本気で辛い激辛ラーメン_地獄らーめん

札幌あたりだとなかなか本気で辛いものを食べさせてくれる店が無いのだが、それでも探すと激辛ファンの舌と心を満足させてくれる品に出会うこともある。

ある日偶然立ち寄ったイオン札幌藻岩店のフードコートにある「一龍」というラーメン屋。
ここの「地獄ラーメン」は辛さの段階が1から10まであって、店員は辛いのがお好きな人は3倍がいいですよと勧めるが、当然10にする。大丈夫ですか?とか余計なことは尋ねられなかった。

DSCN0016.JPG

セルフサービスなので、番号札の無線機がピピピと鳴ると自分で受け取りに行く。

DSCN0002.JPG
地獄ラーメン10。スープの色はあまり赤くない。

あまり辛さは期待していなかったが、麺を一口すすっていきなりガツンとくる辛さがきた。
具はキムチ風の白菜。高温で炒めて香ばしい。あとメンマとチャーシュー。

DSCN0010.JPG
札幌ラーメンふうで具は炒めた白菜。なかなか香ばしい。

ベースは味噌ラーメンのようだ。辛さはハバネロで調節しているようで、ハバネロ独特の風味がする。
それにしてもこの辛さはハンパじゃありませんよ。食べ進むと汗はポタポタと顔を流れ、鼻水も止まらず、目まいもしてくるほど強烈だ。

人に見られたい姿ではないので、好きな席を選べるスーパーのイートインコーナーはありがたい。

この手の激辛にありがちな辛い(痛い)だけで味なんかしなかったということは全然なくて、辛い中にもしっかり旨味も感じた。
スープを飲んで辛いからもうやめようと思っても止まらない感じ。

DSCN0006.JPG
麺は札幌ラーメン標準のちぢれ麺。

DSCN0012.JPG
完食。

はっきり言って死ぬほど辛いです。
たとえば「中本」の「北極ラーメン」に一味唐辛子を匙で3倍くらい投入する人ならばすごく満足します。

しかし辛い物はやめられないなあ。体に悪いってわかっているのだが・・・。

posted by pupupukaya at 14/03/20 | Comment(0) | その他
この記事へのコメント
コメント
ニックネーム: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

Powered by さくらのブログ
最近のコメント(ありがとう)
新型コロナ収束後の旅行先を考える
 ⇒ pupupukaya (10/12)
 ⇒ naitya2000 (10/11)
 ⇒ pupupukaya (10/10)
 ⇒ naitya2000 (10/08)
 ⇒ pupupukaya (10/02)
国道230号 定山渓〜中山峠の旧道
 ⇒ pupupukaya (09/21)
 ⇒ こおたん (09/20)
 ⇒ pupupukaya (09/19)
 ⇒ 金属 (09/17)
2019年冬フィンランド旅行記17 帰国と旅のまとめ
 ⇒ pupupukaya (08/30)
 ⇒ のの (08/29)
 ⇒ のの (08/29)
 ⇒ pupupukaya (05/03)
 ⇒ naitya2000 (05/03)
不思議の駅だった張碓駅研究
 ⇒ pupupukaya (07/09)
 ⇒ ちこ (07/09)
 ⇒ pupupukaya (05/06)
 ⇒ 札幌在住50代 (05/05)
定山渓鉄道跡を歩く2015年 9回目
 ⇒ pupupukaya (05/05)
 ⇒ 花パパ (05/05)