最盛期の札幌市電ダイヤ

西4丁目〜すすきの間が延伸され、環状運転されることが決まった札幌市電。

現在は延長8.5キロの1系統のみだが、大幅路線短縮前は現在の中央区のほか北区、豊平区にも路線を伸ばし、約25キロの路線で営業していた。

image1-002.jpg
最盛期の札幌市電路線図


image2-002.jpg
最盛期の札幌市電系統案内図


昭和30年代〜地下鉄南北線開業前が最盛期で、特に年々増大するラッシュ時の輸送は大変を通り越して深刻な問題だったようだ。

33457[1].jpg
駅前通りの市電
札幌市写真ライブラリ所蔵


当時の札幌市電の運行状況、特にラッシュ時の運行状況はどうだったのだろうか。

ここに一冊の本がある。
当時の関係者による述懐を1冊にまとめた本で、昔の札幌市電の様子がよくわかる。
だいぶ前に絶版になったようだが、市内の図書館には置いてるし、古本屋にも出回っている。

001.jpg

さっぽろ文庫22 市電物語

ここに当時のラッシュ輸送の状況を引用させてもらう。

”西四丁目線を、朝ラッシュ時に走行する市電は、表定速度10キロメートルを切り、停留所安全地帯(35メートル〜40メートル)には3台分程度しか停車できないので、乗降取り扱いのできない電車は、その後方に連なって、5台も6台も停車した。利用者が20万人の大台に乗った昭和32年以降には、三越前停留所の山鼻線・豊平線方向へ運行する電車が、北大通付近まで停車したものである。”


”札幌の市電は駅前線を幹線とする一点集中型路線で、一条線、円山線、山鼻西線を除く全運転系統が、駅前線と競合している。一般利用者からは乗り換えに便利と好評だった路線形態も、車両の大型化、配車台数の増加による過密ダイヤに加えて、駅前線の1日当たり乗車人員は、全線の約3割に相当する6万8000人に対し、車両運行のネックとなった。昭和35年夏ダイヤの全系統平均表定速度は、13.7キロメートルに対し、西五丁目〜すすきの間の表定速度は、8キロメートル以下に低下した。この間の運行車隔は、42秒ヘット※(間隔)で配車技術上の限界を超え、朝ラッシュ時は電車が道庁前から西5丁目まで繋ることがしばしばあった。”

※原文ママ

”鉄北線と一条線では、朝ラッシュ時の運行車隔が1分15秒ヘットとなり、電車相互の輻輳による運行渋滞も目立ち始めた”

”朝ラッシュ時の北24条停留場で待つ乗客は100メートルに達した”


文章だけ読むと、今では想像もつかないような過酷なラッシュだったように想像できるが、実際当時の市電のダイヤはどのようなものだったのだろうか、今では市電のダイヤは公表され、各停留所に掲示されているが、当時のダイヤは始終発時刻のみの掲示で、バスのような時刻表も無いので分かる術もない。

あるとき札幌市中央図書館で資料を物色していたら昭和45年の電車配車表というのを見つけた。

image0-002.jpg

これは各系統ごとに、どの時間帯は何台電車を走らせるかというのを表にしたもので、往復の所要時間と電車の配車台数をもとに平均の運転間隔が割り出せる。

その表をもとに、各区間別の平均運行間隔を割り出したのが以下の表である。

sapporoshidens45jikoku.jpg

この表をもとに朝ラッシュ時の駅前通りの運転間隔を計算すると、
1時間当たり75.5台、約48秒間隔。

48秒間隔ていえば、信号サイクルは大体2分ごとに青信号になるから、1回の青信号で2〜3台が通り過ぎる計算になる。

そのほかの複数系統ある区間の運行間隔は次のようになった。

北24条〜札幌駅 1分02秒
すすきの〜静修学園 1分47秒
西4丁目〜交通局(西15丁目)1分16秒


また、現在ある区間の運転間隔は、西線では西線16条までの区間便も含め日中は約4分間隔だったとわかる。ただ、これはあくまで計算上の平均であって、実際はダンゴ運転であったというのは想像に難くない。


posted by pupupukaya at 13/04/05 | Comment(1) | 札幌市電

市電の見える窓から1

以前、電車通りに面した住居に住んでいました。部屋の窓から撮影した札幌市電の数々です。2009〜2013年頃の画像です。

DSCN0006.jpg
2013年5月から運行を始めた新型低床電車。

DSCN0006.JPG
運行開始当初は1日3便のみ臨時運行で、始発停留所では新し物好きの市民が新型電車を待つ列ができ、連日満員で走っていた。
6月からは通常便として運行されるようになった。

DSCN9960.JPG
新型電車が通ると沿線の通行人や並走する車からも注目されていた。

DSCN8445.JPG
雪解けが進んだころから教習車として走り出していた。昼間など結構な頻度で見かけたものだ。

DSC03895.JPG
オリジナル塗装の電車255号。札幌市電はやはり緑色が似合う。

DSCN0391.JPG
広告電車244号。

DSCN0346.JPG
広告電車251号。

PA110006.JPG
雨の日。

DSCN0204.JPG
雨上がり。

P7230023.JPG
花火大会のため渋滞の中を行く市電。

P7230066.JPG
土砂降りの夜。

DSCN0201.JPG
「探偵はBARにいる」号。

PA040031.JPG
北海道マラソンの交通規制のため大渋滞になった電車通り。

DSCN0041.JPG
バルコニーから。

DSCN0280.jpg
札幌まつりの今日、行啓通電停はお祭り見物客でいっぱい。

DSCN0366.JPG

DSCN0072.JPG
日は暮れて。
posted by pupupukaya at 13/07/17 | Comment(0) | 札幌市電

また札幌市電沿線に戻ってきました

2年ほど実家暮らしに戻っていましたが、この春また山鼻の地に戻ってきました。

記念に市電の撮影などをしてみました。この秋には市電も西4丁目・すすきの間が繋がり環状線化されます。その準備の車両更新や電停の工事も進んでいるようでした。撮影は2015年3月下旬です。

DSCN7000.JPG
急速に進む前面表示のLED化。行啓通にて246号。

DSCN6972.JPG
市電延伸ループ化に向けて改良工事が進む。

DSCN7014.JPG
静修学園前にて214号。後ろに『貸切』の表示を掲げた3304号が近づく。

DSCN6986.JPG
行啓通−中島公園間を行くM101号。LDE化されても『西4丁目−すすきの』の表示は変わらないんだな。

DSCN7029.JPG
幕表示が見られるのもあとわずかかも。静修学園前3303号。

DSCN7053.JPG
電車を降りて家路に向かう人々。山鼻9条にて3303号。

DSCN7005.JPG
夕日をバックに走る248号。静修学園前−行啓通にて。

DSCN6946.JPG
朝ラッシュ時の西4丁目電停は電車同士の渋滞も見られる。後ろには8501号が入線待ち。

DSCN6949.JPG
『臨時』の札を掲げた中央図書館前行211号。LED表示は撮影泣かせだ。西8丁目にて。

DSCN6965.JPG
見ずらいがまた『西4丁目−西線16条』の表示を掲げたM101号。後ろに8512号が追いついた。中央区役所前にて。

DSCN6968.JPG
朝ラッシュ時は電車が次から次へとやってくる。市電全盛だった頃をしのばせる光景。

DSCN7074.JPG
流し撮りなどしてみた。中島公園通−山鼻9条を行く211号。前照灯のかたっぽが玉切れしてるよ。

DSCN7063.JPG
貸切電車が行く。山鼻9条にて3304号。

DSCN7071.JPG
雪ミク電車も今年はそろそろ見納め。山鼻9条にて3302号。

DSCN7073.JPG
トリはA1200型ポラリス号が務めます。A1201号山鼻9条にて。

おわり
posted by pupupukaya at 15/03/29 | Comment(0) | 札幌市電

札幌市電 すすきの停留所が一時移設

札幌市電すすきの停留所が5/13から仮設停留所へ移設になりました。


市電延伸ループ化工事が行われるためで、元の停留所は一旦撤去されたあと新たに作られるものと思われます。

廃止ではないけれど移設の前日、長らく終点であったすすきの停留所の葬式鉄(?)をしてきました。

DSCN0453.JPG
西4丁目と違って頑丈で立派な構造だったすすきの停留所。

DSCN0457.JPG
軌道は停留所部分だけ単線になっていて折り返す構造。

DSCN0481.JPG
軌道の終点側。頑丈そうな車止めがあるが、これは10年位まえに設けられたもの。

DSCN0484.JPG
そういえば車止めも不要になるんんだな。

DSCN0478.JPG
架線のエンド部分。

DSCN0482.JPG
最終電車時刻の案内。もう30年以上前から変わらないが、もう少しキリのいい時刻にしてもいいような・・・

DSCN0463.JPG
停留所に掲示の時刻表。10年位まえから全列車掲載になったが、それ以前は「おおむね○分間隔」という表示だった。

DSCN0460.JPG
路線図と料金表。ここの路線図は南が上になっている。

DSCN0458.JPG
もいわ山ロープウェイの案内。

DSCN0449.JPG
移設の前日になって仮設の安全地帯が姿を現した。これは降車ホーム。
幹線道路の真ん中のため夜中に資材搬入・設置が行われるようだ。

DSCN0510.JPG
閉鎖された停留所。

DSCN0516.JPG
1丁西側に移設された仮設停留所。前日から一晩で乗車ホームの設置が行われていた。
前日までは影も形も無かったのに。

DSCN0519.JPG
初日とあって警備員や職員も立っている。

DSCN0521.JPG
仮設ながらも点字ブロックが設けられ幅広の安全地帯。

DSCN0522.JPG
屋根もあるので雨の日も安心。

私は市電山鼻線の住人ですが、すすきの発着の山鼻線は西線のような混雑も無くのんびりしたものです。日中の電車はローカルムードも漂っている路線ですが、ループ化が完成し大通と直結すると都会的に変わってゆくのでしょうか。

それにしても、ループ後のダイヤとか西線16条発着の電車がすすきのまで延長になるのだろうかとか今から気になっております。

posted by pupupukaya at 15/05/13 | Comment(0) | 札幌市電

時刻表に無い西線11条折返しの臨時電車

最近(2015年11月)通勤途中で『西4丁目−西線11条』の方向幕を掲げた電車を見かけるようになった。
『臨時』の札を掲げているし、時刻表にも載っていない。
西線11条を8:20頃に発車しているが、臨時便らしく西線11条に到着次第にすぐ折り返していて、発車時刻は一定していないようだ。

DSCN3754.JPG
西線11条の亘り線を通って折り返す電車。


DSCN3756.JPG
方向幕とは別に『臨時』の札も掲げる。

DSCN3748.JPG
他の電車の方向幕はLEDのものに交換されたが3300型だけはそのままになっている。

市電の臨時系統といえば朝ラッシュ時の『西4丁目−西線16条』があるものの、昔は西線11条行の電車が確かにあった。
90年代頃は確か朝に1往復あって、停留所の時刻表にも掲示されていたような気がするがいつの間にか無くなっていた。
今回西線11条折り返し便の復活ということになる。
posted by pupupukaya at 15/11/06 | Comment(0) | 札幌市電

祝!札幌市電ループ化開業

2015年12月20日、ついに札幌市電のループ化が開業しました。


DSCN0659.JPG
西4丁目から駅前通りへのカーブを曲がる8512号。

DSCN0862.JPG
駅前通りのホワイトイルミネーションは市電に主役を奪われ脇役になった印象。


DSCN0879.JPG
西線方面の乗客で混雑する西4丁目停留場。

DSCN0883.JPG
電車が着くと昔の最盛期のような光景も・・・


DSCN0913.JPG
人気のA1200型電車『ポラリス』は夜の街の新しい主の貫録。


 【動画】札幌市電ループ化 火花を散らして通過する電車

開業日の20日から25日までの1日の平均乗客数は、平日が前年同期比3764人(13%)増、日曜・祝日が同4040人(22%)増だった。目新しさも手伝い、好調な出だしとなっている。

開業間もないこともあって試乗客が多いこともあるだろうが、当初交通局はループ化による乗客増は1日平均600人と想定していたのに対し、開業後の乗客数はそれをはるかに上回り、好調のようだ。

私は山鼻線の利用者だが、ループ化開業後の乗客数増加を実感している。朝ラッシュ時でも狸小路や西4丁目で下車する人が多くなり、その分利用者は増えたようだ。

今回の開業に際しては反対意見も数多くあって、でもそのほとんどは「路面電車は過去の遺物」「車の邪魔」といった何十年も前の価値観から一歩も進歩していない発想からに思えた。

欧米に行ったことのある人ならわかるだろうが、今や路面電車は見直されて世界中で活躍している。日本でも遅ればせながら復権の兆しを見せていたものの、実現しているのはどちらかというとローカル輸送の分野であった。本格的な都市交通としての新規開業は札幌が全国で初めてやってのけたのだ。
たった400mの延伸だが、これが次期路線延伸、あるいは他都市への普及への布石となることを期待します。
posted by pupupukaya at 15/12/27 | Comment(0) | 札幌市電

札幌市電のイベント開催時折返し運行を見る

札幌市交通局のHPに次のようなお知らせがある。


札幌駅前通でのイベント開催に伴う交通規制のため、「西4丁目〜狸小路〜すすきの」間の運行を一時中止し、折返し運行を行います。
ご迷惑をお掛けいたしますが、ご理解とご協力をお願い申し上げます。
なお、このことに伴う代替輸送及び料金(定期券、どサンこパス等を含む)の払戻し等の補償は行いませんので、予めご了承をお願いいたします。

orikaeshi_unkou_kukan.jpg

札幌市交通局HPの折返し運行区間(運行中止区間)より

せっかく開業した市電都心線であるが、駅前通りでイベントがあるごとに運休になるのは残念なことだ。
交通局との力関係がそうしているのか。イベントは市電が開業する前から行っていたこともあり、いまさら止めることもできないというのもあるのだろう。

DSCN4208.JPG
折返し運行時の市電運行情報モニター。

折り返し運転日の当日、どういう風に運転されているのか気になって出かけてみた。今日は駅前通りで四番街祭りが開催されている。毎年今時期に駅前通りを歩行者天国にして行われているイベントだ。

まずは、すすきの停留場。
ここは折返し用の中線が山鼻方にあって、平日の朝ならばすすきの折り返し電車が、それ以外はたまに貸切電車が停まっていたりする。

内回り電車が停留場に入る手前に、中線に入る亘り線があり、そこを通れば外回りのホームに渡れるので、すすきの折り返しはそうするのだと思っていた。
ところが実際に行ってみると、随分と面倒くさい方法で折り返しているのだった。


DSCN4205.JPG
すすきの停留場。到着電車は普通に西4丁目方面ホームに入ってくる。


susukinost.jpg
すすきの停留場の配線。山鼻方に折返し用の中線がある。

IMG_1518.JPG
矢羽根の転轍標識がある亘り線。別の日に撮影したもの。


山鼻方から到着した電車は普通に西4丁目方面ホームに入り乗客を降ろす。手前の亘り線は使わなかった。
乗客を降ろすと、運転手は後ろ側の運転台に移動。いったん後退して中線に入れる。

DSCN4213.JPG
ポイントが切り替わり、右折の信号表示が出る。

DSCN4216.JPG
山鼻方に後退して中線に入る。

中線に入るとまた運転台を移動して、こんどは山鼻方面ホームへと入る。

DSCN4218.JPG
中線で一旦停止。運転手はまた運転台を移動する。

DSCN4224.JPG
ポイントが切り替わり、山鼻方面ホームに入ってくる。

すすきので折り返すために3回も運転手は運転台を移動するのだった。


市電の通らない駅前通りでは屋台が出たり、狸小路の交差点ではプロレスの興行もやっていたりと、雨降りだが賑やかだ。

欧米ならば、都心部の道路は歩行者と路面電車のみ通行可にしている所が多い。トランジットモールと呼ばれていて、軌道敷と歩道が区別されていない中を電車が走っている。

駅前通りもそんなふうにすれば面白いと思うのだが、日本では前例がないということなのか。

DSCN4228.JPG
歩行者天国となった駅前通り。

DSCN4257.JPG
市電の軌道敷を神輿行列が通る。

続いて行ったのは西4丁目停留場。
ここは停留場の西線方に亘り線があり、それを使って折り返すというのは想像通りだった。
内回り用線路の上に仮設の停留場が設けられていた。

DSCN4232.JPG
西4丁目停留場。

DSCN4241.JPG
すすきの方面のホームは閉鎖されている。

DSCN4239.JPG
内回り用の線路上に仮設の停留場が設置された。今日みたいな日は雨ざらしで待つことになる。

DSCN4243.JPG
仮設の停留場。これは開業前の試運転期間中に使われていたもの。

DSCN4252.JPG
西線方の亘り線を通って折り返す。

posted by pupupukaya at 16/07/03 | Comment(0) | 札幌市電

札幌市電は本日運休

今日(2016年12月10日)は大雪のため札幌市電は始発から運休だった。

報道によると、強い冬型の気圧配置のため日本海側南部を中心にまとまった雪が降り続け、札幌市内の積雪は正午で59センチとのこと。

しかし気温は高いようで、札幌らしい粉雪ではなく、湿ったベタ雪。重たい雪が降り積もる。

DSCN0122.JPG
 中島公園通電停。始発から運休のため、線路が完全に埋もれてしまった。

DSCN0060.JPG
 運行状況モニターには運休の張り紙があった。

DSCN0059.JPG
 激しい雪は降り積もる。

DSCN0112.JPG
 埋もれて踏み固められた線路。もうササラでは除雪不能。

DSCN0104.JPG
 静修学園前電停。

DSCN0101.JPG
 山鼻19条〜静修学園前間。

DSCN0094.JPG
 幌南小学校前電停。

DSCN0080.JPG
 ササラ電車も立ち往生。幌南小学校前。

DSCN0089.JPG
 トラ縞のササラ電車。幌南小学校前。

DSCN0088.JPG
 雪に関して百戦錬磨のササラ電車も、今日の湿った大雪には処置なしだった。

DSCN0086.JPG
 湿った雪が踏み固まった路面。これには重機の出番だろう。

DSCN0147-001.JPG
 夕方になると幌南小学校前にいたササラ電車はいなかった。自力で脱出したらしい。

DSCN0152.JPG
 南21西7の交差点。ほじくり出した線路が見える。

DSCN0159.JPG
 夜の中島公園電停。停留所も線路も埋もれてしまった。今日は終日運休になるだろう。

siden1.jpg
  交通局HPの運行状況。

12月10日、この日の市電は結局終日運休となった。
posted by pupupukaya at 16/12/10 | Comment(0) | 札幌市電
Powered by さくらのブログ