2016年白夜・北欧旅行記もくじ&旅のまとめ

2016年白夜・北欧旅行記のもくじ旅のまとめです。

・・・もくじ・・・

はじめに
出発まで

5月26日(木)
札幌を出発し、成田空港〜ヘルシンキ空港経由でヨーテボリまで。
1 札幌〜成田〜ヘルシンキ
2 ヘルシンキ〜ヨーテボリ

5月27日(金)
ヨーテボリ見物、夕刻にSJナイトトレインに乗車する。
3 ヨーテボリ
4 SJナイトトレイン

5月28日(土)
SJナイトトレイン2日目、ボーデンで乗換えていよいよ北極圏のナルビクへ。
5 SJナイトトレイン2日目
6 北極圏の鉄道、ナルビクまで

5月29日(日)
ナルビクを歩く
7 ナルビクその1
8 ナルビクその2

5月30日(月)
バスでロフォーテンへ
9 ロフォーテン諸島
10 スボルベル

5月31日(火)
ノルウェーをひたすら南下、オスロまで
11 北極圏の船旅
12 ノルウェーの車窓から
        
6月1日(水)
オスロ市内を観光
13 オスロを歩く その1
14 オスロを歩く その2

6月2日(木)・6月3日(金)
旅を終え、帰国へ
15 オスロを後に
16 終章

番外
>北欧行きの航空券を買ってしまった件


・・・旅のまとめ・・・

◆かかった費用
費目日本円
飛行機代98,850
現地交通費36,700
ホテル代(5泊)47,363
市内観光代4,413
食費21,921
土産代5,213
その他2,653
スウェーデンクローネ200Kr2,347
ノルウェークローネ400Kr5,566
合計225,026
 ※費用には出国までと帰国してからの交通費や飲食代は含まない。
 ※1NOK=約¥13.6、1SEK=約¥13.6、クレジット決済の平均。
 ※現金支払いのものは両替額の中に含んでいます。

物価の高い北欧の割には意外と旅費が低く収まりました。これはヨーロッパ旅行では2012年のチェコ旅行に次ぐ低さになります。
今回は旅行往復の飛行機代が安かったこと、現地の鉄道チケットが安買ったことが要因となりました。あと、食費をケチっていたこともあります。

ホテルについて
北欧のホテルは高くて、時期にもよるのだろうが普通にバストイレ付の部屋を探すとどこも1泊1万円以上になります。
バストイレ共同のホテルだと日本のビジネスホテル並みの値段で泊まれるようです。ヨーテボリとオスロではそのようなホテルに泊まりましたが、周辺の治安もよく、多少の不便はあっても快適に過ごせました。

鉄道のチケットについて
今回はかなり前から計画していたこともあって、チケットも2か月以上前に購入していました。早めに購入すると驚くほど安くなります。ただしキャンセルや変更はできません。現地で急遽予定が変更になることを考慮して購入する必要もありそうです。

食事について
外食は高いです。ちょっとしたランチでも日本の感覚で千円札が何枚も飛んでいきます。お酒はもっと高く、ビール1杯千円以上!
食料やお酒をスーパーで調達すれば安く上がりますが、旅行中の食事がそればっかりだと少々さびしいでしょう。
私も、もう少しレストランやカフェに入って食事すればよかったとあとで後悔しています。

たばこについて
私は吸わないので関係ありませんが、高いようです。ていうか、売っている所をひとつも見かけませんでした。
あと、歩きたばこと道端に吸殻がやたらと落ちているのは北欧の意外な一面を見た気がしました。
それにしても北欧の人はどこでたばこを買うのだろう。

治安について
海外旅行で街を歩き回っていると、1箇所くらいは「ここヤバい」という所があるものですが、そういう場所は無かった気がします。裏通りに入っても明るい街並み、とにかく平和だなという印象でした。
よく見かけたのは物乞い。彼らはスーパーやショッピングセンターの入口には必ずいます。これも福祉大国の意外な一面でした。
暗くなればダークな面も出てくるのでしょうかね。てか、夏はなかなか暗くならないし。

北極圏へいくならどっち?白夜VSオーロラ
白夜は一晩中暗くならない現象なので、時期さえ選べば確実に体験できます。
オーロラは毎晩現われるとは限らなく、しかも雲が無い時でないと見ることができません。行けば確実にみられるというわけではないようです。でも見られたら感動ものでしょうね。1日じゅう日が昇らない極夜というのも経験してみたい気もします。
白夜のためだけに、わざわざもう一度北極圏に行こうという気にはならないのが正直なところであります。

旅行の予約に使用したサイト

旅行の計画に使用したサイト

その他参考に使用したサイト

その他各種個人HP・ブログも参照させていただきました。

 ■2016年白夜・北欧旅行のルート
map1.png
posted by pupupukaya at 16/06/18 | Comment(0) | 2016年白夜・北欧旅行記
最近の記事
Powered by さくらのブログ