2014年5月支笏湖モラップキャンプ場へ2

テントの設営が終わると腹が減った。
いよいよ待望の青空ビールだ。
イオンで買ったビールはクーラーバッグに入れて氷で冷やしてある。

ビールのアテにジャーマンポテトを作ろうとまずジャガイモを茹でる。これは時間がかかる。
その間に肉を焼いて食べよう。炭火をおこすのが面倒なので、今回はフライパンで焼く。

DSCN3698.JPG
樽前山がきれいに見える。

DSCN3666.JPG
きれいで使い勝手が良い炊事場。

ところが、さっきテーブルに置いてあったはずの肉が無くなっていた。1回出したけど仕舞ったっけかと思いクーラーバッグや買い物袋の中を何度も探すが無い。

?????

さっき炊事場に行った間にカラスにでも持って行かれたのだろうか?油断も隙もない。
ジャガイモが茹で上がるまでビールはおあずけとなった。

DSCN3682.JPG
料理開始。肉が消えたのでジャーマンポテトを作る。

ジャーマンポテトは普通はベーコンかソーセージを使うが、今回はスパム缶を使ってみた。
玉ねぎとジャガイモと炒めるだけなので簡単にできる。

もうこのあたりで我慢が出来なくてビールを飲み始めた。

DSCN3684.JPG
味付けは塩こしょうのみ。にんにくがあればさらに良かった。

DSCN3690.JPG
風景を見ながら昼間から飲む冷たいビールは最高。

ジャーマンポテトを食べて、ロング缶を2本飲んでいい気持になったがすることが無くなった。4時になったが、日はまだ高い。

あまり人もいないので、キャンプ場周辺を散歩してきた。

DSCN3710.JPG
最初に受付する管理棟。薪などもここで売っている。

DSCN3716.JPG
モラップキャンプ場の案内図。

DSCN3718.JPG
炊事棟。

炊事棟はいくつかあって、若干作りが異なる。

DSCN3729.JPG
ゴミ捨て場。野生動物に荒らされないように厳重になっている。

DSCN3734.JPG
水洗トイレ。

DSCN3707.JPG
キャンプ場の隣には商店風の小売店があって、食料や酒はここで調達できる。

DSCN3708.JPG
売店の隣は丸美食堂。海の家みたいな感じ。2階が簡易旅館になっているのだろうか。

DSCN3704.JPG
貸ボートの小屋。

DSCN3703.JPG
白鳥の形をしたスワンボート。足で自転車みたいにペダルをこいで進む。これは昔からあるなあ。

DSCN3702.JPG
桟橋に浮かぶボート。

そういえば管理棟で薪を売っているのを思い出した。ちょっと火遊びなどしてみたくなった。
ボート乗り場の桟橋まで行ってテントに戻る途中、管理棟に寄る。あった、一束510円。買ってテントに戻った。焚き火台は持っていないが、バケツコンロで何とかなるだろう。

テントに薪を置いて、今度は入口と反対の奥の方へと歩いて行ってみる。
砂浜のフリーサイトは終わっても、石浜が行けども行けども奥へと続いている。
きりがないので10分くらい進んで引き返す。キャンプ場から少し離れただけなのにひと気が全くなく、原始のままの湖岸のような感じだった。

DSCN3792.JPG
行けども行けども石浜が続いている。

DSCN3771.JPG
湖岸は流木もゴミも無くきれいだ。

DSCN3801.JPG
キャンプ場を振り返る。

いつの間にか新しいテントが増えている。ほとんどがファミキャンだが、ソロの人も何人か見られた。

DSCN3935.JPG
夕方になるとだんだんテントが増えてきた。

DSCN3931.JPG
テントの中に西日が差しこむ。長かった初夏の1日はもうすぐ終わる。

DSCN3956.JPG
恵庭岳の向こうに日が沈み、湖畔はゆっくりと黄昏れが来る。

テントに入って30分ほど横になって、また外に出ると空は明るいが日は山の陰に隠れてしまっていた。気温は下がってきたが寒くは無い。もとからいないのか、この時期はまだいないのかはわからないが、蚊もいないようだった。

さっき買った薪をバケツコンロに入れて焚き火を始める。薪は火付きが良く、着火剤だけですぐに炎が上がった。
焚き火を見ながらまたビールを飲んだ。

傍から見るとおとなしく物思いにふけってるように見えるが心の中では踊っているのだった。

「ケケケ。燃えろ燃えろ。邪悪な炎の光ですべての船を沈めてしまえ。ケケケケ……。」
 ↑何のセリフだ(^_^;)

DSCN3982.JPG
焚き火を見ながら酒を飲んで考え事などしていると、夜はあっという間に過ぎる。

DSCN4014.JPG
ケケケ。燃えろ燃えろ。焚き火は楽しいな。

バケツコンロでの焚き火は無理があったようで、バケツの口部分の塗料が燃えてしまってコゲコゲになってしまった。焚き火台がほしいな。

薪は十分な量があって、あとキャンプ2〜3回分は使えるほど余った。

DSCN4002.JPG
三日月が空に浮かぶ。雲があって残念ながら星空とはいかなかった。


9時ごろ火を消してテントの中に入った。ビールは6缶全部飲んだ。

疲れとアルコールのおかげで熟睡した。多分夜中に熊の襲撃を受けても起きなかっただろう。
目が覚めると外は明るくなっていた。4時50分。いい感じだ。

DSCN4027.JPG
一夜明けたモラップキャンプ場。酒飲みの朝は早い。

昨夜の風も波もおさまってキャンプ場サイトは静まり返っている。
まだどこも寝ているようで、人影は全くない。キャンパーの人たちって意外と朝寝坊なのね。

湖の上には遠くに白いボートが無数に浮かんでいる。そういえば今日は6月1日、チップ釣り解禁初日だ。自宅に帰ってからテレビのニュースで午前6時までに約220隻のボートが湖に繰り出したと言っていた。

DSCN4088.JPG
対岸の恵庭岳がきれいに見える。湖面には無数のチップ釣りのボートが見えた。

波音が無いので静かだ。誰も居ない早朝の散歩は気持ちが良い。
さすがは全国第3位の透明度だけあって、湖の水は桟橋の先から覗き込んでも湖底が見えるほど澄んでいる。

DSCN4125.JPG
支笏湖の透明な水。

6時半ごろに朝食。レトルトのご飯を温めただけ。おかずは納豆と漬物。次回は朝食にも凝ってみたいものだ。

他のテントの人たちもぼちぼち起きだしてきた。

カヌーで湖に漕ぎ出す人もいたが、ここで宿泊した人たちはほとんどキャンプだけが目的で来ていたようだった。
かつて我が物顔で走り回っていた水上バイクは禁止になり、すっかり静かになった。

DSCN4121.JPG

DSCN4102.JPG
朝食のレトルトごはん。鍋が小さくてはみ出した。

DSCN4114.JPG
雲一つない快晴となった日曜日の朝。

朝食後もずっと座って湖面を眺めたり、テントの中で横になったりして過ごした。
何もしていないのに時間はやけに早く過ぎる。

日が高くなるにつれて、雲が完全に姿を消して快晴になった。後ろの森からは蝉の大合唱が聞こえる。今日は暑くなりそうだ。

8時ごろからぼちぼち撤収する人たちが現れる。
今日は日曜日。行くところもすることも無いのでもう少しゆっくりする。

9時近く、そろそろ撤収開始。ゴミを捨ててきて、荷物を車に運ぶ。テントも畳んで撤収完了。
このころから入れ替わりでデイキャンプの人たちが来るようになり、テントの数も増えてきた。カヌー遊びの人が多い。

DSCN4176.JPG
テントも畳んで撤収。

キャンプ場入口の管理棟に番号札を返却してチェックアウトとなった。

DSCN4194.JPG
並木と支笏湖。ポロピナイ近くの国道駐車場から。


おわり







posted by pupupukaya at 14/06/08 | Comment(0) | 2014年その他旅行記
この記事へのコメント
コメント
ニックネーム: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

Powered by さくらのブログ