2012年チェコ鉄道旅行記7 プラハ観光2日目 チェコビールフェスティバルなど


DSCN2000.JPG
91番レトロトラム終点
ヴィスタヴィシュチェ(Výstaviště)停留所


91番レトロ終点はストロモフカ公園の入口にあり、ここでは今日(6月2日)までチェコビールフェスティバルが開かれている。

電車を降りると大きな看板があったのですぐにわかった。
立派な建物(産業宮殿)があったのでそこが会場かと思ったら、看板の矢印の通り歩いて行くと建物の裏に大きなテント小屋が2棟あってそこが会場だった。

建物の前に大行列が出来ていてそこがチケット売り場かと思ってよく見たら「人体の不思議展」のチケット売り場だった。


DSCN2003.JPG
奥の立派な建物は1891年のボヘミア王国領邦記念博覧会の時に建てられた産業宮殿


DSCN2034.JPG
チェコビールフェスティバルの看板


DSCN2031.jpg
チェコビールフェスティバルの会場


テント小屋の一つに入ってみると広大なテント内にはたくさんのテーブルと椅子が並べられている。入ってすぐのところにチケット売り場があった。正確にはトーラルとよばれるコインである。

とりあえずトーラルを5枚買った。225コルナ(約900円)。

DSCN2027.JPG
トーラル売り場


会場内は手前側のテーブルはそこそこ盛況だが、空きテーブルが多い。
ビールの都プラハで、しかもビールフェスティバルというからには「オクトーバーフェスト」みたいだと想定から、ちょっと拍子抜けした。

テーブルに座るとチェコの民族衣装をまとったスタッフが注文を取りに来た。
メニューの一番上にあったフェスティバルビールと、食事はなんとなくどんなものかは分かったのを1つ指差した。

やってきたビールはなんと1リットルサイズ。
料理の方はスライスしたパンの上に豚肉のペーストや玉ねぎを載せてトーストしたもので、美味しかった。

DSCN2005.JPG
フェスティバルビールとつまみ


DSCN2006.JPG
会場内の通貨トーラル


会場内のお客はみんな和気あいあいとビールを楽しんでるという様子で、特に盛り上がっているテーブルもなく、陽気なドイツとはだいぶ違った。

会場奥の方は空きテーブルばかりが目立っている。フェスティバル最終日で土曜日なのにさびしい。

まだトーラルが2枚あって、余したらもったいないし、かと言って昼間から1リットルビール2杯は飲み過ぎだなと思ったが、ここはプラハだしビールフェスティバルなのだからいいや、とスタッフを呼んだ。

DSCN2007m.jpg
2杯目はダークラガービール


DSCN2029.jpg
入口近くは盛況だが


DSCN2009m.jpg
奥の方はこのとおり


1時間半ほど居たが、トーラルもなくなったし、そろそろ引き上げる。

プラハ本駅へ行って明日乗る列車の切符を買ってから戻ることにする。

DSCN2048.JPG
トラム停留所前にあったキオスク
オープンカフェでビールを飲むのは近所の人たちだろうか


DSCN2050.JPG
14番のトラムを待つ


DSCN2054.JPG
トラムの車内


→8,プラハ観光2日目 プラハ本駅など


2012年チェコ鉄道旅行記 もくじ

posted by pupupukaya at 12/08/19 | Comment(0) | 2012年 チェコ鉄道旅行記

2012年チェコ鉄道旅行記8 プラハ観光2日目 プラハ本駅など


ビールフェスティバル会場のヴィスタヴィシュチェ(Výstaviště)から14番のトラムに乗って、プラハ本駅最寄りのインドジシュスカー(Jindřišská)で降りる。

明日の列車の切符を買うのと、昨日バスで着いたプラハ本駅を改めて見るためだ。

P6020169.JPG
プラハ・フラヴニーナードラジー駅(プラハ本駅)


プラハ本駅は正式にはプラハ・フラヴニーナードラジーと言う。「フラヴニーナードラジー」とは都市の代表駅のことで、英語ではセントラルステーション、ドイツ語ならハウプトバーンホフになる。

この駅の構造はだいぶ変わっていて、1、2階コンコースの屋上に乗っかるような形で旧駅舎があり、その正面に高速道路とそれにつながる駐車場がある。つまり、コンコースは旧駅正面の高速道路の高架下にある。
また、駅正面は公園になっているので車の乗り入れは出来ず、屋上の高速道路から出入りする駐車場が駅前広場の代わりになっている。


P6020193.JPG
屋上にあるプラハ本駅旧駅舎
二本の塔と真ん中のアーチが特徴
1900年代初頭の建築らしい


旧駅舎へは2階コンコースからエスカレーターで行くことができる。すでに駅としての機能は終わっているようだが、高速道路側の出入り口の前は長距離バスの乗り場になっているほか、反対側の出入り口からは1番ホームに直接出入りできるようになっている。

普通に鉄道を利用するときは行く事はない旧駅舎ですが、時間があれば是非一見をおすすめします。

P6020182.JPG
旧駅舎の内部
丸天井のアール・ヌーヴォー風の装飾が美しい


P6020187.JPG
時が止まってしまったかのようだ
(時計も止まっている)


P6020186.JPG
内部のホールはカフェになっている


DSCN2124.jpg
天井のドームを見上げる


P6020181.JPG
旧駅舎は1番ホームに面している


P6020172.jpg
アーチ状のドームが覆うホーム


DSCN2122.JPG
1階コンコース




さて、駅に来た用事のもう一つ、切符を買わなければならない。
プラハ本駅の切符売り場はオープンカウンターになっている。切符はすべて窓口での販売のようで、券売機は地下鉄のを除いて1つも見かけなかった。


明日の予定は9:12発の列車でオロモウツまで行く予定だ。
切符売り場には主な都市間ごとの列車の時刻表が置いてあるので、プラハ・オロモウツ間の時刻表を1枚取った。
この時刻表に乗る列車を丸で囲んで明日の日付も書いて窓口に出して発券してもらった。オロモウツまでは乗車券220コルナ、特急券70コルナ、計290コルナ(約1160円)。254km離れた都市までこの値段で行けるのだからチェコの鉄道は安い。

DSCN2116.JPG
1階の切符売り場


2階コンコースは列車を待つ人たちでごった返している。青色の電光掲示板をジッと見上げている人が多い。これは列車の発車するホームが時刻の20分くらい前にならないと表示されないためで、皆自分の乗る列車のホームが表示されるのを今か今かと待っているのだ。

昔、札幌駅が列車別改札を行っていた頃、改札口前でこれと同じような光景が見られたものだ。見てたらちょっと懐かしくなった。

構内には常に列車の発着案内の放送が流れている。さすがに首都の駅らしくチェコ語と英語の二本立てになっている。
放送の前に流れるチャイムも駅構内を独特の雰囲気にしている。

DSCN2069.jpg
2階コンコース
列車発車案内板を見上げる人々


下の動画はプラハ本駅構内放送です。スメタナ「わが祖国」第1曲「ヴィシ-ェフラド(高い城)」の冒頭部分がチャイムになっています。





2012年チェコ鉄道旅行記 もくじ
posted by pupupukaya at 12/08/19 | Comment(0) | 2012年 チェコ鉄道旅行記

2012年チェコ鉄道旅行記9 プラハ観光2日目 旧市街など



駅で翌日の切符を買ったあとは夕方まで旧市街を歩き回っていました。

旧市街

P6030229.jpg
旧市街地はどこも人だらけ


P6030227m.jpg
あちこちにストリートパフォーマンスが


P6030231.JPG
お土産の屋台が立ち並ぶハヴェルスカー市場


P6030230.JPG
カワイイお土産がいっぱいあって見ているだけでも楽しい



天文時計

P6020064.jpg
市庁舎の壁にある天文時計
毎時ちょうどになると骸骨が鳴らす鐘とともに仕掛けが始まる
時計の見方は結局わからなかった



天文時計の仕掛けが動き出す


P6030239.JPG
天文時計の仕掛けを見るために集まった大勢の人々



ショーウインドー

P6020095.jpg
ショーウインドウに飾られた美しいボヘミアグラス


P6020103.jpg
お土産の置物たち



プラハbPのビアホール

旧市街地の片隅にあの有名なビアホール「ウ・ズラテーホ・ティグラ(黄金の虎)」があった。ここはプラハビールの最高峰となっていて、地元の常連さんで常に満席らしい。
数々の旅行者が黄金の虎に挑戦するも断られて撃沈してきたという。
それでも無理やり頼み込んでここのビールを口にした者は口を揃えて大絶賛している。

入店?いやもうプラハ初訪問のワタクシなど恐れ多くて。店先を拝めただけで満足です、ハイ・・・

P6030234.jpg
プラハビールの最高峰とされる「黄金の虎」
いつかは行ってみたい




両替商

旧市街を歩いていてやたらと目に付くのは両替商。買い物してお金が足りなくなって駆け込む人がおおいからなのか?
ただし、このあたりでの両替はあまり評判は良くないらしい。
今は両替商と同じくらい街中に普通にATMがあるのでそっちを利用したほうが安心だ。

でも、成田空港で両替するよりはここのがマシかもしれない。

P6020091.jpgP6020097.jpgP6020099.jpg

DSCN3146.jpg
街中あちこちにATMがある
日本と違い屋内ではなくビルの壁面に取り付けられたものが多い



物乞い

道を歩いていてよく目にするのが道端に普通にいる物乞い。いかにも本物のボロをまとった人から、血色の良い兄さんがシャレでやってるとしか思えないような人までいる。観光客が余った小銭を置いていくのだろう。

大抵は地面にひざまずいて前に帽子や容れ物を差し出す格好をしている。あの格好でじっとしているのは辛いだろうな。

帽子すら無いのか、ただ両手を器のようにして差し出している人もいたが・・・

P6020072_copy.jpg
よく物乞いを見かける



プラハ最後の晩餐

この日の夕食はまた「ウ・メドヴィートクー」にしました。

DSCN2080.JPG
ダークビール


DSCN2077.JPG
田舎風豚の胸肉、二種類のチェコ風蒸しパン


今回の会計は料理1品とビール3杯で256コルナ。すっかりいい気分で、チップも渡してきた。

DSCN2098.jpg
夕焼け空
明日も天気は良さそうだ




2012年チェコ鉄道旅行記 もくじ
posted by pupupukaya at 12/08/19 | Comment(0) | 2012年 チェコ鉄道旅行記

2012年チェコ鉄道旅行記10 スーパーシティ列車でオロモウツへ

プラハ9:17 −SC505 ペンドリーノ −11:19 オロモウツ

朝目覚めるとそこはプラハのホテルだった。当たり前だけど・・・
外国を一人で旅していると、夢と現実がごっちゃになってしまう。

さて、今日からプラハを後にして題名通りの鉄道旅行が始まる。
最初の目的地オロモウツまで9:12発のチケットは昨日プラハ本駅で買っておいた。ゆっくりしていても良いのだが、1時間くらい前には駅に着いていたいので、8時にホテルを出るために朝食前に出発の支度をしておく。

DSCN2105.jpg
部屋の天窓からの風景


今日は日曜なので朝のテレビはアニメやドラマの再放送ばかり流している。ニュースは衛星放送くらい、天気予報は世界の天気しかやってない。

7時半からの朝食を手短に済ませて、予定通り8時にチェックアウト。宿泊代は昨日クレジットカードで済ませてある。
レセプションのお姉さんに「チェックアウト プリーズ」と言ったら通じた。「バイバイ」と言って二晩お世話になったホテルを後にした。

停留所で時刻表を見てびっくり。本駅へ行く9番のトラムは次の電車が8時28分!20分以上待たねばならない。
ヨーロッパの交通機関は土日は極端に本数が減るので注意しなければならない。

本駅まで歩いても15分くらいの距離なのだが、石畳の道をキャリーケースをゴトゴト引いて行けば車輪が絶対に壊れる。目の前が地下鉄の駅なので、途中フローレンツ駅で乗り換えになるが地下鉄にしようと駅に行ったが、地下深くまで超高速回転で動いているエスカレーターを見て乗る気がしなくなった。

スーパー「テスコ」など商業施設などが立ち並び、普段は人通りの絶えない停留所も、日曜の朝は人通りもほとんど無い。たまに他系統の電車が来るが乗り降りも少ないまま発車して行った。

ようやく来た電車は乗ってしまえば信号待ちも無いので早い。5分ほどで本駅近くのインドジシュスカー停留所に着いた。

DSCN2113.jpg
やっと来た9番のトラム
ナードロニー・トジーダ停留所
大きいビルはスーパーのテスコ


DSCN2115.jpg
トラムの停留所から駅まで歩く


本駅はさすがに日曜の朝でも賑やかだ。駅構内の店も普通に営業している。

青い電光掲示板を見るとSC505列車は表示されているがホーム番線はまだ空欄になっている。
少し待っているとホームが表示されて、掲示板前でたむろしてた人たちがゾロゾロと動き出した。

DSCN2123.JPG
プラハ本駅の発着案内板
9:12発SC505列車のホーム番線はまだ空欄だ


DSCN5477.jpg
SC505列車のチケットと時刻表
乗車券と特急券(らしい)


DSCN2127.JPG
地下道を通ってホームへ


地下道を通ってエスカレーターでホームに出ると左側にミュンヘン行EX352列車が停まっていた。SC505列車はまだ入ってきていない。

しばらくEX352列車を外から見物する。
先頭が電気機関車で、1等車1両、食堂車1両を含む客車5両の豪華編成。一昨日ミュンヘンからプラハまでバスで来たのだが、列車でも良かったかなと思った。

DSCN2135.JPG
ホーム反対側はミュンヘン行


DSCN2140.jpg
ホームの列車編成表


発車15分くらい前になって、SC505列車が入ってきた。

今度乗る列車は『スーパーシティ』(略してSC)と言って、イタリア・フィアット社製のペンドリーノという振り子式電車で、プラハと各都市を高速で結ぶチェコ国鉄の看板列車になっている。

高速新線区間は無いので、日本で言うところの新幹線ではなく在来線の「スーパー○○号」といったところ。

プラハ〜オロモウツ間は254kmあって、SCは1駅だけ停車で2時間7分で結ぶ。表定速度は120km/hになる。

DSCN2146.JPG
列車が入ってきた
スーパーシティ505列車ペンドリーノ
オストラヴァ行7両編成


列車がホームに入ってきて、さて乗ろうとチケットを見ると座席番号しか書いていない。何号車に乗れば良いのだろうか。制服を着た車掌らしい人にチケットを見せると、ここだと案内してくれた。
どうやら座席番号は号車ごとではなく、編成全体に連番で振られているようだ。車体に座席番号が『11-56』と表示してあった。何とも分かりにくい。

DSCN2147.jpg
ペンドリーノの入口


DSCN2155.jpg
先頭車両
(最後部だが)


車内は2等なのに2+1列のリクライニングシートなので豪華だ。座席は固定式で回転ができないので、半分は進行方向と反対の向きになる。

各座席には背面テーブル、読書灯、コンセントがついている。小物入れネットの下に引き出しのようなのがあって何かと思ったら、他の乗客を見たらゴミ箱だった。

車内販売もあって、各種ドリンク、アイス、サンドイッチなどをワゴンに乗せて何度も往復していた。

DSCN2157.jpg
プラハ本駅を発車する


DSCN2160.jpg
しばらくはプラハの町中を走る
どこか社会主義時代の面影が…


めずらしく車内は混んでいて、9割方の座席が埋まったくらいの乗車率。それでも一人掛け席なのでゆったりとしている。

発車すると車掌が検札に回ってきた。そのあとクルーがワゴンを押して現れる。車内販売かと思たら、ミネラルウオーターのボトルを配り始めた。
さすがチェコ国鉄ご自慢の高速列車、大変サービスが良い。

在来線を160km/hでかっ飛ばすので結構スピード感がある。小駅を次から次へと通過する。
天気は下り坂のようでどんよりと曇っていて、暗い。

DSCN2147.jpg
駅間は地平線の向こうまで麦畑が続く


プラハ本駅を発車して54分で最初の停車駅パルドゥビツェに停車する。
プラハから146km、人口8万8千人の都市である。

ここパルドゥビツェで半分近くの乗客が降りてしまった。乗ってくる人もいたが、ここからは空席が目立つようになった。

1.jpg
パルドゥビツェ駅に停車


DSCN2234.JPG
車内のシートは2等でも3列になっている


DSCN2186.jpg
リクライニングシート


DSCN2221.jpg
駅を通過する


この列車にはビストロカーもあって行ってみたかったが、荷物の心配とお腹が空いていなかったのと、乗車時間2時間が思いのほか短かったので残念ながら叶わなかった。

11時17分、1分の遅れもなくオモロウツ本駅に到着した。


DSCN2240.JPG
オロモウツ駅の古びたホーム


DSCN2242.jpg
地下道から階段を登って駅舎へ


オロモウツでは15時まで町の散策やトラム乗車をしようと思っている。
駅だからコインロッカーか荷物預り所くらいあるだろうと探したらすぐにコインロッカーが見つかった。1回60コルナで使用できるのは硬貨のみ。
手持ちのでは足りなかったので、駅構内のコンビニでチョコウエハスを2個買って、そのお釣りを足すと60コルナ分の小銭がそろった。

コインロッカーの使い方は日本と同じで、使用中が赤ランプ、緑ランプで鍵が差さっているのが空き。
お金を入れて鍵を回して抜けば良いだけだった。

DSCN2312.JPG
風格漂うオロモウツ駅のコンコース


DSCN2375.JPG
コインロッカー




2012年チェコ鉄道旅行記 もくじ
posted by pupupukaya at 12/09/01 | Comment(0) | 2012年 チェコ鉄道旅行記

2012年チェコ鉄道旅行記11 オロモウツの街・トラムなど


プラハから特急列車で約2時間、オロモウツに着いた。
オロモウツはチェコ6番目の都市で、人口は約10万人。しかし、文化財保有数はプラハに次ぐという。

プラハを出たころはどんより曇っていた空は、ここオロモウツでは晴れて青空も見える。
駅の前はトラム乗り場になっていて、めずらしく屋根で覆われている。
手前駅側は中心部方向への乗り場になっているので、電車が着くたびに人だかりができるが、それ以外はほとんど人がいない。
青空のせいか妙に広々とした印象の駅前だった。

DSCN2244.jpg
オロモウツ本駅正面


DSCN2325.JPG
オロモウツ本駅トラム乗り場


まずはトラムに乗って中心部へと向かう。その前に券売機があったので1日乗車券を買った。オロモウツは4時間くらいの滞在なので1日券でなくてもいいのだが、たった46コルナ(約180円)なので1日券にした。

DSCN2321.JPG
トラム乗り場の券売機
1日券は46コルナ
硬貨しか使えない


DSCN5479.jpg
券売機で買ったオロモウツの1日乗車券


DSCN2246.jpg
トラムに乗る


DSCN2263.jpg
コルナ停留所


駅からトラムに乗り、ホルニー広場に近いコルナ停留所で降りる。トラムの線路から二股に分かれた道を歩いて行くと市庁舎の前に出た。
市庁舎の壁にはプラハで見たのと似た天文時計がある。もう少ししたら仕掛時計が演奏をする正午になるので、天文時計の前はプラハほどではないが大勢の人が集まっている。

広場にはユネスコ世界遺産になった聖三位一体柱が立っていて、それを囲むようにベンチがあり、こっちは地元の人が座ってくつろいでいた。

DSCN2249.jpg
ホルニー広場
塔があるのが市庁舎


DSCN2250.jpg
市庁舎の天文時計


プラハの市庁舎のと並ぶ名高い天文時計だが、チェコでは天文時計はがっかりスポットとされているようだ。
見た目はプラハのほうが美しいが、仕掛けはこちらオロモウツのほうが凝っている。
ただ、仕掛けが動くのはオロモウツのは正午だけなので、それを目がけて行かなければならない。「地球の歩き方」には「毎正時」と書いてあるが、正午以外の正時に行くと大変がっかりすることになる。



市庁舎天文時計が奏でる4分間の仕掛けと演奏


仕掛け時計の演奏が終わると観光客はそれぞれに散らばっていって、静かな広場になった。

DSCN2251.JPG
ホルニー広場中央にある聖三位一体柱


DSCN2252.jpg
2000年にユネスコの世界遺産に登録されている


DSCN2357.jpg
デニソヴァ通りを行き交うトラム


DSCN2348.JPG
奥に見える塔は聖ヴァーツラフ大聖堂


DSCN2360.JPG
聖母マリア教会


DSCN2350.JPG
聖母マリア教会の中


中心部の見る物は見たので、あとはトラムに乗ることにする。

DSCN2266.JPG
2番のトラムに乗る


DSCN2276.jpg
2番トラムの終点


DSCN2284.jpg
ナメスティ・ハルディヌ(náměstí Hrdinů)停留所
ここは全ての系統が集まる


DSCN2309.jpg
カラフルな広告電車


DSCN2329.jpg
車内から


それにしてもオロモウツの街中は、中心部以外は日曜だからなのかほとんど人を見かけなかった。
車もほとんど走っておらず、信号機も多くが消灯していた。まるで無人の都市のように思えた。

道路を行くのはトラムと路線バスだけ。車も走っていない通行人もいない。
日曜は外出しないのだろうか。
どうしてしまったんだろう?まさか日本のように中心部は空洞化したわけでもないだろう。



2012年チェコ鉄道旅行記 もくじ
posted by pupupukaya at 12/09/02 | Comment(1) | 2012年 チェコ鉄道旅行記

2012年チェコ鉄道旅行記12 オロモウツからブルノへ列車移動

オロモウツ15:07 −R904 −16:38 ブルノ

ホルニー広場の三位一体柱のところのベンチに座って駅のコンビニで買ったチョコウエハスをかじっていると、風体の良くない男がやってきて隣に座り「センキュー、コルナ」と言う。金をせびっているようだ。無視するのがいいんだろうけど、あんまりしつこいので小銭を渡すと静かになった。

まだ列車の発車時刻まではだいぶあるが、トラムで駅へと向かった。

DSCN2369.JPG
オロモウツ本駅
コンビニがいくつかあって便利


切符売り場の窓口で「ブルノ」というとすぐ通じた。支払いにクレジットカードを出すと、カードはあっちと別な窓口を指さした。オロモウツ〜ブルノ間は135コルナ。

プラハ滞在中にATMで合計5000コルナおろしていたが、チェコの物価が安くて思ったほど現金が減らない。もうクレジットカードは必要なさそう。

オロモウツ〜ブルノ間は鉄道ならば100kmの距離で、列車は、オロモウツ州北部のイェセニーク〜オロモウツ〜ブルノ間を2時間毎に往復している快速列車がメインになっている。
それ以外の系統や、途中乗り換えの列車を含めるともっと本数が増えるが、あまり鉄道の便は良くない。
ブルノまでならばバスのほうが早くて安く、また本数も多い。

DSCN2377.JPG
オロモウツ本駅の電光掲示板の発車時刻表
今度乗るのはブルノ行きR904列車


DSCN2376.jpg
駅にある列車編成表の表示機
ボタンでスクロールできる


発車時刻案内板の下にある地下道階段脇のドアから1番ホームに出ると、ホームはブルノ行列車の乗客たちが大勢いる。バスのほうが便利なので列車もがら空きだろうと思っていたら意外だ。

ブルノ行R904は客車6両編成で、半室1等の車両が1両、半室荷物室の車両1両ついている。全車旧型のコンパートメントタイプで、チェコ国鉄のローカル列車は大体このような編成になっている。

DSCN2371.JPG
向かいの2番ホーム


DSCN2372.jpg
イェセニーク行きR905列車が入ってきた


DSCN2384.JPG
こちら1番ホームにもブルノ行R904列車が入ってきた


定刻なら15:01着だが、4分ほど遅れてブルノ行列車が入ってきた。イェセニーク始発の列車からは殆どの乗客が降りた。かわりに私たちオロモウツからの乗客が乗り込む。

空いているコンパートがあったので入って窓側の席に座る。次いで50代くらいの夫婦が入ってきて同室になった。

客車の窓は水垢や煤でこれでもかというほど汚れている。コンパート内は4人掛けレザー張りのシートが向い合せになっている。真ん中の肘掛を上げれば横になれそうだが、寝台車としての機能は無い。
車内あちこちにスプレーの落書きがあったりして、夜に一人で乗っていたら怖そうな雰囲気である。

DSCN2403.JPG
2等車のコンパート
1室の定員は8人


DSCN2387.JPG
コンパートの席に座るとこんなかんじ


DSCN2390.JPG
ずっとこんな殺風景な車窓
窓ガラスは汚れている


快速列車なので小駅は通過する。線路は単線で、乗り心地はあまり良くない。客車は規則正しくレールのジョイント音を刻む。
牧草地ばかりの殺風景な景色で空も暗く、途中で雨が降り出した。

DSCN2394.JPG
ヴィシュコフ・ナ・モラヴィエ駅
赤い帽子の駅員が出発監視を行う


オロモウツの近郊列車としての役割もあって、途中駅で次々と乗客が降りる。距離的にはほぼ中間のヴィシュコフ・ナ・モラヴィエ駅からはブルノまでノンストップになった。

ブルノ到着が近くなると左側から合流する線路に、オーストリア国鉄の赤い機関車の牽く列車が走っていて、ブルノ駅に到着するまでぴったり並走した。




何を勘違いしたのか頭がボーっとしたのか、ブルノはまだ先だと思い込んでいた。
下車する乗客が不思議そうにこちらを見る。
外を見ると窓の外に大きく「BRNO.hl.n」の文字が見えた。あわてて荷物を持って下車する。
ブルノが終点のはずだが、途中駅であるかのように全員下車するとすぐに大勢の客が乗り込んだ。
ホームの発車案内板を見ると「R874 Praha-Smíchov 16:45」と表示してある。この列車はブルノに着いてすぐにR874列車プラハ行に変身するのだった。

DSCN2405.JPG
ブルノに到着
駅名表示板が大きい
奥はプラハ行に変身したR904列車


DSCN2407.JPG
ブルノ駅のホーム


ホームからの地下道は直接駅舎のコンコースに出た。
ブルノはチェコ第二の都市だけあって駅舎も大きい。
コンコースの発車案内板を見たら、なんと懐かしい反転フラップ式ではないか。黒字に白抜きの文字で、パタパタ音を出して表示させるやつだ。
今じゃ日本では地方空港でたまに見るくらいだが、ここまで規模の大きいのが残っているのはめずらしい。



DSCN2408.jpg
ホームと駅舎は地下道が結ぶ
チェコ国鉄の駅はどこもこんな感じ


DSCN2416.JPG
ブルノ本駅のコンコース


ブルノでは2泊する予定で、ホテルは駅向かいの「グランドホテル・ブルノ」。ブルノ最高の4つ星ホテルということになっている。

市電通りに面したホテルのエントランスはあまり高級ホテルには見えないが、中に入ると自分の恰好が場違いな気がするほど高級だった。
日本のインターネット予約サイト利用で2泊で1万1500円。円高とはいえかなりお値打ち価格だ。今回のホテル予約で利用したサイトは、予約時に代金を支払うシステムなので、フロントでは印刷してきたバウチャーを出す。

ちょうど日本人観光ツアー一行が到着したところだった。あちらの年配が多い御一行は高級ホテルにふさわしいVIP感漂う。ブルノ観光するとも思えないからきっとプラハかウィーンあたりに向けて移動中で、明日朝すぐに発つのだと見受けられる。
ブルノ観光だとすると、えらい渋いとこ巡りのツアーだ。

DSCN2426.JPG
駅の向かいに建つ「グランドホテル・ブルノ」
ブルノ最高級のホテルらしい


DSCN2430.JPG
さすがに高級ホテルだけあって部屋は広い


DSCN2433.JPG
バスルームもこの広さ


旅行会社まかせのプランで旅行していて高級ホテルに当たると、こんな高級でなくても…と思うが、自分で見つけたホテルなのですごく嬉しい。
この値段でこの高級感。部屋もバスルームも広い。あー幸せ。

荷物を部屋に置いて一息ついたらまず買い出しへ。駅裏にスーパーマーケット「テスコ」があるので便利だ。

入り組んでいて薄暗いデンジャラスな雰囲気の地下道を抜けると目の前に「テスコ」があった。

カゴを持って売り場を見て回る。国内、海外問わず、旅行中はその土地のスーパーの品物を見るのは楽しい。

総菜売場でサラダ、パン売場でピザパン、肉売場でサラミなどをカゴに入れる。
ビール売場がすごくて、何十種類もの銘柄のビールがずらりと並んでいる。その中から4本選んでカゴに入れた。あと、ミネラルウォーターも。

ビールの値段はは0.5L入りひと瓶7〜15コルナ(28〜60円)くらい。同じ量のミネラルウォーターのペットボトルが15コルナだったから水よりビールのほうが安いことになる。実際は1瓶当たり3コルナ上乗せされて、瓶を返却すると返金される。

なぜか水は1・5リットルボトルの方が安い。テスコで1.5ボトルの一番安い水で4コルナだが、0.5ボトルだと10コルナ以上する。
よく1.5入りボトルを下げて歩いている人を街中で見かけるのはそのためか。

DSCN2436.JPG
ブルノ本駅の裏口
スーパーの「テスコ」やショッピングセンターがあるので賑やかだ


部屋には冷蔵庫があって有料の飲み物が入っているミニバーになっている。料金表を見るとビール(0.33L)95コルナは高い!今買ってきた同じ銘柄のビールは0.5Lで9コルナだ。

とりあえず高い飲み物は外に出して、今買ってきたスーパーのビールと入れ替える。
同じことをどこかでやった気がするが思い出せなかった。

ビールを冷やしている間にバスタブでお湯につかった。下着の洗濯もやっておいた。

P6040247.JPG
テスコで買ってきたビールと食材


P6040249.jpg
さすがチェコは瓶ビールも美味い
いくつもの銘柄を飲み比べてみる


ビールを3本飲んだら疲れもあって眠くなったが時刻は9時前。窓の外はまだ明るかった。
明日はトラムに乗ってブルノ観光の予定である。



2012年チェコ鉄道旅行記 もくじ

posted by pupupukaya at 12/09/09 | Comment(0) | 2012年 チェコ鉄道旅行記

2012年チェコ鉄道旅行記13 ブルノ市内を走るトラム

6時半過ぎに1階朝食会場のレストランへ行った。
さすがに高級ホテルらしく、料理の品数は多い。デザートもあって充実している。しかし野菜は少ない。せいぜいトマトかキュウリの輪切りくらいしか置いていない。こちらの人はサラダなど食べないのだろうか。

ソーセージやチーズ、パンなどは慣れてくると日本の物よりずっとおいしく思える。

DSCN2441.JPG
朝食はセルフのホットビュッフェ
ソーセージにスクランブルエッグがメインなのはどこも変わらない


DSCN2442.JPG
デザートのケーキ
すごく甘かった


昨日の夕方ここに着いた日本のツアー御一行様もレストランの一角に集まって朝食中だった。
日本の団体さんは慎ましやかというかお上品そうに見えて、かわいらしい。パワフルな中国人一行とは正反対のようだ。

聞くとは無しに食事しながらツアー御一行の会話を聞いていると、いかにも日本人らしいなーと同じ日本人ながら思ってしまった。

DSCN2446.JPG
1階ロビーは広くはないがゴージャスな感じ


今日は1日ブルノ市内を見物する予定だ。天気も悪いようなので、遠出はしないことにした。
市内電車の1日乗車券はホテルに売っていると、出発前にどこかに書いてあった気がした。
朝食の後、フロントの人に「トラム ワンディティケット プリーズ」と言ったら通じた。1枚90コルナ。

DSCN2444.JPG



DSCN2455.JPG
ちょうど朝ラッシュのトロリーバス専用乗り場


宿泊しているブルノグランドホテルは駅正面の斜め向かいにあるので交通の便も非常に良い。

駅正面には3面4線のホームがあって、路面電車が次から次へとひっきりなしに発着する。日本のように1台の電車ではなく、3両も4両もつながった長い電車が次から次へと出入りするのである。
ちょうど朝ラッシュ時なのでホーム上も人がいっぱいだ。

駅前のトラム乗り場だけでも、人口約37万人の都市とは思えないほどすごい活気がある。

トラムの系統は1番から13番まであり、どの系統も5分間隔くらいのダイヤなので、ほとんどの系統の集中する本駅前などは途切れることなく電車が来るわけだ。
しかし関心なことにこれだけの本数でありながら、渋滞や団子運転は見なかった。


↓印刷して持って行ったブルノ市内の路線図
http://www.idsjmk.cz/mapa/Plan-site-Brno.gif


DSCN2461.JPG
ブルノ駅前のトラム乗り場


さっそく電車に乗ってみる。基本的にレールの上を走る乗り物なので、変なところに連れて行かれることは無い。わからなければまた同じ番号の電車で戻ればいいだけだ。

DSCN2493.JPG
主要な電停は人がたくさん


DSCN2479.JPG
街中網の目のように張り巡らされているトラムの路線


DSCN2525.JPG
郊外は専用軌道も多い


DSCN2515.JPG
終点のループ


DSCN2513.JPG
ループ線は留置線も兼ねているのか色とりどりの電車が並んでいる


ブルノの街は歴史も古く、お城や教会などの文化遺産も数多くあるが、観光的なところは全くいかずに1日中トラムに乗ったり撮影したりしていた。
天気が悪かったのもあるが・・・

DSCN2490.JPG



DSCN2542.JPG




普通に道路の車道も走る。
DSCN2530.JPG




車内の内装はいささか殺風景だ。
車掌は乗っていないので、黄色い機械にチケットを差し込んで打刻する。
これをしないと運悪く検札があった場合に問答無用で罰金を取られる。
DSCN2515.JPG



DSCN2464.JPG




昼前くらいから雨が降り出した。
雨の中、行く所も無いので雨宿りがてらずっと電車に乗っていた。
DSCN2572.JPG

雨足はだんだん強くなって、道路も水びたし。
DSCN2591.JPG


DSCN2591.JPG



雨の中電車を待つ人々。傘を持っている人は少ない。
ドイツでもそうだったが、こちらの人々は少しくらいの雨では傘など使わない人が多い。と言っても、この土砂降りではずぶ濡れになってしまう。
DSCN2577.JPG



DSCN2574.JPG





2012年チェコ鉄道旅行記 もくじ
posted by pupupukaya at 12/12/27 | Comment(1) | 2012年 チェコ鉄道旅行記

2012年チェコ鉄道旅行記14 ブルノ市内を走るトラムその2

ブルノ本駅の裏には昨日買い物したスーパー「テスコ」があって、さらにその隣には「Galerie Vaňkovka」(ガレリエ ヴァンコフカ?)というショッピングモールがある。

そこへ行けば1人で食事できるところはあるだろうとやってきた。
駅正面から地下道が通じていて、テスコとショッピングモールは歩道橋で結ばれている。

DSCN2602.JPG

たくさんのテナントが並んだ広い店内の一角にファーストフード店がいくつか並んでいた。「ノルトゼー」があったのでそこに入る。ノルトゼーはドイツが本拠地のレストランで、チェコにも進出したようだ。
レストランと言ってもセルフサービスなので一人でも食事しやすい。

店員のお姉さんに魚のフライを取ってもらって、付け合せも適当に指さしてよそってもらった。ビールもつけてもらった。
既に昼時は過ぎているので空席はいっぱいある。


白身魚フライ、ライス、野菜、ビールで169コルナ。
DSCN2603.JPG
うーん…素材とオリーブオイルと塩気を混ぜたらこうなりましたという味であんまりおいしくない。ライスもパサパサして、懐かしい日本の味というわけにはいかない。
しかし、その分なぜかビールがやたらと美味い。
ビールのアクが強いので、あまりゴテゴテした味付けはよくない。そう思うとこの単純な味付けの料理も悪くは無いと思えてきた。

時刻は午後3時近く、表に出るとまだ雨が降っていた。でも、空が明るくなってきたので止みそうだ。


DSCN2664.JPG
ブルノ駅前、雨が上がるとまた賑やかになってきた


ブルノ本駅向かいの脇の道から坂道を登って行くと、展望台みたいなところがある。
展望台のすぐ下が「Nové sady(ノヴェー・サディ)」停留所で、こことブルノ駅前のあいだは路面電車なのに複々線になっている。
また、路線が3方向に分岐しているところなので、次々に行き交うトラムを見ていると面白い。
知られざるブルノのトレインビューポイントだね。




高台から眺めた、複々線区間をひっきりなしに行き交うトラム。



何やら砂のアートを作成している。
DSCN2671.JPG

旧市庁舎前の青果市場。これは午前中に撮影したもの。
キャベツ市場の地下迷路があるようだが場所を見つけられなかった。
DSCN2553.JPG

DSCN2555.JPG


ホテルに戻る途中、また駅裏の「テスコ」でビールと食品を買った。
それにしてもチェコはビールが安い。ビールと言っても何十種類とある銘柄が並んでいて、それこそピンからキリまであるのだが、安い方のビールは0.5リットル瓶入りで10コルナ以下だ。大体は10〜20コルナの値段だがそれでも安い。

DSCN2693.JPG
テスコで買ってきたビール


チェコビールは濃いからなのか泡立ちがすごく良い。
プラハで見たテレビのドラマで、家庭の夕食でオヤジがグラスにビールを注ぐシーンがあって、そこでも泡だらけにして注いでいた。

プラハの「ウ・メドヴィードクー」でも、注ぎたては半分くらい泡だった。


マサリコヴァ通りの夜景
DSCN2725.JPG

ブルノ駅前停留所の夜景
DSCN2736.JPG

ブルノは天気のせいもあって暗い印象だった。街中で日本人らしい人を見ることは無く、観光客っぽい人も見かけなかった。
プラハのように観光色も無いくすんだ街並みだが、行き交う人々やその中を走るトラムなどが雑然としていて人間らしいブルノ。自分は割と気に入った。



2012年チェコ鉄道旅行記 もくじ
posted by pupupukaya at 13/01/17 | 2012年 チェコ鉄道旅行記
Powered by さくらのブログ