2011年日本海縦貫旅行記 1

2011年トワイライトエクスプレス旅行記 4 からの続きです

【行程】2011/4/30〜5/3
大阪<特急サンダーバード>高岡<普通>富山→魚津(泊)→直江津→新津→新発田→中条(泊)→秋田→新青森→函館→札幌


札幌からトワイライトエクスプレスに乗って大阪まで来ましたが、帰りは飛行機は使わず、日本海縦貫線の昼行特急列車を乗り継ぎ、途中の町で宿泊して札幌まで戻ろうと思いました。

とんぼ返りですが、大阪駅前のホテルに1泊し、朝から特急で移動します。第一ランナーは大阪7:10発、特急「サンダーバード1号」です。

トワイライトのウェルカムドリンクサービスについていたおつまみがあったので、車内販売でビールを買って朝食代わりにしました。

大阪市内→札幌市内の復路乗車券     大阪→高岡の特急券
P4300764.jpg P4300765.jpg

P4300747.jpg
朝イチのサンダーバード1号が入線する
連休中のためか乗客が多い


P4300772.jpg
金沢でたくさん降りたので空いてきた


P4300773.jpg
高岡(富山県)に到着
大阪から3時間ほど
万葉線に乗るためここで途中下車


P4300775.jpg
高岡駅

万葉線のりばは駅舎正面にある


P4300776.jpg
駅前の電停に掲示されている万葉線の時刻表


P4300785.jpg
電車が来た
古いほうの電車だった


P4300796.jpg
古びた車内


P4300801.jpg
昔のままのアナログ式料金箱
まだ使っているのは全国でここだけかも


P4300814.jpg
終点越ノ潟駅の先は今や珍しくなった渡船の乗り場がある
富山県営渡船越ノ潟発着場(奥は万葉線電車)


P4300804.jpg
「こしのかた」号
これもまためずらしく、車は乗せないで人と二輪車だけ乗せる
また、乗船は無料


P4300821.jpg
出航して行った


P4300833.jpg
次に来た電車は新車の「アイトラム」だった
これに乗りに来たのだ


P4300839.jpg
アイトラムは低床電車で、車内はタイヤハウスをうまく処理したすっきりしたレイアウト


P4300861.jpg
従来車と比べ目線が低い


P4300869.jpg
高岡駅前に到着
雨が降り出したので暗い


朝は食べてなかったので早めの昼食にしようと食事するところを探したのだが・・・

P4300884.jpg
店構えも立派な高岡ステーションデパートだが・・・


P4300873.jpg
地下の飲食店街はこの通りシャッター街


P4300883.jpg
待合室に立ち食いそば屋があった


P4300879.jpg
天ぷらそば(380円)、おにぎり(110円)

とろろ昆布を巻いたおにぎりに富山らしさを感じる


つぎへ


posted by pupupukaya at 12/03/20 | Comment(0) | 2011年日本海縦貫旅行記

2011年日本海縦貫旅行記 2


【行程】2011/4/30〜5/3
大阪→高岡<普通>富山→魚津(泊)→直江津→新津→新発田→中条(泊)→秋田→新青森→函館→札幌


高岡から富山へ普通列車で移動しました。富山では「富山ライトレール」に乗るため途中下車します。

P4300886.jpg
高岡駅改札口
北陸地区は自動改札機は導入されていない


P4300887.jpg
雨で暗いホームから富山へ向かう


DSC04458.jpg
富山駅北口の富山ライトレールのりば
車両は「ポートラム」という
さっそく停まっている電車に乗ります


DSC04465.jpg
どこかの駅で反対方向の電車と交換する


DSC04482.jpg
終点岩瀬浜駅
左側は富山ライトレールに接続するフィーダーバス


DSC04493.jpg
岩瀬浜駅ちかくの岩瀬地区の町並み
ライトレールのおかげで訪れる観光客も増えたとか


DSC04500.jpg
回船問屋だった建物が軒を連ねる


DSC04505.jpg
東岩瀬駅には旧富山港線時代の木造駅舎が保存されている

ただしこの駅舎のホームからは乗車できない


DSC04513.jpg
富山駅へ戻る電車が来た
ポートラムの車両は7色あって、今度のは赤い電車
東岩瀬駅


DSC04530.jpg
途中からは道路上を走行する


DSC04533.jpg
東岩瀬から乗ってきたポートラム
地元の女子学生の間には赤い電車に乗ると恋愛がかなうという都市伝説があるとか


DSC04537.jpg
富山駅南口は富山地鉄の路面電車が走っている


DSC04548.jpg
富山駅前にある「富山薬売り像」後ろは新型低床電車のセントラム
新しく開通した環状線の車両





posted by pupupukaya at 12/03/20 | Comment(0) | 2011年日本海縦貫旅行記

2011年日本海縦貫旅行記 3


【行程】2011/4/30〜5/3
大阪→高岡→富山<普通>魚津(泊)→直江津→新津→新発田→中条(泊)→秋田→新青森→函館→札幌


富山からまた普通列車で魚津まで行きます。最初の宿泊地は魚津にしました。

DSC04551.jpg
富山駅は北陸新幹線延伸に向けた高架化工事が行われている
南口駅舎は仮設駅舎で営業中


DSC04554.jpg
富山駅にちょうど札幌行きトワイライトエクスプレスが到着した
これに乗るわけではない


DSC04561.jpg
直江津行の普通列車で魚津まで


DSC04563.jpg
北陸の普通列車の車両は国鉄時代からのものばかり
この列車はもと急行型の475系電車だった


DSC04571.jpg
富山から約30分で魚津に到着


DSC04573.jpg
ここも自動化されていない魚津駅改札口


今日の宿は駅からちょっと歩いたところにあるビジネスホテル。本当は富山に泊まろうかと思っていたが、ネットで探していたら魚津に安くて良さそうなところがあったのだ。

ホテルの隣はスーパーがあって便利。
5時過ぎにチェックインする。

P4300905.jpg
今日の宿
1泊2食付きで5,680円


フロントで朝夕の食事は隣のホテルのレストランでと言われ、食事券を受け取る。
ちょっと面倒だが、6時過ぎ、隣のホテルまで行く。
朝からまともな食事をしていないのでお腹が空いた。

DSC04577.jpg
使い勝手が良いこぎれいな部屋


P4300907.jpg
吟醸酒「幻の瀧」とお通し(850円)
高いけどすごくおいしいお酒だった
一人で飲むのはもったいないなあ


P4300913.jpg
出てきた夕食はすごい豪華だった
昆布締めのお造りや白エビのかき揚げなど富山県の幸がぎっしり


P4300914.jpg
富山は日本酒がたいへんおいしい所
どの料理も日本酒とよく合う


おいしいお酒とおいしい料理に満足して、すっかりいい気分になった。


つぎへ


posted by pupupukaya at 12/03/20 | Comment(0) | 2011年日本海縦貫旅行記

2011年日本海縦貫旅行記 4


【行程】2011/4/30〜5/3
大阪→高岡→富山→魚津(泊)<特急はくたか>直江津 新魚津<特急うなづき>電鉄富山(泊)→直江津→新津→新発田→中条(泊)→秋田→新青森→函館→札幌


富山県魚津市。富山県東部の富山湾に面した位置にある。人口は約4万5000人。
富山湾の蜃気楼、ほたるいか、埋没林が名物。
米騒動の発祥地でもある。

P5010932.JPG
泊まったホテルの窓からは富山湾、そして北陸本線と富山地方鉄道の列車を見ることができる


P5010940.jpg
バイキング形式の朝食
おかずは素気ないがご飯がおいしいこと
ご飯におかずを合わせてるんだな


P5010960.jpg
9:12発の特急はくたかに乗るために魚津駅に行くと
強風で運休のお知らせが
なんてこった・・・


この日は特急を乗り継いで新潟県の中条まで行く予定であった。少しくらい遅れてついても良いので、2列車くらい遅くしても十分余裕がある。

駅でじっとしていてもしょうがない。せっかくなので魚津観光でもしようと、どこか行くところがないかと駅の地図を見たら、「魚津埋没林博物館」というのを見つけ、歩いて行くことにした。

行って戻ってきたら、列車も動き出してるだろうと思った。

P5010972.jpg
魚津埋没林博物館の水中展示館


P5010983.jpg
埋没林博物館から見た富山湾
晴天ならば蜃気楼も見られただろうが


1時間位してまた駅に戻ってきたが、まだ再開していなかった。下り特急はくたかは魚津で足止めを食ったらしく、ホームに停車中。
コンコースも駅に来てから運休中と知った人たちがいっぱいいる。

駅員の説明では開通の目処はぜんぜん立っていませんとのこと。
あんまり遅くつくのは嫌だし、直江津−中条間は列車本数自体が少ないので、今日中に着けるかもわからない。

もういい、今日は富山まで戻って、富山で泊まることにした。
地鉄(富山地方鉄道)は動いているので、富山へ行く方は地鉄を利用した方がいいと駅員が説明していた。

P5010962.jpg
富山地方鉄道の新魚津駅は地下道の狭い階段の踊り場のようなところにあった


JRの魚津駅に隣接しているが地鉄の駅は新魚津駅という。

新魚津駅の窓口で初老の駅員に動いているか尋ねると少し遅れているが動いているという。
JRは止まっても、こちら(地鉄)はそういう時は最徐行で通しますと誇らしげに言った。

券売機で切符を買って改札口で出すと次の電車は特急なので特急券もいると言われた。

P5011009.jpg
特急「うなづき」号が新魚津駅に入ってきた
JRはあきらめた富山方面の乗客が多数乗るので混んでいるかと思ったが、やってきた特急電車はがら空きだった

JRは止めても地鉄は止めません


P5011013.jpg
JRが抑止した問題らしき川の鉄橋
さすがに徐行運転だが、それ以外の区間は何事も無かったかのように運転していた


P5011016.jpg
電鉄富山駅に到着


P5011024.jpg
ホワイトボードに書きだされた運休の決まった列車
富山駅改札口にて


新潟行きの「北越3号」まで運転休止が決まった。それ以降の列車では、中条着は暗い時刻だ。富山に戻って正解だった。

さっき魚津で携帯サイトで予約しておいたビジネスホテル(3800円)にチェックインして荷物だけ置いてきた。

P5011035.jpg
せっかく富山に来たんだから名物の富山ブラックを食する


中華そば小(700円)
ごはん(150円)
P5011029.jpg P5011031.jpg
スープが醤油の色で黒いので富山ブラックという
この色の通り濃くしょっぱいので麺をご飯のおかずにして食べる

P5011131.jpg
地鉄市内線の富山駅前電停
南富山駅前から来た電車の半数はここで折り返す


P5011043.jpg
総曲輪フェリオや大和デパートが面したグランドプラザ


P5011151.jpg
新しく開業したセントラム(環状線)のグランドプラザ前電停


P5011047.jpg
富山市中心部の商店街、総曲輪通り
GW中の日曜日とあってか賑わっていた


P5011050.jpg
富山城とセントラム

車が被ってしまった


P5011066.jpg
天守展望台から見たセントラム

富山城は戦後再建された建物で、現在は富山市郷土博物館になっている


P5011203.jpg
車内


P5011272.jpg
富山駅前の夜景




posted by pupupukaya at 12/03/21 | Comment(0) | 2011年日本海縦貫旅行記

2011年日本海縦貫旅行記 5


【行程】2011/4/30〜5/3
大阪→高岡→富山→魚津(泊)/新魚津<特急うなづき>電鉄富山/(泊)富山<特急はくたか>直江津<快速くびき野>新津<普通>新発田→中条(泊)→秋田→新青森→函館→札幌


昨日は強風による運休のため富山で足止めを食ったが、今日は朝から快晴。札幌を出発してから一番良い天気だ。

改めて富山から「はくたか5号」で出発する。
現在、北陸新幹線が長野から金沢まで延伸する工事が行われていて、これが開通すると「はくたか」は間違いなく廃止なので、この列車に乗るのもこれが最初で最後だろう。

P5021338.jpg
富山駅待合室にある
「富山駅名物 立山そば」
駅そばを食べてから出発する


P5021339.jpg
かき揚そば(390円)
立山の文字が刻まれたかまぼこがのる


P5021359.jpg
直江津まで乗る越後湯沢行き「はくたか」号
今日は定時に到着した


P5020004.jpg
車窓からは田植え風景が見える
のどかな富山平野


P5020013.jpg
日本海が見える区間をゆく


P5020036.jpg
直江津で「くびきの」号に乗り換える
階段を下りると既にホームに入線していた

ここからJR東日本の路線になる
ホームには駅弁の立売もあった


P5020062.jpg
列車の進行左側は日本海の美しい風景


P5020069.jpg
柏崎の手前あたりまで海岸沿いを走る


P5020038.jpg
車内は空いていた
快速だが、車両は特急の中古なので快適だ
また停車駅も特急と変わらないのでおトクな列車だ


P5020105.jpg

新津に到着

JR東日本の駅は節電で昼間は消灯されているので薄暗い。

新津駅は、新潟へ行く信越本線と秋田へ行く羽越本線、それに郡山に行く磐越西線が分岐する鉄道の要所である。駅構内は広くて、車両基地や工場も併設されている。

しかし新幹線は通らず、特急「いなほ」も新潟から白新線経由なので、駅の中は新潟近郊の通勤駅といった雰囲気。

2005年までは新津市だったが、合併で新潟市秋葉区となった。

P5020109.jpg
節電でエスカレーターも休止中


新津での乗り継ぎ時間は15分なので、外に出ることは叶わなかった。
羽越本線の新津駅発のダイヤはローカル線並みで、この列車の次は2時間後になるのだ。

P5020111.jpg
新津発の羽越本線普通列車は1両だけのワンマンカー


P5020113.jpg
新津駅にも駅弁があって、階段を上った橋上の改札口横で売っていた。
「雪だるま弁当」(1,050円)


P5020115.jpg
雪だるまの形をしたプラスチック容器
中身はとりめし


P5020131.jpg
容器を窓際に置いてみる
なんかカワイイ


P5020123.jpg
羽越本線の新津−新発田間は単線ながら電化された幹線だが、旅客列車はローカル線そのもの貨物列車やトワイライトEXPはこっちがメインルート


P5020135.jpg
新潟からの白新線が合流する新発田に到着


新発田駅はあまり規模は大きくないが、新潟からの特急「いなほ」が走る白新線が合流するので、羽越本線はここから幹線らしくなる。



posted by pupupukaya at 12/03/21 | Comment(0) | 2011年日本海縦貫旅行記

2011年日本海縦貫旅行記 6

大阪→高岡→富山→魚津(泊)/新魚津→電鉄富山/(泊)富山→直江津→新津→新発田<普通>中条(泊)→秋田→新青森→函館→札幌

新発田市は人口約10万人。あまり観光で訪れるひとは少ない新潟県北部の地味な都市だ。「しばた」と読むのだが、難読地名と言うほどではないが、正しく読める人は少ないだろうな。

P5020204.jpg
新発田駅


つぎの列車まで1時間半以上の乗り継ぎ時間がある。
改札口の横に観光案内所があったので、1時間位でどこか見てこれる所は無いか尋ねてみた。案内所の人は親切で、「新発田散策マップ」というのをくれ、色々説明してくれた。

何もなさそうなイメージの町だが、やはりここは本州で、新発田藩の城下町として栄えた歴史があるようだ。

マップのおすすめ散策コースに沿って歩いてみることにした。

P5020139.jpg
安土桃山時代に建築された諏訪神社


P5020146.jpg
市島酒造
売店では試飲もやっている
何種類か試飲させてもらった


P5020142.jpg
市島酒造の展示室


P5020147.jpg
水路のある町並み


P5020157.jpg
水路の上に建つ公設露天市場


P5020162.jpg
新発田城本丸表門
国指定重要文化財の建物


P5020164.jpg
本丸表門の内部
敵が攻めてきた際は窓の下から石を落として攻撃する構造になっている


P5020184.jpg
本丸を見下ろす
お城の中に自衛隊のトラックが並び戦国自衛隊のような風景

考えてみれば城は本来要塞だったわけで、城の中に自衛隊基地があるのも納得できる。



P5020186.jpg
端午の節句だからか具足が飾られている


P5020181.jpg
桜と鯉のぼり


P5020193.jpg
お堀と二の丸隅櫓


P5020198.jpg
新発田駅近くの商店街


1時間ほど歩いて回って来て駅に戻ってきた。

新発田からは羽越本線の普通列車で今日の宿泊地である中条に向かう。

別に中条に用事は無いのだが、富山県から札幌まで列車では1日で着くことはできないので、途中で途中下車して1泊する必要がある。

ネットで宿泊地を探したのだが、新潟や秋田のビジネスホテルに泊まるのもつまらないので、新潟−秋田間で1泊2食付きで探していたら、駅前で手ごろな値段で見つかったのがこの町の旅館だった。

P5020213.jpg
新発田駅のコンコース
節電のためどこも薄暗い


P5020219.jpg
村上行き普通列車


今度のは新潟始発の4両編成の電車だった。115系電車と言って国鉄時代に製造された。車内はリニューアルされているものの、昔ながらのボックス席が並んでいる。
村上までの羽越本線は特急も普通も国鉄型車両のオンパレードだ。


P5020225.jpg
115系電車の車内


P5020228.jpg
中条に到着
幹線の途中駅といった雰囲気


P5020230.jpg
中条駅の改札口


posted by pupupukaya at 12/03/21 | Comment(0) | 2011年日本海縦貫旅行記

2011年日本海縦貫旅行記 7

大阪→高岡→富山→魚津(泊)/新魚津→電鉄富山/(泊)富山→直江津→新津→新発田→中条(泊)→秋田→新青森→函館→札幌

P5020232.jpg
中条駅の駅舎


中条(なかじょう)駅は新潟県胎内市は人口約3万人の小さな町の中心地にある。平成の大合併で市になったが以前は中条町だった。

もう少し行った先の村上ならば観光色もあろうが、ここは本当に何もなさそうだ。

それでも節電で消灯された薄暗い待合室には観光案内所が設けられていた。
新発田の時と同じように、ここで泊まるのだが、この時間から歩いて行ける観光できるところは無いか尋ねてみた。

案内所のお姉さんはパンフレットや地図を親切に色々見せてくれるのだが、車があればそれなりにあるようだが、町の中でおすすめする様な所は無いようで、彼女も困ったようだった。

結局「熊野若宮神社」と「奥山荘城館」と言うのを教えてもらった。

仕事で来たんですか?と訊かれ、旅行の途中でここに泊まると言うと彼女はちょっと驚いた。
どこから来たかと訊かれ、札幌から来たと言うと、さらに驚いた。

最後に中条名産らしい米粉の小袋をくれた。ここの名物らしい「べえべえ」の作り方が書いてある。札幌に戻ったら作ってみよう。

P5020242.jpg
本日の宿


P5020237.jpg
さっぱりとした和室


P5020300.jpg
正面は駅


宿は駅と向かい合わせに建つ、昔でいう駅前旅館。旅館なので玄関では靴を脱いでスリッパに履き替える。

建物も部屋もきれいで、なかなか気持ちが良い。
旅館らしく部屋は和室。窓を開けると、駅前広場正面に面した部屋だった。ちょっとしたトレインビューだ。

しばらく休んで、駅で貰った地図を持って町の散策に出た。

中条は江戸時代に宿場町として栄えた町で、経済的に豊かな旦那衆が多かったという。今でも当時から使われていた建物があちこちに残っているので、当時の栄えぶりがうかがえる。

P5020257.jpg
昔は栄えていた名残か料亭もいくつか見かけた
割烹「丸市」



P5020253.jpg
これは創業江戸末期という「南都屋」


P5020261.jpg
熊野若宮神社


P5020265.jpg
神社境内の水路
江戸時代に防火用水路として利用されていた


P5020271.jpg
宿場町の面影を残す町並


P5020273.jpg
羽越本線の踏切
3両編成の気動車が来た


P5020274.jpg
何やらにぎやかな編成(^^)ノシ


P5020283.jpg
中条氏の15世紀代の居城だった江上館跡
門をくぐると広場になっていて子供の遊び場になっていた
土手の上に「中条藤資」と書かれたのぼりが並ぶ


観光するような所は無いし、観光客らしい人も全く見かけなかったが、逆に落ち着いて静かな宿場町の面影ある町だ。

逆に変にウロウロしていると不審者と間違われそうだ。そういう目で見る人はいなかったようだが。
すっかりこの町が気に入ってしまった。

線路沿いの道を歩いて宿に戻る途中、ウオロクというスーパーがあったので、立ち寄って新潟の食材などを土産に買った。

P5020325.jpg
宿の食事
すき焼きがメイン
新鮮なエビのお刺身もつく
ご飯がおいしい


P5020330.jpg P5020323.jpg

P5020334.jpg
きれいな食堂


P5020347.jpg7時ごろ駅前に車がぞくぞくと集まってきた
帰宅通学生の送迎の車のようだ


P5020357.jpg
列車が到着すると駅から出てきた降車客を乗せると車は次々と走り去って行く


P5020396.jpg
今夜のお供は新発田の市島酒造で買ったお酒



posted by pupupukaya at 12/03/21 | Comment(2) | 2011年日本海縦貫旅行記

2011年日本海縦貫旅行記 8

大阪→高岡→富山→魚津(泊)/新魚津→電鉄富山/(泊)富山→直江津→新津→新発田→中条(泊)<特急いなほ>秋田<特急つがる>新青森<特急S白鳥>函館<特急S北斗>札幌

4月28日に札幌をトワイライトEXPで出発した旅も最終日になる。
昨日もそうだったが、朝は快晴だ。

P5030429.jpg
ベーコンエッグと生ハムサラダの朝食

イクラの小鉢もあって朝から豪華
個人的にはイクラよりも納豆を付けてほしかったと思ってみたり・・・


P5030477.jpg
日本の三大御前の女武者「板額御前の像」が駅前に立つ


今日は特急列車を乗り継いで札幌へ帰る。

中条駅で札幌までの自由席特急券を買う。乗継割引は無いが3回乗り換えするのでその都度購入するのも面倒なのでここでまとめて買っておく。

窓口のおじさんは今日中に札幌に着くんですか?と言った。

P5030488.jpg
札幌までの特急券を買ったみどりの窓口


中条駅のみどりの窓口で購入した札幌までの特急券
発駅は中条ではなく、なぜか新発田になっている
P5030579.jpgP5030580.jpg

P5030502.jpg
特急いなほ1号が入線


今日の第一走者である特急「いなほ1号」は通路まで立客びっしりの大混雑で中条駅に入ってきた。自由席はドアのステップにまで人がいる。

なんとか乗りこんでデッキに立つが、GW後半スタートとはいえこの混みようは異常だ。

2つ目の村上で大分降りたので、デッキも大分空間ができた。
この混雑の中、商品を入れたショルダーバッグを提げて車内販売のお姉さんが来たのでエビスビールを1缶買い、立ちっぱなしで飲んだ。

P5030505.jpg
車内販売は、立ち客が多くてワゴンが通れないので、ショルダーバッグに商品を入れて担いで車内を回る


あつみ温泉、鶴岡と降りる人が多い。坂田でやっと空席ができて通路側だが座ることができた。

最後の車内販売の放送があって、今度はワゴンでの販売が来たので、本醸造「越後路」という缶入りのお酒を買った。ここで飲むのではなくお土産に持って帰ろうと思った。

終点の秋田まで車内はほぼ満席状態だった。

P5030534.jpg
秋田に到着
ご乗車お疲れ様だった


秋田駅では約1時間の乗り継ぎ時間がある。つぎの特急「つがる3号」は、自由席の乗車口のところに既に乗客の列ができ始めているので、ホームにいることにした。

ホームのキヨスクに、大館駅花善の「鶏めし」が売っていたので買おうか悩んだが、秋田駅の駅弁の立売もあったので、そこで「あきたこまち弁当」を買った。。

秋田−青森間の特急は「かもしか」という名称だったが、東北新幹線青森延伸により、八戸−弘前間の新幹線連絡特急に使われていた「つがる」に改名された。
どうせまた「いなほ」とおなじようなボロ特急だと思っていたが、「つがる」で使われていた新しい車両だった。

あきたこまち弁当(900円)
おかずはエビフライ、鮭、シュウマイ、煮物といった平凡な品揃えだが、ご飯が旨い。冷めていても旨い。お酒とよく合う
P5030557.jpg P5030558.jpg
お酒は先程の「いなほ」の車内販売で買ったものだが、ご飯と冷酒は相性が良いことを知った

P5030568.jpg
森岳駅のカッパのイラストの看板


途中の弘前でちょうど開催されている「弘前さくらまつり」の観光客が大勢乗ってきた。

P5030644.jpg
新青森に到着


新青森は東北新幹線青森延伸によって新幹線が乗り入れるようになった
P5030648.jpgP5030665.jpg

新青森駅の在来線ホームは1面2線。ホームは売店もないのでちょっと寂しい。新しく出来た新幹線のコンコースや階下の駅ナカ店舗は買い物の観光客でにぎわっている。

震災で部分運休していた東北新幹線も4月29日に暫定ダイヤながらも全線復旧した。ようやく震災前のにぎわいを取り戻しつつあるようだ。

P5030677.jpg
スーパー白鳥が入線


新青森始発のスーパー白鳥はそこそこの乗車率で発車した。座席は進行方向と逆に並べられている。すぐ次の青森で方向転換するためだ。

函館まで2時間ほどなので無いと思っていた車内販売があった。

P5030730.jpg
青函トンネル内


P5030741.jpg
トンネルを抜けると北海道へ帰ってきた
海のむこうに函館山が見えた


P5030756.jpg
函館に到着


函館の乗り継ぎ時間は40分以上。一旦改札口の外に出ようと乗車券を改札機に入れるとエラーになった。改札の窓口で見せると通してくれた。

特に行くところも無く、土産物屋などをぐるっと見て回ってまたホームに戻る。

P5030762.jpg
コンコースには「がんばれ」の大きな横断幕が下がる


P5030768.jpg
函館駅とスーパー北斗


最終ランナーの「スーパー北斗21号」は既にホームに入っていた。行き止まり式のホームは階段がないのが良いが、先頭の自由席までは相当な距離を歩かなければならない。

ホームに駅弁の立売があったので「北の家族」という弁当を買って乗り込んだ。自由席の車内はがら空きだった。

函館駅の駅弁「北の家族」(1,050円)
P5030774.jpg P5030777.jpg
お酒のアテにぴったりなおかずが並ぶ、容器が経木なのが良い
ただし日本海側のおいしいお米になれてしまったのか、ご飯はイマイチに思った

列車の走行中、原因はエンジンなのかレールや台車なのわからないが、異常なほど振動が起こる。乗るたびに酷くなっている気がする。高速走行で車両も線路もガタがきているのかもしれない。

外は真っ暗、長旅中に本も全部読んでしまったので退屈だ。車内販売のワゴンが通るたびにお酒を買った。
大分飲んでいるが、着いても駅からタクシーで帰るだけだし、空いていて周りに乗客もいないので良いだろう。

退屈なので車内販売ワゴンが通るたびに買ったお酒
P5030786.jpgP5030788.jpgP5030792.jpg


P5030793.jpg
スーパー北斗21号
自由席は終点札幌までガラガラだった


DSC04613.jpg
終点札幌に到着


22:56、終点札幌に到着した。列車からホームに降りると肌寒かった。
改札口で乗車券を記念に持ち帰れないかと言うと、駅員は「無効」のスタンプを押してあっさいと返してくれた。

kippu.jpg
大阪から肌身離さず持ってきた乗車券


−おわり−



posted by pupupukaya at 12/03/24 | 2011年日本海縦貫旅行記
Powered by さくらのブログ