2014年冬 網走旅行記3

2日目その2

DSCN0321.JPG
凍りついたウトロ港。

DSCN0319.JPG
波音も凍りつき雪だけが深々と降る漁港。

DSCN0328.JPG
アムール川からやってきたという神様を奉納した流氷神社の雪像。

DSCN0329.JPG
日本酒を流氷で囲って熟成中の男山「流氷囲い」。

DSCN0337.JPG
来るときは遠ざかっていた流氷もまた接岸し始めた。

DSCN0355.JPG
知床斜里駅に寄ってみる。

DSCN0357.JPG
12:40発網走行きは運休になっていた。駅にいた乗客は網走から特急に乗り継ぐ数人だけ。今日は地元の人は外出を控えているようだった。

DSCN0378.JPG
北浜駅は観光バスや旅行者の車が停まっていた。

DSCN0379.JPG
国道沿いの高台にある鱒浦駅。ここも木造駅舎だが、他の駅のようにレストランや喫茶店の併設にはならなかった。

DSCN0380.JPG
ホーローの駅名看板が掲げられた駅入口。


DSCN0382.JPG
鱒浦駅ホーム。きれいに雪かきはされている。

DSCN0383.JPG
ホーム側からの駅舎。

DSCN0381.JPG
殺風景な駅舎内。他の駅と違って大改造が施されていない分、状態は良い。

DSCN0513.JPG
道の駅流氷街道網走。観光砕氷船おーろら号はここから発着する。

ウトロから網走まで戻ってきたのが14時少し前。道の駅流氷街道網走に行くとちょうど流氷観光船おーろら号が出航を待っているところだった。
チケット売り場で14時発の便にまだ乗れるかと訊くと大丈夫だという。ただ、流氷密集のため港内のみの運航とのこと。
乗りますか?と言われたのでチケットを買って乗ってしまった。

DSCN0394.JPG
おーろら号発着場は網走川河口にあるが、ここからすでに氷がプカプカ浮いていた。

DSCN0480.JPG
船内のコーヒーショップ。コーヒーのほかに流氷ビールなどもある。

DSCN0424.JPG
港内を埋め尽くした流氷。

DSCN0414.JPG
砕氷船は船首を氷に乗り上げて船の重みで氷を割りながら進む仕組み。

DSCN0411-001.JPG
大きな氷でも平気で割って進む。

DSCN0445.JPG
港内だけの運航だが日の丸をはためかせて運航する。

DSCN0460.JPG
一番上の展望デッキ。寒い。

DSCN0504.JPG
船首の着岸作業。

船は50分ほどで道の駅まで戻ってきた。港内を1周しただけだが、流氷を見るのならこれでも満足だ。

DSCN0514.JPG
網走監獄入口の鏡橋。

次に行ったのが博物館網走監獄。前に花輪和一著「刑務所の中」を読んで刑務所に興味を持っていた。今回の旅行で行ってみたかった所の一つだ。
自分自身が本物を体験するというのも手だが、そうすると後々の人生が面倒なので・・・

DSCN0666.JPG
現在の網走刑務所の正門と同じ形を再現したレンガ造りの正門。門前に看守と五寸釘寅吉の人形が立つ。

DSCN0537.JPG
小屋の中で布団にくるまった囚人たち。人形の表情が生々しい。

昨日通ってきた北見峠は、今は高規格道路になったが元は明治時代に囚人たちが開削した道路だった。小屋に寝泊まりして朝から晩まで酷使され、人柱にもなった囚人は、明治政府に背いた人たちが流されてきたという。

DSCN0545.JPG
小屋で食事中の囚人たち。

DSCN0556.JPG
手錠をかけられ鎖でつながれた人形。

DSCN0586.JPG
舎房の廊下。

DSCN0622.JPG
雑居房の風景。

DSCN0621.JPG
この房は和気あいあいと食事中。

1日中雪は止むことなく降っていたが、行きたかった所へ行けたし充実した1日だった。

明日は朝出発して札幌に帰るはずだったのだが・・・






posted by pupupukaya at 00:00 | Comment(0) | 2014年その他旅行記