2011年トワイライトエクスプレス旅行記 1

【行程】
札幌 14:05 → (翌)12:52 大阪 トワイライトエクスプレス(ロイヤル)


3月11日の大震災以来なにかと自粛ムード一色の日本列島。いつまでも自粛していては経済が停滞してしまうので、旅行してお金を使ってくるのも間接的な被災地支援になるのではないかと思い立ち、あまり大型連休中は旅行には出ない私ですが、出発の1週間前に旅行しようと突然思い立ちました。

行き先はどこでもよかったのですが、桑園駅のみどりの窓口で『トワイライトエクスプレス』のB個室シングルツインが取れたので大阪にしました。
別に大阪に用事は無かったのですが、列車に乗るのが目的の旅行もいいものです。さっそく特急券と札幌市内−大阪市内の往復乗車券を購入しました。

帰りは日本海側の町々で途中下車しながら戻ってくることにしました。

出発の2日前、もしかしてキャンセルが出ているかもと思い、またも桑園駅でロイヤルへの変更を願い出ると空いてるとのことで、追加料金を払い、ロイヤルに変更しました。


P4280002.jpg
出発2日前に購入した「ロイヤル」の寝台券と大阪までの往復乗車券

トワイライトEXPのロイヤルは初体験


そして出発当日。

P4280012.jpg
キタコブシの花が満開の札幌駅から出発

すっかり春らしくなった札幌

天気も良くて気持ちの良い出発日であった


P4280027.jpg
ホームには トワイライトエクスプレス 大阪 と表示が出ている

夜行列車の発車時刻としては14:05と早すぎる

それでも大阪までの距離は1500km以上あるので、大阪は翌日の12:52になる。所要時間22時間47分という日本一のの長距離列車


P4280037.jpg
高級感漂う列車入口


P4280038.jpg
車両入口にはエンブレムの入ったカーペットが敷かれているのでホテルのようだ

 
この日は連休初日なのだが乗客は少なく、個室寝台も空き部屋多数のまま。途中駅でも多少は乗ってくるのだろうが、ずいぶんと寂しい状態で札幌を発車した。

 P4280051.jpg
発車すると食堂車のスタッフがウェルカムドリンクを届けに来た

ウイスキー、ワイン、ジュースなどからチョイスできる

A寝台利用者だけのサービスだ


発車すると寝台車ではおなじみのチャイム「ハイケンスのセレナーデ」が流れ、車掌の車内放送が始まる。

車掌の車内改札は札幌駅停車中に済んでいるので、発車すると今度は食堂車のクルーがやって来て、ウェルカムドリンクの選択、夕食の弁当の予約、翌朝の朝食の予約などを尋ねられる。
食堂車は夜21時からパブタイムとして予約なしで利用できる、明日の朝食の予約を入れた。

ウェルカムドリンクはウイスキーをチョイスした。個室寝台車で水割りをつくって飲むのが何となくお洒落に思えたからだ。もうちょっと良い服を着てくればよかったと思い、ちょっと後悔した。

しばらくして、ウイスキー、ミネラルウォーター、缶入りお茶、氷の入ったグラス、それにおつまみの小袋がトレイに載せられて届いた。
ウェルカムドリンクのウイスキー水割りを飲みながら、持ち込んだ駅弁による遅めの昼食にする。
寝台列車での昼酒もなかなかいいもんだ。


P4280074.JPG
お昼ごはんに持ち込んだ「やまべ鮭寿し」と麦輪小樽のベーグル




 P4280045.JPG
A個室ロイヤルの室内

小じんまりとしているが、室内で座っていると結構快適

座席は壁のボタンを押すと背もたれが倒れてダブルベッドになる

写真は自室ではなく隣の空き部屋
 


P4280040.jpg
持ち帰れるアメニティセットがあるので、手ぶらで乗っても平気

禁煙ではないのか灰皿も置いてあった


P4280182.jpg
トワイライトエクスプレスのエンブレムが入ったスリッパ


シャワー室は折りたたみ式のトイレ、洗面台も完備している。トイレは簡素な造りで、小用ならばこれで間に合うが大の方は外の共同の方のを使用した方がいいかもしれない。
P4280088.jpg  P4280094.jpg
P4280091.jpg  P4280102.jpg
シャワーのお湯が出る時間は20分間もあるので、かなりゆっくりと使える
ベッドと反対側の壁には鏡、ドライヤー、テレビ、クロゼットなどが所狭しと並んでいる


途中でトワイライトエクスプレス「旅のしおり」を売りに来たので1冊求めた。食堂車スタッフによる編集とのことで、毎日乗務しているスタッフ目線で、沿線の見どころが見逃してしまうようなところまで記載されている。
途中駅の通過時刻を記したしおりも付いている。

駅弁を食べ終わるとすることが無くなったので、車内探検をしてこよう。