月撮影 

駅舎の待合室。
映画『駅』でも印象的な、真ん中の銀色の柱はちゃんと残っていた。

待合室と旧事務室を仕切っていた壁は取り払われて広々となった。
個人的には、旧改札口の出入口はそれっぽくディスプレイしてほしかったが。

DSCN1415.JPG
2015年9月撮影

DSCN0371.JPG
 ↑ 2019年7月撮影 

駅前の風待食堂。これも映画『駅』のロケで使用された建物。
観光案内所として活用されている。

2019年に訪れたときは、半分が『駅STATION』で居酒屋『桐子』のスタジオセットを再現した部屋がある。
最初見たときは、なんだ半分はテナントになったのかと思ったほど精巧にできている。

DSCN4209.JPG
2014年6月撮影

DSCN0372.JPG
 ↑ 2019年7月撮影

駅前の通り。
撮影場所は若干違うが、奥の古い建物は旧商家丸一本間家。

同じ休日の画像でも、通りを歩く人の数が全然違う。

   

この日増毛を再訪して思ったのは、観光客の多さだった。
7月の休日で天気も良かったせいもあるのだろうが、増毛ってこんなに観光地だったっけ、と目を疑うほどだ。

かつての増毛駅前と言えば、古い建物が立ち並び、ただ朽ちはてて寂れた商店街、それに無人駅で荒れるがままの増毛駅という感じだったのだが、鉄道廃止後のこの変わりようはすごい。

増毛の観光客が増えたきっかけは、やっぱりあれしかない。

そう、留萌本線の留萌〜増毛間の廃止である。

廃止が近くなると多くの乗り納め客があちこちから駆け付けた。
そのころから、増毛の町中に観光客が増えだしたのだ。

鉄道の廃止というのも、マスコミなどで取り上げられて話題になったのも、増毛の名が知られるようになった理由の一つだろう。

DSCN5126.JPG
 休日は多くの乗り納め客が増毛にやってきた。(2016年10月撮影)

もちろんそれだけが理由ではないだろう。

増毛駅周辺に、北海道遺産に指定された古い建物が多数残っていたこと。
もう一つが、旧増毛駅の無料駐車場の存在も大きい。

車で来た観光客はここに駐車することで、歩いて各スポットや飲食店を回ることになる。
町の一番奥にあった駅を駐車場とし、観光拠点とすることで、回遊性が増したことになる。

観光の魅力だけでなく、ここは札幌と留萌を結ぶ国道231号線の途中にあるという地の利もあるだろう。

ともあれ、鉄道の廃止というイベントがきっかけで観光客が増えたとすれば、何という皮肉だろうか。

観光客のそぞろ歩く増毛の旧駅前を見ていると、鉄道ファンとしては悔しいが、鉄道の存続よりも、廃止イベントで観光客への知名度を上げた方が得策ではないかと思えてきた。

具体的な駅名は挙げないが、木造駅舎があって国道からも近く、増毛駅のように整備すればそれなりに観光スポットとなるだろうなと思う駅はいくつかある。
そのどれもが、現役の鉄道駅であるが故に町の整備計画からも外れて中途半端な存在となっているのは残念に思う。

暴言は承知で言わせてもらえば、無理に鉄道の存続にこだわるよりは、廃止後に過去の産業遺産として保存し、観光スポットとした方が町の発展になるのでは、と思われた。

〜最後までお読みくださいましてありがとうございました。

posted by pupupukaya at 19/07/15 | Comment(0) | 廃線跡を行く

2019年稚内とサロベツ原野の旅

2019年7月6日からの土日は稚内まで行ってきました。

花が次々と咲き乱れるこの時期は、宗谷地方の一番良い季節。
晴れて青空が広がり、そこへ黄色いエゾカンゾウの花が一面に咲いて、バックには利尻富士がそびえるというのは絵になる風景である。

しかし、この一番良い季節の頃の宗谷地方は、曇り空の日が多い。
数少ない晴れの日と週末と重なることは少なく、何度行っても曇り空ばかりに当たってしまった。

この週末の天気予報は曇りのち晴れ。なんとも頼りない空模様だが、この晴れに賭けて行くことにした。

札幌を出発したのは土曜の8時半。
途中道の駅などに寄り道しながら北を目指す。

道中は曇り空だが、自分の真上だけは青空がついてくるような天気だった。

これもまたどういうわけか途中の道の駅も食事処も混んでいた。
天気なので皆一斉に出てきたという感じだった。

DSCN0057.JPG
 ひたすら何もない道道稚内天塩線。

天塩の道の駅で一休みして、道道稚内天塩線に入る。
天塩河口大橋を渡ると風景が一変する。

ここはもう日本離れというか北海道でもない。
宗谷海峡で隔たれているとはいえ、ここはもう樺太や遥か北の大陸と同じ空気である。

沖合には利尻富士のシルエットが見えた。

DSCN0055.JPG
 沿道はエゾニュウの花で出迎えてくれた。

乱れた草ばかりが茂る原野の中を1本の道道がどこまでも続く。

駐車帯に車を停めて、この亜寒帯の空気を吸う。
もうここは北海道とは違う空気。

馬や牛の姿はどこにも見つからず、人間の家の影さえなかった。
・・私は遠いロシアの曠野(こうや)へでも迷い入った旅人のような気がした。

とは猿払村にある風雪の塔の碑文からの引用。
もとは藤森成吉『旧先生』の一文で、オホーツク海側の猿払原野の描写だが、このあたりの風景のほうがしっくりとくる気がする。

同じさいはてでも、根室や標津あたりとも違う。
頑として人を寄せ付けない永久凍土の冷たさが、足元から血の中に湧き上がるような感覚は何だろうか。

もうここは北海道ではなく、北極星に吸われる不毛の大地。
しかし私など、時に北海道離れした冷たい空気の中に、無性に身を置きたくなるのだった。

DSCN0059.JPG
 遠くに逃げ水が光る。

今時期は、道の脇に一斉に咲いた黄色いエゾカンゾウが出迎えてくれるものだが、これは一足遅かったようで、今日迎えてくれたのは不気味に咲き乱れるエゾニュウの白い花だった。

DSCN0068.JPG
 レストハウスサロベツの店内。

稚咲内(わかさかない)から内陸に入ってサロベツ湿原センターへ行く。
花は咲いているだろうか。

着いたら花よりもレストハウスに入った。
途中はどこの店も混んでたので、札幌を出てからここまで何も食べていなかったのだった。

サロベツラーメンというのが名物のようだが、いももちと牛乳にする。
もう20年以上昔だが、旧原生花園だったときに、いももちが美味かった記憶がある。

DSCN0071.JPG
 いももち(300円)と牛乳(100円)。

いももちとは、つぶしたジャガイモに片栗粉を加えてよく練って餅状にして焼いたもの。
子供の頃はよく食べたものだった。

さて食べようとしたが、テーブルの調味料立てにはなぜか醤油がない。塩はあるから塩で食べるのかな。
しょうがないなあ、厨房へ行って醤油を借りてきた。

焼きたてで粘りもあって、醤油をつけて食べるとジャガイモの風味の磯辺焼きみたいで美味い。
それに、いももちには牛乳が合う。

なんとか一息ついて、湿原センター裏手の木道を歩いて湿原へ行く。

う〜ん・・・5月の熱波のせいで花は早く咲いてしまったらしい。
黄色いエゾカンゾウの群れを期待していたが、これも遅かった。

遠くの方に、もう終わりかけたエゾカンゾウの黄色い点々が見えているくらい。
その代わりに、紫色のノハナショウブが満開だった。

DSCN0122.JPG
 ノハナショウブが満開のサロベツ原生花園。

サロベツ原生花園からまた道道稚内天塩線に戻って北上する。

DSCN0145.JPG
 うねる道。

続いて立ち寄るのは抜海駅。
ここを通ると必ず寄りたくなる所だ。

抜海駅は、もう数少なくなった木造駅舎が今も残っている。
無人駅だが、冬季は除雪係の詰め所として使われる。

DSCN0157.JPG
 抜海駅正面。

駅の正面側は若干リフォームされているが、ホーム側は昔のままの佇まいが残されている。

かつて映画『南極物語』のロケ地にもなっている。
高倉健さん演じる隊員が、樺太犬リキの代わりの犬を連れて荻野目慶子演じる飼い主の姉妹の元へ現れるというシーン。

映画では駅舎もいい味を出していたが、その当時とほとんど変わっていない。

DSCN0167.JPG
 抜海駅ホーム。

DSCN0158.JPG
 なかなか味わいのある木造駅舎。

駅前は人家が1軒だけ。あとは何もない。
1軒の人家は空き家ではなく、人の気配がある。まさに野中の一軒家といったところ。

駅にいると、レンタカーやバイクの人が次から次へと現れる。
地味に観光スポットとなっている模様。

味のある駅舎なんだし、もうちょっと整えたら観光名所になるんじゃない。
新十津川の駅前のように、売店とかカフェなんか置いて、車を呼び込めばそこそこ繁盛するんじゃないか。

かといって、大型バスが出入りするようになって、観光客がゾロゾロというのも興ざめするが。

さて、稚内市内で給油と買い物。
今夜は車中泊となる。

今夜の宿は宗谷岬とした。
快晴となったので、夕日が拝めるかもしれない。

DSCN0203.JPG
 暗雲立ち込める宗谷岬方面。

宗谷岬へ向かうと、岬のあたりは何やら雲が覆っている。

で、着いたら見事に霧の中。
車を降りたら寒い。

とてもじゃないがこんなところで車中泊などしたくはない。
また稚内へ戻る。

DSCN0208.JPG
 宗谷岬は霧の中。

DSCN0212.JPG
 霧と寒さの中、観光客もご苦労様。

稚内は晴れていた。
どこに泊まろうかな。

道道稚内天塩線の、海岸沿いから山に向かう坂道の途中に駐車場があるのを思い出した。
道の駅でもいいが、どうせなら景色の良い場所で、一杯やりながら夕日を眺めるというのは悪くない。
あそこならトイレもあるし。

DSCN0221.JPG
 夕日が丘パーキング。

駐車場は夕日が丘パーキングという看板があった。
18時30分。

今日の稚内の日没は19:27となっていて、まだ1時間近くある。
夏至からまだ1週間しか経ってないので、まだまだ日が長い。

DSCN0225.JPG
 日が傾くがまだ沈まない。時刻は18時30分。

宇都宮ナンバーのおっさんは、三脚を2台も立てて夕日写真のスタンバイだ。
何でも、写真を撮るために北海道をあちこち回っているのだそうだ。
仕事もリタイアして暇だから、ということらしい。

最近は道の駅なんかでやたらと道外ナンバーを目にするようになった。
キャンピングカーも多い。
そのドライバーは大概が爺さんだったりする。

フェリーにマイカーを積んで来るくらいだから、何週間も車で北海道観光するのだろう。
暇もだけど、お金もあるんだねえ。
貧乏人の私からすれば感心するほかない。

宇都宮ナンバーのおっさんの話は、どこそこの写真のコンテストでこれは入賞したとか、要するに自慢話。
話の腰を折ってしまうとお互い気まずい思いになるし、私も日没までは暇なので、「へえすごいですね」とか言って自慢話に付き合う。

DSCN0227.JPG
 夕焼け空と利尻富士のシルエット。右側には礼文島も見える。

私は写真家ではないので、適当なスナップショットが撮れれば十分だ。
だけど、利尻富士をバックに沈む夕日が撮影できたら最高だ。

だんだん日が傾いて空が赤く染まってきたが、雲も出てきた。

この頃から、駐車場に続々と車が集まってきた。
車中泊組かなとも思ったが、夕日撮影のために来たらしい。

DSCN0243.JPG
 夕日の名所なのか続々と車が集まってきた。

DSCN0245.JPG
 水平線近くの空は雲が覆ってしまって残念。

夕日は完全に雲で隠れてしまった。
撮影隊の人たちは悲愴ムード。

集まってきた車も、ほとんどが退散してしまった。

宇都宮のおっさんは森林公園(稚内公園)に泊まるという。
今度は朝日を狙うんだとか。

私はここで車中泊で、これから一杯やってから寝ることにする。

DSCN0282.JPG
 三日月が浮かぶ夕日が丘パーキングからの夜景。

DSCN0305.JPG
 北斗七星と北極星。

シュラフに潜り込んで、目が覚めたのは午前3時。
普段ならばまだ夜中だが、夏至が近い稚内では3時を過ぎると明るくなってくる。

外に出るとあたりは霧の中だった。
寒い。
宗谷岬の霧がここまでやってきたようだった。

DSCN0309.JPG
 空が白み始めた午前3時、すっかり霧の中。

DSCN0312.JPG
 びっしりと夜露に覆われた車。

すっかり目も覚めたし、ここにいてもしょうがない。
車をノシャップ岬へと走らせる。

もしかしたら朝日が拝めるかもと淡い期待からだった。

途中、道路の真ん中にエゾシカの群れがいてびっくり。
こんな町に近いところでも出てくるのか。
ヤツらときたら油断も隙も無いな。

DSCN0313.JPG
 道道抜海港線に現れたエゾシカ。

ノシャップ岬も霧の中だった。
日の出時刻は3時50分。

だめだねこりゃ。

DSCN0320.JPG
 ノシャップ岬も霧の中だった。

DSCN0321.JPG
 霧に反射する灯台ビーム。

今度は道の駅わっかないへ。
洗面所の用で寄らせてもらう。

ここの駐車場は駅正面とは反対側にあるのだが、その駐車場が完全に満車状態
まだ4時過ぎだぜ。地元の人なわけないから、これ全部車中泊!?

しょうがないから正面側の一般車乗降場に停めて用足しをさせてもらう。

洗面所がお湯が出るのは驚いた。トイレもウオッシュレット完備。
そりゃあ人気の車中泊スポットなわけだ。

DSCN0340.JPG
 低い雲が垂れ込めた稚内駅前。

もう少し日が高くなれば晴れるのかもしれないが、低い雲が垂れ込めて暗い朝だ。

曇り空ならばこんな所に用はない。
明日から仕事なので、さっさと帰りたい。

また道道稚内天塩線を南へと走る。

ところが、抜海あたりまで来るときれいに晴れ渡っていた。
利尻富士も綺麗に見えている。

さっさと稚内を後にして正解だった。

IMG_1028.JPG
 朝日に映える秀麗利尻富士。

これはもしかして、サロベツ原生花園で利尻富士をバックにした花の写真が撮れるかなと思い、もう一度サロベツ湿原センターへ行ってみた。

ここの駐車場とトイレは24時間開放されている。
車中泊するのならこっちの方が良かったかなと思うが、湿原の中だからねえ。
蚊が多そう。

期待して木道を湿原へ向かう。
ところが、ちょうど地平線の部分だけ雲が覆って、山は隠れてしまった。
なんて意地悪な雲。

IMG_1097.JPG
 サロベツ原生花園に着いたら利尻山は雲に覆われてしまった。

IMG_1077.JPG
 原生花園に現れたエゾシカ。

日が高くなれば雲は晴れるのではないか。ちょっとそんな期待をして、しばらく粘ることにした。

お湯を沸かして、カップ麺の朝食。

STVのライブカメラは礼文島に設置されたものがあって、ネットで見ることができる。
8時頃には礼文のライブカメラに利尻山の姿が映っている。
これはいけるかもとカメラを持ってまた湿原へ。

そこで30分くらい待つと、ようやく山の姿が現れた。
でも霞んで薄いシルエットしか見えない。

IMG_1137.JPG
 再び姿を現した利尻富士。辛うじて咲いていたエゾカンゾウと。

この時期でこれだけ晴れたんだから上出来じゃないか。
山の姿が完全に見えたのも一瞬だったようで、また雲で覆われだした。

さて、札幌へ戻るか。

また道道稚内天塩線を南下する。
再び天塩河口大橋を渡って天塩の町へ。
ここからは留萌総合振興局の管内となる。

天塩まで来ると、なぜか人里へ戻ってきたような気になる。

何だか見えない線があるんだよね。
北海道と樺太や大陸へ続く亜寒帯を区切る線。

これが内陸ルートやJRからだと雄信内のあたり、オホーツク海沿いだと浜頓別のあたりだと思う。
この線の向こう側へ行って戻ってくると、海外から戻ったような気分に陥る。

え?私だけですか・・・(^^;

〜最後までお読みくださいましてありがとうございました。

posted by pupupukaya at 19/07/14 | Comment(0) | 2019年その他旅行記

2004年ロシアサハリン旅行記11

 2004年9月25日

 ◆ 出発の朝 コルサコフへ

6:30、セットした目覚まし時計で起きる。
まだ外は真っ暗で雨が降っている。今日でサハリンはおしまい。7:45にガイドのAさんという人が迎えに来て、車でコルサコフ港まで送ってくれることになっている。 

ほとんどの支度は昨夜のうちにやっておいたので、部屋でテレビをみながらボーっとしていた。テレビ番組はアニメの短編をずっとやっている。7時を過ぎるが、ニュースが始まらない。そういえば今日は土曜日だった。 

7:30すぎ1階におりてチェックアウトする。昨日の電話代を請求される。最初は25Рかと思ったが、2.5Рだった。
“用心棒”の兄さんが1人ウロウロしているほかは誰もいないロビーで、椅子に座って待つ。

雨はだんだん強くなってきている。
暗いし、旅行中ならば滅入るような天候だが、今はようやく帰国できる安堵感ばかりだ。

7:50頃少し遅れてワゴン車が玄関前に停まった。車から女性が降りてきて、ロビーにやってきた。 

「おはようございます。私がコルサコフまで案内しますです」
と日本語で言い、

「まず“電車”のチケットをください」

列車の切符は2枚になっていて、2枚目をもぎ取られて1枚目は返してくれる。旅行の記念に持って帰ろうと思っていたのだが、ガイドの人に渡さなければならないとは聞いていなかった。 

じつは1列車「ユジノ-ノグリキ」と2列車「ノグリキ-ティモフスク」の2枚の切符しかもっていなかったのである。「ティモフスク〜ユジノ」の切符は、車掌が同室の人の分をまとめてテーブルの上に置いていったのだが、同室のおばちゃんがその切符をゴミと一緒に捨ててしまったので持っていなかったのだ。 

2枚の切符を渡すと、Aさんは

「ティモフスクからユジノまでのチケットがありません。全部ください」と言う。
「それは貰ってこなかったです。ダメでした?」と言うと、彼女はしばらく考えて「いいです・・・大丈夫です」と言った。

車は玄関前の駐車場に停めてある。激しい雨の中、玄関を出て車へ向かう。

ワゴン車のトランクに荷物を積み車内に入ると、すでに2人の女性が座っていた。1昨日ティモフスクからの列車内で一緒だったKさんと、もう1人は大阪から来たという女性であった。

ガイドが日本からの3人をそれぞれのホテルで拾い、チャーター車でコルサコフ港まで送り届けるということらしい。

激しい雨の中、車は街中を走りぬけて、コルサコフへの国道へ出る。

PICT0006.JPG
 雨の中をコルサコフに向け車は走る。

40分ほど走って車はコルサコフ市内に入る。昨夜からの雨で道路の排水溝はあふれて、あちこち水びたし。豪快に水飛沫をあげながら市内の道路を走る。9時前にフェリー乗り場に着いた。

車を降り、我々はガイドのAさんと一緒にフェリーターミナルに入る。
入ってすぐの所に窓口があり、そこで港湾税200Рを支払う。事前に知らされていたのは150Рだったが、いつの間にか値上げしたのかも知れない。 

Aさんに、
「ルーブルが余ったのだが、どうすればいいでしょうか?」
と聞いてみた。

「港には両替所はありません、両替は出来ないです」

別に再両替できなくてもいいのだが、ルーブルの国外持ち出しは禁止されているので、税関で没収されるだけだとしたら何とも馬鹿らしい。 

待合室にいるのは、ロシア人が20〜30人と日本人が十数人というところである。 

ここで、偶然にF社のS社長に再会した。F社とは、まだソ連時代にサハリンが開放になって以来サハリン旅行を手がけている札幌の旅行代理店で、2000年のサハリン鉄道ツアーではお世話になった方である。
あの時は社長がほぼ同行となり、ホテル列車の食堂車でウオッカを飲みながらサハリンのことなど色々教えていただいたりした。 

今回は列車でひとり旅してきたと言うと、積もる話は船内でビールでも飲みながらということになった。 

9:00、出国手続き開始となる。
待合室の奥のドアが出国審査室となっていて、1人ずつ中に入れられてそのたびにドアが閉められる。ドアの中の様子は分からない。別に怪しいものを持っているわけではないが少し緊張する。 

前の人の審査が終りドアが開く。自分の番だ。ドアをくぐればサハリンの人たちとはお別れである。ユジノサハリンスクからここまで一緒しただけだったが、Aさんともここでお別れとなる。 

「ダズビダーニャ(さようなら)」と言うと、彼女も笑顔で「ダズビダーニャ」と答えた。


 ◆ アインス宗谷 稚内へ

審査室に入るとドアが閉められる。
パスポートを渡すと、審査官に「おみやげは?」と聞かれる。これだと持っていたビニールの袋を指差す。中を開けて見せろという。ビニールをほどいて中を見せる。中身はカップラーメンやチップスそれにタバコが数箱である。
この日本人はなんでこんなものばかり買込んだのだ?と言いたげであった。 

審査官の1人がタバコを1箱つまみあげて「マリファナ?」と言った。「ノー、タバコだ」と答える。「ピストルは?」「麻薬は?」と聞かれるが「ノー!」と答える。バッグの方を開けられると少々厄介だなーと思う。

別に禁制品が入っているわけじゃなく、荷物をギチギチに詰め込んでいるため、中を開けられると元に戻すのが大変なのだ。
いい加減に次がつかえているので、パスポートを返されて放免になる。バッグは開けられなくて済んだ。 

次は手荷物のX線検査を通り、出国審査へ。実はノグリキとティモフスクのホテルでは、パスポートにスタンプ(外国人宿泊登録確認済みのスタンプ・・・出国審査の際の確認事項となっている)を押して貰えず、ひと悶着あるのかとヒヤヒヤしていたが、何も言われなかった。

最後にパスポートとボール紙の審査済みの整理券を渡される。そういえば税関申告書はまたしても出さずじまいだった。 

PICT0008.JPG
 出国審査済みの整理券。

Kさんの話によると、行きの入国時の審査の際も申告書を渡すと、必要ないとクシャクシャにして捨てられたそうだ。関税の支払いが無い場合は必要ないのだろうか。
いずれにしても審査官の気まぐれかもしれないし、何せロシアのことなので本当のところは分からない。

審査がすべて終わると、バスでフェリーまで向かうことになる。相変わらず中古の宗谷バスが使用されている。最後にロシア人の乗客が大勢やってきて満員になる。最後に制服制帽の軍人らしい職員が乗り込んで発車となった。 

桟橋への橋を渡るとすぐにフェリーの前に着く。フェリー最後部の車両甲板入口から乗船となる。
入口に軍人らしいロシアの職員が立ち、出国審査の時に渡されたボール紙の整理券を回収される。これで出国手続きはすべて終り。

日本の船員に迎えられて乗船する。車両甲板から狭い階段を2階に登ると船室になっている。ここでフェリーの係員に乗船券を渡す。 
フェリーは『アインス宗谷』といい、東日本海フェリーが運航している。

船室のきれいなこと!売店もある!自動販売機もある! 

PICT0035.JPG
 サハリンとは別世界のような船内。

1週間サハリンを旅して来た身には何もかも清潔すぎて別世界に見える。
ここではすべてが日本語だ。 “水を得た魚”ならぬ日本語を得た日本人となり、急に元気になる。 

我々日本人には船首に近い区画があてがわれた。中の方はロシア人の団体が占めていてにぎやかである。聞くところによると、日ロの文化交流の公演だかの一行なのだそうだ。

そろそろ出港となる時刻だ。出港風景を見るために甲板に出る。外はまだ小雨が降っている。何気に海面をのぞくと馬鹿でかいクラゲがたくさん泳いでいた。 

190701_1035_003.jpg
 市内と桟橋を結ぶ橋。

190701_1035_002.jpg
 見送り人と警備隊が立つ岸壁。

10:00、稚内に向け出港する。数人に見送られ、船は岸壁を離れる。いろいろあったけど大したトラブルも無く無事に旅行できたなあ。最後部の甲板にたたずんで、去り行くサハリンの島影をしばらく眺めていた。 

今度来るのは何年後になるかわからないが、その日まで「ダズビダーニャ(さようなら)」。

190701_1035_004.jpg
 コルサコフ港を出港。女性が2人じっと離れゆく港を眺めていた。

PICT0016.JPG
 港がだんだん遠ざかる。

PICT0036.JPG
 船内の売店。国際線らしく免税の酒やタバコも置いている。

PICT0038.JPG
 ケースにコニャックやブランデーが並ぶ。

PICT0010.JPG
 壁に貼ってあった宗谷海峡の海図。

PICT0011.JPG
 東伏見湾や大泊など旧日本名が併記された海図。

PICT0014.JPG
 海図に見どころなどが記されている。

PICT0040.JPG
 サハリン航路名物100円ビール。水の方が高い。

PICT0037.JPG
 2等船室は基本桟敷席。ロシア人客にも概ね好評のようだ。

寒くなったので船室に戻る。自動販売機で“100円ビール”を買って席に戻ると、杉山さんたちがさきイカと缶ビールを十何本も並べて早速やっていた。桟敷にあがると、ビールとさきイカをすすめてくれる。 

同じ区画だった、ユジノからの車内で一緒だったKさんたち、出張でサハリンに来たという留萌市役所の職員お二人、それにファルコンジャパンの社長さんと囲んで、それぞれの体験談などを話しながらビールで宴会となる。

湾口から海峡に出たのか、船はかなり揺れるようになった。元気なのはこの区画でビールを飲んでいる我々くらいで、あとは皆さんグッタリと横になっている。 

12時を過ぎた頃に昼食の弁当と缶コーヒーが配られる。稚内から積み込んだ『パン弁当』なのだが、パック入りのサンドイッチと真空パックに入ったままのオカズは相変わらずだ。
サハリンから戻ってきてこの弁当を食べさせられるとガッカリするのだが、100円ビールのツマミだと思えば悪くはない。 

PICT0018.JPG
 船内弁当。稚内出港時に積み込んだものなのでビールのつまみ程度。

弁当を食べるとゴロンと横になった。まだ先は長い。

1時間ほど眠って、酔い覚ましに風にあたるため甲板に出る。風が強い。
コルサコフを出港時は雨が降っていたが、いつの間にか青空が広がって良い天気になっていた。 

190701_1035_001.jpg
 クリリオン岬と3つ並んだレーダーサイト。

クリリオン岬(西能登呂岬)の山に白いレーダーサイトが3つ仲良く並んでいる。双眼鏡でのぞくと岬の海岸にはいくつか建物が並んでいる。軍事施設なのだろうか。
山の上に白いレーダーサイトが仲良く並んでいるのを見ると、『またサハリンに来いよ!』と見送られているかのように見える。

反対側には海の上にロウソクの様に建っている灯台が小さく見える。これが二丈岩と呼ばれる岩礁で、濃霧の多いこのあたりは昔は危険地帯として知られており、目印として自動灯火装置が建てられた。1928年にできたというから、日本時代の遺物である。現在はロシア領となっている。 

サハリン時間の腕時計も、日本時間に戻す。
ここからは時計が2時間戻り、14時が12時となる。

190701_1029_001.jpg
 二丈岩(カーメニ・アパースナスチ島)の灯台。※700mmの望遠で撮影

PICT0044.JPG
 青空の下、はためく日の丸も誇らしげ。

PICT0049.JPG
 北海道・宗谷岬の陸地が見え始める。

到着まであと1時間近く。稚内着は予定より30分ほど遅れると放送がある。すでにサハリンの島影は見えなくなっていて、宗谷岬付近の低い山並みが続いて見えている。 

PICT0031.JPG
 宗谷岬沖から。

やがて丘の上にひろがる南稚内の住宅街が見えてきた。ロシア人客は日本旅行に胸膨らませて、みんなはしゃいでいる様子だった。銀色に輝く全日空ホテルや、丘の上にそびえる百年記念塔が見えると稚内に戻ってきたと実感した。14時近く、稚内港に着岸した。 

PICT0002.JPG
 稚内の街が近づいてくる。

PICT0003 (2).JPG
 稚内港に着岸。ロシア人客は日本への第1歩だ。

しかし、サハリン旅行はこれで終りではなく、まだ日本の入国審査と税関が控えている。
稚内から札幌まで5時間もの列車移動も控えている。

そんなことより、日本に戻ったらまず何を食べようかということで頭が一杯だった。


 ◆ おわりに サハリンを旅して

サハリンへ行くのは3回目だったが、ツアーによらない個人単独では初めての渡航である。
ロシア語しか通じない土地で、ひとり旅行するのは苦労や冷や汗の連続であった。

そんななか旅行中に感じたことは、サハリンは北海道と同じでないかと思った。木々も海岸も湿原も、それに街角の何気ない光景も、あちこちで出会った人たちも。言葉や習慣こそ違うものの、いや、彼らが日本語を話したとすればここは紛れもなく昔にあった北海道である。 

北海道に生まれ育った私にとって、本州の古い町並みや風習のほうが、むしろ外国の風景にみえてしまう。そういう意味で今回の旅行は海外旅行と言うより、私が生まれる前の故郷・・・北海道を旅しているような感覚だった。

機会があればまた1人で旅行したいと思う。最北端のオハへ、間宮海峡越しに大陸をのぞむ西海岸へ。厳しい冬のサハリンも訪れてみたい。いずれは大陸へ、シベリア鉄道へと夢がふくらむ。

そのためにはお金を貯めて、ロシア語をもっと勉強して・・・何よりも暇をどうやって工面するか。

最後に、今回の旅行でお世話になったT社、サハリンのガイドの方々、忙しい中私に休暇をお与えくださった『会社』には深く感謝する次第であります。

おわり



 ◆ 2019年リメイク版あとがき

この旅行記は2004年9月に、ロシアのサハリン州を旅行したときのものです。

私が海外を1人で旅行するのはこれが初の経験、インターネット上で旅行記などをアップするようになったのも同年からでした。
この後、海外1人旅をして旅行記をHPやブログでアップすることになる原点となった旅行でもありました。

リメイク版作成に当たって、社名や個人名は伏字にしました。
また、HP立ち上げから日が浅い頃の文章なので、今読み返すと恥ずかしいような表現は勝手ですが改めさせてもらいました。

あと、当時使用していたデジカメの性能と、併用していたフィルムカメラ撮影の写真からコンビニでスキャンした画像もあり、画質が悪いのはご容赦願います。

  

このリメイク版を作成して、グーグルマップなどで近況のサハリンの様子を見ていると15年の歳月を思わせます。
街中はどこも見違えるようになり、派手な広告看板が目を引きます。

2004年当時は、まだソ連時代の面影を濃く残していたものでした。
残していたというより、ソ連時代の町に型落ちの中古日本車が走り回っているのが当時のサハリンだったような気がします。
どこへ行ってもモノトーンな街並み、それに埃っぽかった記憶が蘇ります。

その後、2006年と2010年に再びサハリンへ行きましたが、年々整備され整ってゆく街並みに驚かされたものでした。


またいつかは再訪したいところではありますが、私自身は他に行きたいところも沢山あって、しばらくは海外旅行の行先候補となることはなさそうです。

最後に、旅行記中に出てくるもので、現在は無くなったものをいくつか挙げてみます。


【東日本海フェリーのサハリン航路】

2008年にハートランドフェリーと社名を改めたが、2015年を以て同航路から撤退。
その後第三セクターの北海道サハリン航路が引き継ぐことになった。

しかし今年度(2019年)の運行は必要な船が確保できないという理由から休止となっている。
次年度以降に復活するかは未定。おそらくこのまま廃止になる可能性が大。

一方でサハリンへの航空路だったサハリン航空は『オーロラ航空』と名を変え、現在は成田空港と新千歳空港からユジノサハリンスクまで定期便を運航している。
運賃は一番安いタイプのもので、成田からも新千歳からも往復52,100円。

フェリーだと、稚内までの移動や交通費が別途かかるほか、稚内での前泊が必要になる。
稚内とサハリンの直接的な往来はほとんどないことを考えれば、すでにフェリーの出る幕ではないのだろう。


【ノグリキのクバンホテル】

グーグルマップにはこのホテルの名前は見当たらず。衛星画像で見るとホテルがあった場所は倒壊した家屋らしきものが見えるだけ。
ググったらロシア語のニュースサイトがヒットした。
2014年6月に発生した火事で全焼とのこと。死傷者はいなかったのは不幸中の幸い。

個人的にはまた泊まってみたい宿だったので残念。


【ノグリキの朽ちた橋】

これも衛星画像では既になくなっていた。
2012年撮影のものは相当危なっかしくなっているが辛うじて確認できる。2016年撮影のではきれいさっぱりなくなっている。
流されたのか撤去されたのかは不明だが、いくらロシアとは言え、あんな橋を放置しておくのは危険だし問題だっただろう。

私がHP上で画像をアップしたからかどうかは知らないが、ノグリキの隠れた名所にはなっていた模様。


【ノグリキ〜オハ間の軽便鉄道】

Wikiによると2006年12月に廃止、翌2007年には線路は撤去とある。
ソ連時代末期には国鉄線をノグリキからオハまで延伸する計画があり、一部は完成したもののソ連崩壊から頓挫したままになっていた。
線路跡は、市街地の一部では道路に取り込まれたほか、あとは原野に還っていったようだ。

〜最後までお読みくださいましてありがとうございました。

Powered by さくらのブログ
最近のコメント(ありがとう)
ネットに負けたツインクルプラザ
 ⇒ yuki (10/22)
廃止になる秘境駅_鷲ノ巣駅
 ⇒ 月 (10/06)
 ⇒ pupupukaya (03/20)
 ⇒ 阿吽 (03/18)
札幌市電延伸を勝手に想像する【桑園編】
 ⇒ おもてなし (05/22)
惜別、旧苗穂駅1(ホーム編)
 ⇒ hbcディレクター (05/07)
 ⇒ pupupukaya (05/07)
 ⇒ hbcディレクター (05/07)
 ⇒ pupupukaya (02/17)
 ⇒ decchi (02/14)
平成時代、懐かしの旧函館駅
 ⇒ pupupukaya (04/08)
 ⇒ へんなか (04/07)