2012年11月稚内旅行記5 おやど天翔


札幌から稚内までは車で6時間以上かかり、日帰りはさすがに難しい。
安宿を探したが稚内のホテルは料金が高めで、朝食付きで4000円程度のホテルを探したが見つからなかった。

料金が一番安くて、予約サイトでの口コミも良かったのでここ「おやど天翔」に決めた。
列車で稚内に着いたら少々不便な所だが、車ならば温泉がある稚内副港市場の向かいと言うこともあって上々の立地だ。

DSCN6541.jpg

玄関から中に入るとおかみさんが出てきた。すぐに部屋へと案内してくれる。
部屋で鍵を渡されて、出入りは自由、鍵は持って外に出ても良いという。宿帳も無し。
朝食を7時にお願いすると、ではどうぞごゆっくりとすぐに出て行った。

ずいぶんあっさりだが、インターネット予約なのでこちらの身元は分かっているだろうし、宿代もクレジット決済で済んでいるので面倒がなくて良い。ちなみに料金は4800円。宿泊サイトのポイントを使ったので実際の支払いは4000円である。


部屋もだけど全体的に清潔感あって明るい。仕事で地方の民宿などに泊まることが多かったが、ここはすごく良い。頑張ってるな〜という印象だった。


おかみさんが出てきて禁煙部屋と言うことで案内された8畳部屋。
通された部屋は一番奥の特別室のような8畳間だった。床の間があって冷蔵庫も部屋内に設置。
DSCN6479.jpg



有線LANもある。青い方は持参したケーブル。
DSCN6563.jpg



廊下には各部屋の冷蔵庫が並び、マッサージチェアも置いてある。テーブルの上のお盆にはお菓子が置いてあり自由に食べても良いようだ。
ポットのコーナーにはインスタントコーヒーや湯飲み、グラスも置いてあって、こちらも自由に使える。
DSCN6482.jpg

マンガコーナーとマッサージチェア。
全体的に清潔で、女性でも安心だろう。長期滞在に良いかもしれない。
DSCN6480.jpg



1階の階段の踊り場下のスペースの飾り。
DSCN6523.jpg

翌朝、部屋の窓からの風景。奥の建物は稚内副港市場。
DSCN6561.jpg

1階の食堂。朝食は7時から。自分のともう一人分朝食の準備がしてあった。
DSCN6550.jpg

朝から豪勢な朝食。イクラの小鉢が付く。どのおかずも手作りで温かい。納豆もある。
DSCN6557.jpg

ご飯はお櫃に入っている。普通は電気ジャーに入っていて自分で取りに行く所ばかりだがここは丁寧だ。
量もたっぷりある。
DSCN6556.jpg


チェックアウトは食堂でおかみさんに鍵を返すだけでアッサリ。
お世話になりました。
DSCN6566.jpg

8時ごろに宿を出て車で稚内駅へと向かった。あらためて新しくなった駅を見物する。

6へつづく


posted by pupupukaya at 12/11/18 | 2012年その他旅行記
最近の記事
Powered by さくらのブログ