2006年寝台特急北斗星旅行記1

■札幌19:27発「北斗星4号」上野まで

2006年11月、3連休の前日木曜日、会社が終わるとすぐに自宅に戻り、旅支度をして札幌駅に向かう。駅に着いたのは19時過ぎ。北斗星4号の発車時刻は19時27分である。キヨスクでビールやお茶などを買い込んで急いで改札を通る。

DSC06024.JPG
 混雑する西改札口に『北斗星4号』の表示が出た。

5番線ホームには青い車体を連ねた「北斗星」号がすでに入線していた。すでに夕方ラッシュも過ぎた時刻だが、ホーム向かい側の6番線は空港行快速「エアポート」が発着して慌ただしい。

使用する切符は、「札幌・東京フリーきっぷ」と言い、値段は2万9500円。札幌から東京までの往復きっぷと、首都圏のJR線が自由に乗れるフリーきっぷをセットにした券である。

DSC06022.JPG
 今回の旅行で使用した『札幌・東京フリーきっぷ』。

往復は北斗星のB寝台か、東北新幹線が利用できる。B寝台オンリーで個室は利用できない(別に寝台券・特急券を購入すれば可)。飛行機でも安いのは同じくらいの値段で往復できるので、使い勝手の微妙なきっぷではある。

同じようなきっぷに、東京方面から北海道への「ぐるり北海道フリーきっぷ」というのがあって、こっちは個室B寝台も利用できるので少し不公平じゃないかと思う。

DSC06033.JPG
 特急北斗星・上野行の表示。

DSC06025.JPG
 北斗星出発前の札幌駅ホーム。

DSC06030.JPG
 食堂車も準備万端。19:45からの営業開始を待つ。

ホームの立売で駅弁を買って車内に入る。指定された寝台は5号車4番下段。寝台は最初からセットされている。向かいの下段の人は発車前からもうすでにカーテンを閉めてしまっている。カーテンを開けて寝台に座ると狭いし薄暗い。まだ横になる時間でもないし、しばらくここに座っていよう。とりあえずビールと駅弁を開ける。発車直前になって、上段の人が一人やってきた。

DSC06034.JPG
 入線時からすでに寝台がセットされている。

いつの間にか発車時刻になっていて、列車は静かに動き出していた。ここまで随分とバタバタしていたが、車内は静寂そのもの。
上段の男性客が、どうしたもんかという感じでいたので、下段の通路側に「ここにどうぞ座ってください」とすすめた。まだ19時半過ぎで横になるつもりもない。
上段の人にどちらまでと聞くと、郡山まで行くという。仕事で札幌に来て、他の人は明日飛行機で帰るのだが、自分はこの寝台列車で帰ることにしたと言う。

DSC06042.JPG
 流れる夜景を見ながら缶ビールで乾杯。

上段の人がベッドに上がり、こちらは隣の車両6号車のロビーカーへ行ってみる。ロビーカーは駅弁や酒を持ち込んだグループ客があちこち占拠して大盛況。ロビーカーの客層だけ見ていると、定年退職した夫婦のツアー客が多い。と言うかほとんどが東京方面からの年配の人たちで占めて、あとは子供連れの家族など。
ロビーの隅っこの席が1つ開いていたのでそこに座る。B寝台よりこっちの方が居心地が良い。


21時過ぎ、東室蘭を発車してしばらくしたあたりで、食堂車から「パブタイム」を開始するとアナウンスがある。ロビーカーにいた人たちも何組か食堂車の方に移って行ったので、少し静かになった。

混んでいたらやめようかなと食堂車を覗いてみると、空きテーブルがいくつかあったので入る。メニューは、
ビーフシチューセット 2500円
イタリアンハンバーグセット 2000円
など。他はチーズやソーセージなどのおつまみ。

DSC06049.JPG
 パブタイムの食堂車『グランシャリオ』。

DSC06067.JPG
 パブタイムのメニューその1。

DSC06068.JPG
 パブタイムのメニューその2。

DSC06069.JPG
 パブタイムのメニューその3。


何にしようかといろいろ迷ったが、ミックスピザとボトルのハウスワイン赤にした。
まず、ワインが来る。

DSC06056.JPG
 ガラスのスタンドと赤ワインがいい感じ。

テーブルの窓際にはガラス製のスタンドと花が飾られていて、窓ガラスに映る車内や、遠くを流れて行く灯かりをぼんやり眺めながら一人ワイングラスを傾ける。

やがてミックスピザが出来上がる。ピザは想像してたより大きくて、熱々のチーズとソースがたっぷりと載っている。一人で食べるには多いかもしれない。ワイン飲みながら、とろけ出すチーズとの格闘になる。

DSC06058.JPG
 チーズがたっぷり載った『ミックスピザ』。

斜め向かいのテーブルには、夫婦と中学生くらいの娘2人の4人家族がいて、鉄道好きらしいお父さんが、娘たちに『鉄道知識』を盛んに披露している。

このお父さん、さっきロビーカーで呑んでいた時からすっかり出来あがっていて、北斗星に乗れたのがよっぽど嬉しいのか、さらにワインをボトルで追加したりする。お母さんはいささか呆れた様子。しかし、娘たちはそんなお父さんの鉄道話を感心しながら聞いているのであった。いい家族だなぁ。

DSC06063.JPG
 車内が映った食堂車の窓。

パブタイムの客は、時たまフラリと現れてはドリンク一杯とおつまみで引きあげる人がほとんど。22時過ぎには自分一人だけになってしまった。
新たな客も来ないままラストオーダーになった22:30ごろ、自分の寝台に戻る。

DSC06103.JPG
 狭いけどシーツを敷けば一晩の我が家。

朝起きたのは6時ごろ。窓の外を見ると濃い霧の中を走っている。今は東北の一ノ関と仙台の間あたりである。

DSC06154.JPG
 朝を迎えたB寝台車。

着替えてロビーカーに行くと、すでに席が結構埋まっている。やはり年配の人ばかり。
話の内容から、6時半からの食堂車の開始を待ってるらしい。朝食は和定食と洋定食があるのだが、和定食は10食限定ですぐに売り切れてしまうことが多い。それを聞きつけたのか何が何でも和定食を食べなければならぬとばかりの意気込みの人もいて、まだかまだかと待ち構えている。

たかが朝食のことでそんなにガツガツしなくてもと思うが、この競争心こそが日本の経済を支えてきたのだろう。俺みたいに若いのはすぐに競争から降りてしまうので、日本の将来は暗い…?

DSC06131.JPG
 朝日が列車と一緒に走る。

6時半ごろ、「間もなく左側の車窓に松島がみえてまいります」と案内放送がある。仙台の少し手前でほんの少しだけ海が見える区間があって、そこがちょうど松島海岸なのである。
また自分の寝台に戻って横になる。

DSC06145.JPG
 朝日が映える松島海岸。

8時過ぎ、食堂車に行く。客はもう一組だけ。和定食は完売したと言うので洋定食を注文する。洋定食はジュースが付くので、オレンジかグレープフルーツかトマトジュースか聞かれ、トマトジュースにする。食後はコーヒーと紅茶ではコーヒーにする。

DSC06166.JPG
 朝の明るい食堂車グランシャリオ。

DSC06177.JPG
 流れる車窓を見ながら過ごす。

DSC06165.JPG
 同じ食堂車だが、昨夜とは違う印象。

最初に出てきたのはトマトジュースと野菜サラダとフルーツ。最初にフルーツとは変わっている。サラダを食べているとメインディッシュとパンとヨーグルトが来た。メインはスクランブルエッグとハム1枚・ソーセージ2本それにフライドポテト。パンはライ麦パンとバターロール。パンがおいしい。

外の景色を眺めながらゆったりした朝食を楽しむ。贅沢な旅だ。最後にコーヒーを飲んで、お会計は1600円。高いとは思わない。

DSC06170.JPG
 食堂車で食べる洋定食。

B寝台に戻ると、同じボックスだった人は郡山でみんな降りたらしく、だれもいなかった。北斗星4号は上野着が11時過ぎなので、途中駅で降りる人が多い。他のボックスも空席が目立つようになってきた。
そんなわけで上野までの3時間近くは、ほぼ個室状態でゆったりと過ごせた。

DSC06267.JPG
 広くて明るいロビーカー。

DSC06211.JPG
 貫通路にあった北斗星のテールマーク。

大宮を過ぎると、京浜東北線の駅を次々と通過、外の世界の1日はとっくに始まっており、どの駅も大勢の人が立っている。
11時19分、列車は上野駅に到着した。

DSC06295.JPG
 上野が近くなると近郊の電車駅を次々に通過する。

DSC06297.JPG
 荒川の鉄橋を渡ると間もなく終点上野。

DSC06301.JPG
 札幌から16時間走り続けて上野駅に到着。

DSC06307.JPG
 東北本線を牽いてきた機関車『EF81』。

上野駅はもう昼近い時刻。途中駅で降りた人の方が多かったようで、列車から降りた人も少なく、13番線だけは時が止まったようなホームだった。

(旅行日 2006/11/3)

posted by pupupukaya at 16/11/23 | Comment(0) | 2006年北斗星旅行記(リメイク版)

2006年寝台特急北斗星旅行記2

■■上野16:50発「北斗星1号」札幌まで

16時28分上野駅13番線。北斗星1号がゆっくりとバック運転で入ってくる。ホームには北斗星で札幌に向かう人たちが入ってくる列車にカメラを向けている。
これから北海道旅行に出発というような人たちが多く、また、わりかし若い人が多いので発車前のホームは明るい雰囲気である。

北斗星1・2号はB個室主体のJR北海道持ちの編成で、開放型B寝台は2両しか付いていない。

今回していされた寝台は1号車。ホームの一番先頭の車両である。13番線には売店が無いみたいなので、途中の階段を登ってコンコースの売店でビールやら駅弁やらを買い込む。

DSC06530.JPG
 大勢の乗客が見守る中、北斗星1号はゆっくり入線してきた。

DSC06533.JPG
 『カシオペア』に一番の座は譲ったが、今でも上野駅13番線の花形に変わりない。

DSC06536.JPG
 バック運転なので慎重に停止位置に合わせる。

DSC06538.JPG
 みんなカメラを向ける北斗星。楽しい北海道への出発の一コマ。

DSC06539.JPG
 北斗星1号札幌行の表示。

DSC06540.JPG
 車両の行先表示幕。『札幌』の表示も誇らしく。

1号車B寝台はホームの一番端に停まっている。車内に入ると、ヨーロッパの昔の列車のようなコンパートメントが並んでいる。

このB寝台は「Bコンパート」とも呼ばれ、各ボックスには扉と暗証番号式のロックが付いている。普段は扉は全開のままロックされているが、ボックスを4人グループで使用するときは、車掌に頼めば4人用個室として使わせてくれる。家族連れなんかに良いかもしれない。扉を閉めて個室にしているボックスもあった。

もちろん通常の解放B寝台としても使用される。その場合当然相部屋となる。

DSC06554.JPG
 1・2号のB寝台は簡易コンパートになっている。

DSC06543.JPG
 各寝台には引戸のドアが付いている。

車内に入ると同じボックスにはすでに先客がいた。「どうもお世話になります」と一声かける。やっぱりこういう一声が大事だな。最近は車内で知らない人と話するようなこともまず無くなったもんな。

向かいの下段のおじさんは札幌の人で、大学の同窓会だかで東京に出てきたそうだ。自分と同じく、「札幌・東京フリーきっぷ」を持っている。行きは「スーパー北斗」、「スーパー白鳥」、東北新幹線「はやて」を乗り継いできたと言うからかなりの好きモノと思われる。

1号車B寝台は、上野発車時点はがら空きで、まだ人のいないボックスもいくつかある。まだ夕方5時前、途中駅から乗ってくるのだろう。

DSC06550.JPG
 Bコンパートと言っても普通のB寝台と変わらない。

DSC06584.JPG
 上野駅で買った横浜のシウマイ弁当。

DSC06602.JPG
 暗証番号キーも備わっている。使うのは個室貸切のグループ客の場合だろう。

DSC06604.JPG
 個室の号車番号はデジタル表示。

DSC06552.JPG
 最前部の1号車デッキから機関車が見える。

1時間くらいして、6号車のロビーカーへ行ってみる。この車両は半室のみのロビー室なので非常にコンパクト。10人入れば満員になってしまう。それでも、乗客の多くは個室に引きこもっているのか、このロビー室は常に4〜5人が利用しているだけだった。

DSC06607.JPG
 コンパクトなロビー室。

20時30分になり、食堂車からパブタイムの放送がある。早速食堂車へ。木目調でステンドグラスがはめ込まれた扉は重そうに見える。
木目調の壁やステンドグラスが重厚である。それらを各テーブルの赤いスタンドが妖しく照らす。レストランというよりもキャバレーと言う感じがしないでもない。
今はパブタイムなのでこの方が良いのかもしれない。

レジ前のテーブル1卓は菓子や北斗星グッズなどが並ぶ。売店も兼ねているようだが、ワゴン販売もあるのでわざわざ食堂車まで買いに来る人はいなかった。
混んできたら品物を片づけてテーブルにするのだろうが、空きテーブルばかりの今日ではその必要はなさそうだ。

DSC06630.JPG
 北斗星1号の食堂車は重厚なデザインのJR北海道車。

DSC06626.JPG
 食堂車では売店もやっている。

DSC06624.JPG
 赤い照明と夜景がさらに重厚さを引き立てる。

メニューは行きの4号と全く同じであった。今度は「牛タンスモーク」と「ハウスワイン」の白にした。

牛タンスモークには生野菜と白髪ネギがトッピングされている。しかしこの牛タンは真空パックから出したばかりですと言わんばかりに全部ひっついて固まりになっている。せめて真空パックだと分からないように全部バラして盛り付けてほしかった・・・

食堂車のお客は少なく、また、ドリンク1杯で引きあげる客ばかりなので淋しい。食堂車のクルーたちも手持ち無沙汰に見える。ワゴンの車内販売が戻ってくるが、個室ばかりなのであまり売れないだろう。

DSC06610.JPG
 牛タンスモークと白ワイン。

DSC06618.JPG
 何となくキャバレーのようにも思えたり・・・。

DSC06694.JPG
 ステンドグラスの配された食堂車入口。

空いているのですっかり長居した。ワインも1本開いたので、仙台を出てしばらくしたあたりで1号車の寝台に戻る。いつの間にか上段寝台のカーテンも閉まっていた。

通路の腰かけで上野駅で買った生ぬるいビールをまた飲んでいると、北斗星グッズの車内販売が来る。せっかくだから「星のチョコサンド」というのをお土産に1つ買った。北斗星マークが描かれた紙袋に入っていて1袋620円。

列車は東北本線を北海道へ向かってひたすら北上。
ビールを全部飲んで寝台に横になると、背中が揺さぶられるようによく揺れる。旅の疲れと酒のせいですぐに眠りにつく。

DSC06658.JPG
 最後部の窓から見る景色。

いつの間にか青函トンネルも函館も過ぎていて、朝起きたら長万部の手前あたりを走っている。1号車の最後部デッキからは函館で向きが変わったので展望車のような景色が眺められる。人の手というものをほとんど感じさせない荒涼とした風景が続く。

DSC06685.JPG
 運よく食べられた和定食。

6時50分頃食堂車に行く。覗いてみると空きテーブルがあったので中に入って席に着く。和定食がまだあったので和定食にした。行きの4号のは開店即完売だったようだが、こっちは余裕がある。連休明けの月曜日だからかもしれない。

やがて運ばれてきた和定食は、重箱におかずとご飯が詰められた幕の内弁当風。味噌汁とお茶が付く。おかずは、切干大根の煮付け、里芋・レンコン・ガンモなど煮物、ホタテ、フルーツ、マカロニサラダ、卵焼き、蒲鉾、それに塩鮭の焼いたのがドンと入る。朝からたいしたボリュームで、感心してしまった。

DSC06681.JPG
 内浦湾の海を見ながらの朝食。

DSC06689.JPG
 食後のコーヒー。

洞爺の手前あたりから列車は内浦湾の海岸沿いを走る。車窓から海を眺めながらの食事は気持ちがいい。晴れていれば、対岸に駒ケ岳も見えるのだろうが、今朝はあいにく曇っていて、何となく暗い海面が広がっている。
食後はコーヒーが出る。今日はすいているので、のんびりと食堂車の雰囲気を楽しんだ。

DSC06695.JPG
 ロビー車の半分はB個室になっている。

札幌が近くなると、雨が降り出した。今冬は雪は多いのかねえ、などという話を向かいのおじさんとする。

北広島、新札幌と通過。列車は札幌市内に入る。雨はますます強くなって来た。毎度のことだが、豊平川を渡ると札幌に帰ってきたと思う。

9時18分、定刻に列車は札幌駅に到着した。

DSC06700.JPG
 上野から16時間28分かけて札幌に到着。お疲れ様でした。

上野から16時間28分の北斗星1号の旅もこれで終わり。
私は家へ帰るが、乗客の多くはこれから道内各地へ向かうようで楽しそうだ。

列車を降りても昼くらいまで地面が揺れているような感覚が抜けなかった。

(旅行日2006/11/5)
posted by pupupukaya at 16/11/26 | Comment(0) | 2006年北斗星旅行記(リメイク版)

2006年寝台特急北斗星旅行記 おまけ

■■■これが開放型B寝台だ。

食堂車のフランス料理や豪華個室寝台が話題となった「北斗星」号。一時期ほどの人気は薄れたものの、定期列車では国内唯一となった食堂車は「北斗星」では健在ですし、個室でのんびりと鉄道の旅を楽しむのはまだまだ魅力があります。

個室寝台の乗車記は雑誌やインターネット等で取り上げられる機会も多いのですが、編成の主体であるB寝台車については今までほとんど取り上げられてはきませんでした。
そこで、ここでは開放型B寝台の車内設備を画像で紹介したいと思います。

北斗星の客車は24系25型と呼ばれ、製造されたのはまだ国鉄時代である1970年代でした。通路にじゅうたんが敷かれたり、洗面所も新しく交換されたりなど、あちこちリニューアルされていますが、車内随所に昭和時代の面影をのこしていたりします。

DSC06214.JPG
 デッキから見た客室入口。

DSC06275.JPG
 B寝台車の通路。

DSC06203.JPG
 寝具を片付けた状態。

DSC06285.JPG
 日中は座席として使用することも出来る。

DSC06282.JPG
 下段寝台の安全サク。

DSC06280.JPG
 安全サクの使い方。

DSC06216.JPG
 上段寝台には転落防止用のロープがある。

DSC06281.JPG
 座席下に収納してある踏み台。改造前の車番が・・・。

DSC06236.JPG
 JNR(国鉄)マークの入った灰皿。

DSC06234.JPG
 テーブルの下にあるセンヌキ。そういえば今は家庭でセンヌキなどほとんど使わなくなったなぁ・・・

DSC06228.JPG
 通路側にある肘掛の折りたたみテーブル。

DSC06217.JPG
 通路の窓上に設置している鏡。

DSC06195.JPG
 通路の折りたたみ式腰かけ。

DSC06103.JPG
 ベッドメイクするとこんな感じ。少々狭いが寝心地は悪くはない。

DSC06104.JPG
 枕元には照明もあるので本くらいは読める。

この客車も製造からすでに30年以上経っているものもあり、もうそろそろ引退の時期です。いつの間にか全国の寝台列車も数えるほどに減ってしまいました。
「カシオペヤ」や「サンライズ」のように専用の車両を新製して、新しい寝台列車として再生した列車もありますが、この「北斗星」はどうなって行くのでしょうか。
長いこと寝台車の標準だったこの「開放型B寝台」に乗れるのも、あとわずかかもしれません。

posted by pupupukaya at 16/11/26 | Comment(0) | 2006年北斗星旅行記(リメイク版)
Powered by さくらのブログ