小別沢トンネル

1013.jpg

札幌市中央区宮の森と西区小別沢を結ぶ「小別沢トンネル」は、いまは立派なトンネルになったが、まえは車一台がやっと通れるほどの狭いトンネルだった。
元は岩剥き出しの素掘りのトンネルだったが、のちにコンクリートを吹き付けて滑らかな凸凹をした陰湿な壁面になった。

トンネル上部から水がポタリポタリとたれていることから、別名「冷水トンネル」とも呼ばれていた。



1014.jpg

心霊スポットとして有名で、戦時中トンネル工事で亡くなった人柱が埋め込まれているなどの噂が立った。
妖しげな坑道のような凹凸を車のヘッドライトが照らして、人柱のような幻想に浮かんで見えたのか、幽霊の出る心霊スポットとなったようだ。

実は昭和初期に小別沢の人たちが掘ったもので、農作物を円山朝市へ運ぶのにたいそう楽になったそうだ。

タクシー運転手がこのルートを嫌ったことから、それが心霊噂話につながったという説もある。

1015.jpg

福井地区の住民が都心方面への抜け道として使っているルートになっているので、朝などは結構な交通量だ。


1016.jpg
posted by pupupukaya at 13/01/05 | 気になる物件

新世界今昔


十年一昔というが、ここ数年でここまで様変わりした街も珍しいのではなかろうか。
大阪は新世界である。

私が新世界という街に足を踏み入れたのは2004年のことだ。
昭和の雰囲気そのままのレトロな街は、ここだけ時が止まったかのような古びたところだった。怪しげなおっさんがいて、道端には座り込んで朝から酒を飲んでるおっさんなど、とにかくデンジャラスな雰囲気だった。

あれから8年後、再び新世界を訪れて驚いた。道は観光客で溢れかえり、廉価な店や居酒屋が並んでいたところは派手な看板を掲げた串かつ屋ばかりになった。

しかし昔ながらの遊び場や映画館など、変わらないものもある。やはりここは大阪で、地元の人たちも観光客と一緒になって楽しんでいるふうもある。


通天閣南本通2004年。
そびえる通天閣を望む通りで、「づぼらや」の張り子がランドマークだった。
1017.jpg


同じく通天閣南本通2004年。づぼらやの前から。
10001.jpg


上の写真とほぼ同じ場所から2013年。
串かつ屋だらけになった。
「半田屋酒店」、派手な看板のかげになったが「喫茶スター」は現在も健在。
DSCN7403.JPG


新世界公園本通2004年。「百均食堂」の看板が見える。衣服、散髪、食事どれもが廉価な労働者の街だったようだ。
1008.jpg


上と同じ場所2013年。サンパツ屋は700円に値下げしたようだ。
「づぼらや」の張り子も派手な看板に埋もれて目立たなくなった。
DSCN7402.JPG

角地で渋いオーラを漂わせていた「日吉食堂」2004年。
現在は派手な串かつ屋になっている。
1003.jpg

リヤカーに見事に積み上げた段ボール2004年。
1006.jpg

ここのドラッグストアーは今も健在。2004年。
1005.jpg

新世界国際劇場。2004年。
1004.jpg

朝日劇場2004年。
1002.jpg

朝日劇場2013年。ここは変わっていない。
DSCN7423.JPG
タグ:大阪
posted by pupupukaya at 13/01/06 | Comment(0) | 気になる物件

なんぽくせん(南北線)を探しに

たまに利用する地下鉄南北線。
何て読むのかは当然「なんぼくせん」。

しかし開業からしばらくは「なんぽくせん」と呼ぶのが正式だったそうな。

それを知ってからは地下鉄に乗るたび、駅の案内表示をみて「Nan-Poku」の文字を探したが、ことごとく看板はかけ替えられて「Nanboku」の文字しか見当たらない。

ガセネタだったのかなと思いかけると思わぬところに「Nan-Poku」の文字が・・・

DSCN5681.JPG

DSCN5682.JPG
札幌市交通資料館の地下鉄1000系展示車両の説明看板に「Nan-Poku」の表示があった。
タグ:札幌 鉄道
posted by pupupukaya at 13/01/25 | Comment(0) | 気になる物件

2013年10月千歳インディアン水車と謎の線路

千歳のインディアン水車は千歳駅からも近いところにあって、道の駅も併設されている。
水車自体はサケの増殖用の捕獲施設ということになっていて観光施設ではないが、毎年秋になると大勢の見物人が訪れる。

DSCN9981.JPG
インディアン水車では毎年恒例サケの捕獲作業が行われていた。

DSCN9987.JPG
水車のカゴが遡上するサケを捕獲して生け簀へ落とされる仕組みになっている。

DSCN9988.JPG
生け簀から網でサケが水揚げされる。よくまあ次から次と大量に揚がるものだと感心する。
見物人の中には、見世物だからどうせ中で循環してるんじゃね。と悪口を言う人もいたが。

DSCN9999.JPG
水揚げされたサケは職員の手で素早くオスメスに仕分けられる。

DSCN0011.JPG
仕分けたサケはまた網ですくわれてトラックの生け簀に積まれる。

DSCN0020.JPG
トラックに乗ったサケはどこかへ運ばれていった。


DSCN0001-001.JPG
一方水車とは反対側に線路があって何に使うのか不思議に思っていた。

DSCN0009.JPG
路面電車の線路のように舗装面に埋め込まれている。

DSCN0012.JPG
ポイントもあってちゃんと動くようだ。

DSCN0014.JPG
ポイント分岐の一方はすぐに途切れている。

DSCN0016.JPG
線路は坂を登ったところの小屋に入って行って終わる。
タグ:鉄道 千歳
posted by pupupukaya at 13/10/30 | Comment(0) | 気になる物件

函館名物ハセガワストアについて

ハセガワストアといえば『やきとり弁当』で、すっかり函館名物にもなった。
私も大好きで、函館の方に行くと必ずといっていいほど立ち寄るのだった。

DSCN4491.JPG
表から見たハセガワストア。

一歩店内に入ると、焼き鳥の匂いが充満している。
やきとりを焼いているカウンターがあるので、そこに置いてある注文用紙に書き込んで中の店員さんに渡す。注文を受けてから焼き始めるシステムだ。ほかに客がいなくても予約の分を先にやっていたりするのでかなり待たされることも多い。

注文を受けると番号の紙が渡される。待っている間にほかに買いたいものを探したり、雑誌でも立ち読みしていればよい。惣菜コーナーの品数も豊富で、見ているだけでも楽しい。

程なく、レジから自分の番号で呼ばれる。そのときにほかの商品も一緒にレジへ持って行き、やきとり弁当と合わせて代金を支払う。
紅生姜はいるか?と尋ねられるが無料なので嫌いでなければもらっておけばよい。

店内にイートインコーナーがあったりもするが、私は車の中に持ち帰って車内で食べる。

DSCN4477.JPG
やきとり弁当中 565円。

DSCN3853.JPG

フタのデザイン。ブタさんがウチワをもってやきとりを焼いているイラスト。公式HPによると『豚ちゃん』というようだ。

PICT0182.JPG
こちらは根室のタイエーのもの。どこが違うでしょうか。

DSCN4480-001.JPG
中は串3本と野菜串が1本入っている。味付はたれ、塩だれ、塩があってこれはたれ。

このやきとり弁当、実は食べ方があって、きちんと作法に乗っ取って食べなければならない。

DSCN4483.JPG

弁当箱の縁にくぼみがあるので、そこへ串を乗せる。

DSCN4486.JPG

フタをかぶせて押さえながら串を引き抜く。串を回転させながら引き抜くのがコツ。

DSCN4489.JPG

バラバラにほぐれて食べやすくなった。

やきとり弁当を食べていると何か物足りない。そう、ビールが飲みたくなるのだ。
いつも車で行って、車の中で食べることばかりなのでビールが飲めない。

函館市内のホテルに宿泊するときも、ハセガワストアはわりと郊外にあって、残念ながら手に入らない。ホテルに着いてから車でわざわざ買い出しに行く気にもならないし。

こんど新幹線の新函館北斗駅が開業するが、新しい駅の中にハセガワストアが出店すればいいのにと思う。
新幹線開業後の時刻表を見たが、『はこだてライナー』や特急『北斗』との接続は良いとは言えず、乗り継ぎ時間でやきとり弁当を作ってもらう時間はありそうだ。

新しい新幹線でやきとり弁当を食べながらビールを飲むなんて、しゃれてるね。
もっともそうなると皆がやきとり弁当を新幹線に持ち込んで、車内が焼き鳥屋みたいな匂いが充満したりして。

DSCN4505.JPG
2016年3月26日に開業する新函館北斗駅。
posted by pupupukaya at 16/03/05 | Comment(2) | 気になる物件
Powered by さくらのブログ