2010年急行はまなすと青森の私鉄探訪1

◆ この旅行記は新型コロナウイルスによる外出・旅行自粛のため、筆者が家で旅行気分になるために作成しました。
今は2020年ですが、当時の画像と記憶をもとに、2010年当時の視点で書き起こしたものです。どうぞお付き合い願います。


2010年4月8日(木)

この頃は思いつくと夜行列車で旅行に出ていた。
4月の第2週目の木曜日、北海道&東日本パスを購入し、急行はまなすに乗った。まだ週末には早いが、金曜日は休暇をとってある。
2010年春季の北海道&東日本パスの有効期間は4月11日まで。春休みも終わって列車もがら空きだろうと目論んでのことだ。
このきっぷは5日間有効で1万円。効力は基本的に青春18きっぷと同じだが、急行はまなすの自由席に限り追加料金なしで利用できる※。他は新幹線平行線の第三セクター線も利用できるなど東日本や北海道で利用するのならば青春18きっぷよりも使い勝手が良い。

※ のちに急行はまなすに乗車するには急行券が必要になり同時に追加料金で指定席や寝台利用ができるように改められた。

P4080009.JPG

21時34分、札幌駅西改札口。はまなすは22:00発だが、夜行に乗るときはいつも早めに駅に来る。これから夜行で旅立つ気持ちを盛り上げておきたいからだ。
数年前までは22時から23時にかけて『はまなす』のほか、道内3方向へ夜行列車が次々に出発していったものだが、現在は『はまなす』1本だけ。改札口を通る人は帰宅を急ぐ通勤者ばかりになった。

P4080019.JPG

21:38に入線する急行はまなす。この日は重連での運行だった。

P4080033.JPG

春休みも終わった平日とあって、車内は案の定がら空きだった。始発の札幌から前の座席を向かい合わせにして、足を延ばしてくつろぐ。
乗る前にコンコースの売店で買ってきた焼酎をチビチビ。夜行列車の至福のひと時。

P4080054.JPG

この24分前に特急すずらん10号が先行してるためほとんどが函館や青森までの乗客。多くの人は座席を向かい合わせにして過ごしている。この先乗ってくる人もほとんど無いだろう。

東室蘭を過ぎるとすぐに車内が減光となる。といっても、道内夜行のように小電球の明かりだけということはなく、本くらいは読めるほどの明るさ。

お酒も全部飲んだし、もう眠ることにする。
通路側のひじ掛けに鞄を乗せてクッションにし、それを枕に身体をくの字に曲げて横になるのが『はまなす』での就寝スタイル。


2010年4月9日(金)

P4090070.JPG

翌朝、陸奥湾に朝日が昇る。
目覚めてこの景色を見ると、ああ旅に出たんだなあと思う。

P4090084.JPG

5:35、青森着。
ホームの立ち食いそば屋は湯気を上げて『はまなす』の客を待ち受ける。

P4090097.JPG

ホームのそば処八甲田で食べた三食そば(370円)。
揚げと揚げ玉と玉子入り。朝からちょっとくどい気がしたが美味しかった。

P4090100.JPG

青森からは普通列車弘前行に乗る。
701系電車6両編成。それまで客車列車ばかりだった奥羽線に電車が投入されたと聞き、当時標準になりつつあった転換クロスシートなんだとばかり思いこんで初めて乗車した際に落胆した記憶がある。
それでも青春18きっぷ旅行で何度も乗車しているうちにそう悪くないんじゃないかと思えるようになった。
まあコイツのおかげで『ミッドナイト』→『ムーンライト』の乗継が可能となったことだし。

P4090104.JPG

川部で五能線の列車に乗り換える。目指すは五所川原。
キハ40の3両だった。だんだん高校生が増えてくる。

P4090107.JPG

五能線に入ると津軽のローカル色が濃くなる。車窓はりんご畑に岩木山。

P4090112.JPG

五所川原着。

P4090115.JPG

五所川原駅のラッシュアワー。

P4090123.JPG

JR五所川原駅とは別に隣にある津軽五所川原駅。津軽鉄道の始発駅。
津軽鉄道は前にも乗ったことがあるが、青森県の私鉄巡りということで津軽鉄道から始めることにした。青森に朝早く着いたので時間はたっぷりとある。

P4090125.JPG

津軽五所川原駅ではこの窓口で切符を買う。

P4090126.JPG

津軽鉄道のきっぷは今では珍しくなった硬券が現役。

P4090130.JPG

津軽五所川原から津軽中里行に乗る。2両編成で乗客は高校生ばかりだった。
通学列車だが、トレインアテンダントの女性も乗務している。ワンマン列車だが、それとは別に制服制帽の乗務員がいる。

P4090134.JPG

2つ目の五農校前で高校生が一斉に下車。運転士ではない方の乗務員は、五農校前駅での集札係なのだった。
学生がいなくなった車内は回送列車のようになってしまった。

P4090160.JPG

金木でさらにがら空きになる。私のほか2〜3人の客とトレインアテンダントを乗せて終点津軽中里に着いた。

P4090172.JPG

津軽中里駅はスーパーマーケットが同居する。
津軽らしい鄙びた駅舎を期待していたらちょっとがっかりするような駅舎だが、このほうが利用者には便利だろう。

P4090180.JPG

津軽中里からの折り返し列車は、これもがら空きだった。
運転士とトレインアテンダント付きの貸し切り列車のような様相である。

P4090192.JPG

金木駅の構内が近づく。

P4090199.JPG

真直ぐ五所川原へは戻らず、金木で途中下車することにした。乗車券は別々に買わなければならないので途中下車とはいわないか。
2両の列車を金木駅のホームで見送る。

P4090207.JPG

次の列車まで1時間近く、金木の町を散歩する。
太宰治の出身地だけあって、ゆかりの家が斜陽館や旧津島家などとして公開されている。
太宰の小説はひと頃読んでいたこともあったが、今はちょっとついていけないな。

P4090230.JPG

再び金木から五所川原行に乗車。

P4090235.JPG

津軽鉄道はいまだにタブレットや腕木式信号機が現役だ。趣味的には面白いが、逆に言えば設備投資もままならないということでもある。

P4090247.JPG

再びJR五所川原駅に戻る。
ホームは弘前行の列車を待つ人が大勢いた。混みそうで弘前まで立ちんぼうも覚悟したが、入ってきた列車は3両編成のためさほどではなく、先頭の車両は空席だらけだった。

次は弘前の弘南鉄道を目指す。

2へつづく


posted by pupupukaya at 20/05/07 | Comment(0) | 2010年の旅行記

2010年急行はまなすと青森の私鉄探訪2

弘前へ来たのは弘南鉄道に乗るためだ。
弘前駅は前に来たときは1番ホームに面した駅ビルだったが、いつの間にか橋上駅になっていた。
その当時はJRの改札口ともう1つ弘南鉄道の改札口が別にあって、どっちも1番ホームに直接出て跨線橋は共用する格好だったが、今は別々の駅になっていた。

P4090312.JPG

弘南鉄道の駅は城東口の階段を下りたところにちんまりとあった。橋上駅に同居はさせてもらえなかったようで、正面側からはずいぶん不便な場所に置かれてしまったものだ。新しい駅はJRと私鉄や三セクとの乗り換えが不便になる傾向にある。

ここから黒石まで往復してくる。
弘南鉄道は黒石線が廃止になる前の1997年12月に乗りに来ている。その時は川部から黒石線に乗り、黒石から弘南線で弘前に出るというものだった。
弘前に来たのはその時以来かもしれない。

P4090261.JPG

13年ぶりに乗る弘南鉄道。駅は変わったが電車は変わっていなかった。
2両編成の電車は東急電車の中古で、車内はあちこちに東急時代の面影を残す。

P4090262.JPG

ワンマン電車は1両目後ろのドアから乗車し、運転士後ろの運賃箱にお金やきっぷを入れて前ドアから降りる仕組み。

P4090263.JPG

弘前から36分で黒石に着く。ここは改札口があって駅員が集札していた。

P4090269.JPG

昼だったので『つゆ焼きそば』の看板につられて駅前の食堂(店の名前は忘れた)で食べた黒石つゆ焼きそば(600円)。
黒石はつゆ焼きそばというB級グルメがあると聞いていたので、食べて見たかったものだ。
ソース焼きそばに揚げかすを乗せて出し汁をかけたもの。
ひと口食べた感想は、ソースラーメンだね、こりゃ。
意外とボリュームもあり。

P4090268.JPG

客はずっと私1人だった。観光客が来るのが珍しいのか、札幌から来たというと店主は「こんな田舎までわざわざようこそ」から始まって、
「もともとこれ(つゆ焼きそば)は昭和35年くらいにつゆそばってものから始まってね」
「津軽三年食堂で有名になってからうちでも3年前から始めたんだけどね」

よくしゃべる店主だった。

P4090271.JPG

黒石駅から弘前に戻る。
電車は1時間に2本と、ローカル線というよりは都市の電車として機能している。
沿線に観光地もなく電車も観光色はないが、変に観光地化しているところよりこうした生活に根付いた電車のほうが好きだったりする。

P4090280.JPG

弘南鉄道7000系の車内。
車内広告は沿線地元のものが多いが、その中に混じって北海道内の大学の広告も。

P4090279.JPG

東急時代の広告がそのまま残るつり革。

P4090278.JPG

非冷房のため扇風機がついている。
通気口からの外気を扇風機で車内に取り込む仕組み。夏は暑そうだな。

P4090299.JPG

駅間は田んぼが広がり、その向こうには岩木山という長閑な景色。

P4090305.JPG

館田駅で黒石行電車と交換。

P4090306.JPG

札幌の定山渓鉄道も残っていたとしたらこんな感じだったのかと想像してみる。定鉄だったら同系列だから東急の中古電車が入ってきたかも。さすがに北海道じゃ無理かな。

P4090310.JPG

終点弘前着。
電車に乗るのが目的なので、弘前観光もせず青森に戻る。

P4090313.JPG

夕方青森に戻ってきた。
今年度(2010年度)延伸開業予定という東北新幹線を迎え入れるためか、駅前は工事中だった。
新幹線が来るのはここではなく新青森なのだが、青森駅もそれに合わせるためか大改造するようだ。

青森ではビジネスホテルの予約をしており1泊することになる。
この後は知人と会う約束をしている。多分飲みにいくことになるのだろう。金曜日だしね。

明日は三沢まで行き、十和田観光電鉄に乗る予定だ。


posted by pupupukaya at 20/05/07 | Comment(0) | 2010年の旅行記

2010年急行はまなすと青森の私鉄探訪3

2010年4月10日(土)

昨夜は飲み過ぎて二日酔い気味だが、今日の目的は三沢から十和田観光電鉄に乗るだけなので、遅めにチェックアウトした。
10:11発の八戸行普通列車で出発する。

私が前回この私鉄に乗ったのは1996年12月のことだった。
あのときは青春18きっぷを使用して、快速『ミッドナイト』から乗り継いで行ったものだ。

観光と名のつく路線名に観光地を連想するが、名前とは逆に沿線に観光するような所は無いようである。
この電車に乗っても十和田湖には行けない。
もともとこの鉄道は、戦前は馬産地だった十和田から農耕馬や軍馬を輸送するのが目的で開通したもので、戦後は十和田湖観光に取り組むことになり、社名を十和田鉄道から今の十和田観光電鉄に改めた経緯がある。

三沢と十和田市を結ぶ僅か15kmのローカル鉄道だが、電化されているのは立派なことだ。そんな健気な私鉄にもう一度乗りたいとこうしてやって来たわけである。今回の旅行の一番の目的がこの十和田観光電鉄だった。

P4100001.JPG

JR三沢駅の横にある十和田観光電鉄の三沢駅に入ると一気に昭和時代にタイムスリップしたような気になる。
駅前広場が整備されているせいか、場末の飲み屋ビルという気がしないでもない。

P4100146.JPG

反対側から見た駅舎。
青森県の私鉄の駅はJR駅と同居のものが多いが、ここは改札の外も中も別々の駅になっている。

P4100002.JPG

細長く奥行きのある駅舎内は駅そばもあった。これはまた戻ってきたら寄ることにする。

P4100006.JPG

きっぷ売り場。窓口と券売機がある。
券売機が2台もあるので、乗車券はそちらでかと思ったら、窓口の方では硬券を販売していた。

DSCN7273.JPG

窓口で記念に買った乗車券と入場券。

P4100010.JPG

十和田観光電鉄の電車は弘南鉄道と同様の東急からの譲渡車。
弘南鉄道と違うのは、こちらは冷房付き。
大手私鉄から余剰車が来るのは鉄道会社にとっては渡りに船だが、全国どこも同じような電車ばかりになり、旅行者にとってはつまらなくなる。

P4100012.JPG

車体に表示の行先表示。
基本的にこれ以外の区間運転がないためかでネジで固定してある。

P4100015.JPG

土曜日とあってか車内は閑散としていた。
乗客は終点に向かうにつれ若干増えたが、部活動へ行くと思しき高校生ばかりだった。
路線には三農校前、北里大学前、工業高校前と学校の名がつく駅が3つもあるので、普段は通学路線なのだろう。

P4100082.JPG

つり革は東急電車時代のBunkamuraの広告がそのまま。

P4100076.JPG

終点の十和田市駅は1面1線だけの素っ気ないホームだった。
国鉄時代と同じ型の駅名標があるが、字体は微妙に異なるあたりが私鉄っぽい。

P4100063.JPG

線路終端から。
商業施設内に設けられた駅から道路と川を跨いだ跨道橋でホームと結んでいる。
カーブの先に車止めがあるが、昔はこの先に旧駅があったようだが、今は郊外型の広い駐車場に店舗が並ぶショッピングセンターになっている。

P4100067.JPG

道路から見た十和田市駅ホーム。

P4100070.JPG

十和田市駅の駅ビルは以前に来たときはダイエーがあって賑わっていたのだが、今は撤退してしまった。後に新たに入るテナントもなかったようで空きビルになっていた。店舗へつづいていた通路もシャッターでふさがれ無残な姿だ。
1階はバスターミナルになっているので、人が集まるところではあるようだ。1階の立ち食いそば屋も繁盛している。
しかし2階の電車駅は電車が発車してしまうと人がいなくなりひっそりとする。

P4100071.JPG

きっぷ売り場。
三沢駅と同じ型の券売機が2台。

P4100080.JPG

十和田市駅の券売機で買った乗車券。
券売機のボタンは金額ではなく駅名が表示されていて、乗車券の行先も○○円区間ではなく行先の駅名表示となっている。
改札口ではいまだに改札鋏が健在だった。

P4100078.JPG

ワンマン運転用に運賃表示器と運賃箱が設けられた妻面。

P4100098.JPG

七百駅は車両基地も併設された十和田観光電鉄の拠点。ここで十和田市行電車と交換する。
構内には旧形電車と電気機関車が留置されていたが、出番はあるのだろうか。
この鉄道にはかつて元定山渓鉄道の電車が走っていたが、東急電車の中古が譲渡されたときに廃車、解体されたようだ。

P4100125.JPG

小牧温泉の脇を通って三沢駅に着く。

P4100130.JPG

終点三沢着。ここと十和田市駅だけは駅員がいて改札口で集札する。

P4100149.JPG

三沢駅の生そばコーナーで食べたスペシャルそば(390円)。
山菜、天ぷら、玉子入り。

P4100150.JPG


橋上駅のJR三沢駅。
十和田観光電鉄から来ると都会的だが無機質な感じもする。

P4100161.JPG

三沢からは八戸〜大湊間を運航する快速『しもきた』。これで大湊線を往復してから青森に戻ることにする。
真直ぐ青森へ戻っても明るいうちに着いてしまう。
今夜青森発の急行『はまなす』まで、列車に乗って時間をつぶす。
ここから特急を乗り継げば今日のうちには札幌に戻れるのだが、北東パス利用では『はまなす』を待つしかない。

三沢から乗った車内は意外と混んでいて、終点の大湊までずっと立ちっぱなしだった。
網棚には旅行鞄やスーツケースが並んでいたので、下北半島の人にとっては東北新幹線の『はやて』号に接続する便利な列車なのだろう。

P4100175.JPG

終点の大湊駅は堂々とした構えだった。やっぱり旧国鉄の駅は立派だなあ。
大湊から折り返し野辺地行となった列車はがら空きだった。

P4100205.JPG

大湊線からの陸奥湾。
朝の上り『はまなす』からとは反対方向から見る格好となる。
野辺地に着くころにはすっかり暗くなっていた。

P4100214.JPG

18:45に青森に着いて22:10入線の『はまなす』を待つ3時間以上の間どこで何をしていたのか全く覚えていないが、どこかで過ごしてはいたようだ。
上画像は青森駅で発車を待つ『はまなす』。大湊線内からここまで1枚も撮影していなかった。

P4100218.JPG

青森発の『はまなす』自由席も1両あたり10人もいないんじゃないかという程ガラガラだった。
札幌からの青森往復割引きっぷB寝台を利用できるし、それ以外でも510円追加すればドリームカーやカーペットカーにグレードアップできる。わざわざ自由席に乗るのは北東パス所持者か途中までの利用の人くらいだろう。
逆に寝台車は人気のようで、この日も寝台車は増結21号車を含めた3両となっていた。


2010年4月11日(日)

P4110242.JPG

6:07札幌着。
北東パスの有効期間は今日いっぱいまであるが、このまま真直ぐ帰ることにする。

P4110259.JPG

さっぽろ駅から地下鉄に乗る。
この時の真駒内行は3000系電車だった。

〜おわり



2010年春に、旅行記にするつもりで撮ってきた画像。これは私自身がホームページ上に旅行記を作成するモチベーションが失われていた頃で、画像はそのままお蔵入りとなっておりました。
この度のコロナ自粛を受けて、家に籠って書いていたブログ記事の1つとしてできたものです。
しかしこの画像も、10年後に日の目を見ることになろうとは夢にも思わなかった・・・

最後までお読みくださいましてありがとうございました。

posted by pupupukaya at 20/05/08 | Comment(0) | 2010年の旅行記
Powered by さくらのブログ
最近のコメント(ありがとう)
国道230号 定山渓〜中山峠の旧道
 ⇒ こおたん (09/20)
 ⇒ pupupukaya (09/19)
 ⇒ 金属 (09/17)
2019年冬フィンランド旅行記17 帰国と旅のまとめ
 ⇒ pupupukaya (08/30)
 ⇒ のの (08/29)
 ⇒ のの (08/29)
 ⇒ pupupukaya (05/03)
 ⇒ naitya2000 (05/03)
不思議の駅だった張碓駅研究
 ⇒ pupupukaya (07/09)
 ⇒ ちこ (07/09)
 ⇒ pupupukaya (05/06)
 ⇒ 札幌在住50代 (05/05)
定山渓鉄道跡を歩く2015年 9回目
 ⇒ pupupukaya (05/05)
 ⇒ 花パパ (05/05)
2017年インド旅行記16 帰国まで
 ⇒ たかべー (03/19)
 ⇒ PUPUPUKAYA (09/09)
 ⇒ モロッコ行きを目論む男 (09/07)
 ⇒ PUPUPUKAYA (08/16)
 ⇒ 北斗星51号 (08/14)