2006年3月17日 夜行特急オホーツクと利尻の最終日

2006年3月18日JR北海道ダイヤ改正の前夜、網走行きの特急オホーツク9号と稚内行特急利尻2本の夜行列車が定期列車としての運行を終えた。

特急利尻は夏季シーズンに「はなたび利尻」号として、夜行オホーツクは流氷シーズンにそれぞれ臨時列車として運転されるが、日常の列車としては最後の運転になる。

そんな2列車の最終日の光景を撮影してきたものです。

DSC02998.JPG
21:30地下鉄さっぽろ駅コンコース。地下街もシャッターが下りて1日が終わろうとしている。

DSC03029.JPG
札幌駅西改札口。この時間は帰宅を急ぐ人々ばかりが足早に通り過ぎる。

DSC03039.JPG
改札口の特急オホーツク9号の表示。

DSC03063.JPG
改札内のコンコース。あちこちにダイヤ改正のポスターはあるが、夜行オホーツクと利尻の最終運転と書かれたものは見当たらなかった。

DSC03058.JPG
コンコースの駅弁売店。夜行列車のお客さんのために店を開けている。

DSC03060.JPG
ロッテリアも営業中。

DSC03142.JPG
コンコースのキヨスクも営業中。お酒やおつまみを買って行く人が多い。

DSC03161.JPG
コンコースの待合スペースにはストーブが灯る。

DSC03083.JPG
8番線は先行する岩見沢行普通列車が停車中。

DSC03066.JPG
ホームの売店やそば店は既に閉店していた。

DSC03089.JPG
岩見沢行普通が発車して、今度の発車は特急オホーツク9号となる。

DSC03095.JPG
オホーツク乗車口は長蛇の列。しかし最終日の名残乗車の人や旅行者ではなく、ほとんどが旭川までに降りてしまう帰宅客である。

DSC03097.JPG
指定席も行列ができる。Sきっぷでも自由席との差額で利用できるようになってから指定席の利用者も増えた。
金曜日のため、いつもより乗客が多いようだった。

DSC03107.JPG
オホーツク9号が入線。

DSC03112.JPG
21号車を1両増結した6両編成。

DSC03120.JPG
最終運転日とあってカメラを持ったファンの姿もいつもより多い。

DSC03137.JPG
もう少しファンがたくさんいるのかと思っていたが、カメラを向けているのは数人だけ。
遅い時間ということもあるのだろうが少々拍子抜けした。

DSC03129.JPG
隣のホームでは三脚を立てている人も。最終運転日とあってホームの駅員も配置されているが、今日のファンの人数では駅員も手持無沙汰に見える。

DSC03134.JPG
オホーツク号のヘッドマーク。昼間のオホーツク号は明日からも走るので、このマークが無くなるわけではない。

夜行オホーツクを見送り、1階コンコースのストーブで暖をとってからまたホームに向かいました。

DSC03168.JPG
特急利尻は旭川方面へ今日の最終特急列車になる。

DSC03171.JPG
7番線には苫小牧行普通列車が停車中。道内夜行列車も通勤電車の間合いに発着するようになって、発車前の旅情も無くなってしまった。

DSC03176.JPG
特急利尻の乗車口札。利尻富士がイラストされている。

DSC03190.JPG
オホーツクの時とは違って、ファンらしい姿も多くなってきた。

DSC03194.JPG
7番線の苫小牧行が発車する。

DSC03196.JPG
最終運転の特急利尻を一目見に来ました、帰宅途中に遠回りして立ち寄りましたという感じの人が多い。

DSC03203.JPG
22:55に苗穂方から利尻が入線。

DSC03207.JPG
皆いっせいにカメラを向ける。

DSC03208.JPG
利尻の車両は夜行専用ではないが、夜汽車は青色が良く似合う。奥に停車中の寝台車は釧路行特急まりも。

DSC03212.JPG
利尻のヘッドマークはこの日で見納め。

DSC03216.JPG
乗客が車内に納まってしまうとホームも閑散とする。
最終日セレモニーどころか横断幕も張り紙すらなく、さびしい最終日だ。

DSC03215.JPG
1両ついているB寝台車。横になっていけるので高いけど意外と人気があった。

DSC03222.JPG
時間が遅いせいか先に発車したオホーツクより空いている。指定席は見事にがら空きだった。それでもほとんどの乗客は旭川までに降りる。
翌日から同時間の特急はスーパーホワイトアロー号になり、大幅にスピードアップされ便利になる。

DSC03218.JPG
明かり灯る車内では家路を急ぐ乗客が発車を待つ。

DSC03220.JPG
最後の特急利尻は23時03分、十数人の鉄道ファンに見送られて稚内へ向け発車して行った。

DSC03185.JPG
夜汽車が去ったホームの果て。
翌朝に稚内と網走から来る上り列車が到着すると本当の最終列車となる。


★その後

2006年6月から稚内行の夜行列車は特急「はなたび利尻」号として運転されるようになった。
しかし、利用者低迷から2007年9月30日の運転を最後に廃止された。
また、夜行オホーツクも流氷シーズンのみ運転の臨時列車として運転していたが、こちらも2008年3月15日オホーツク81号として運転されたのを最後に廃止となった。

一方、釧路行夜行特急「まりも」はこのダイヤ改正でも存続したが、2007年10月1日に臨時列車に格下げ、2008年8月31日の運転を最後に廃止となった。
これにより、北海道内のみ運行する夜行列車はすべて姿を消した。

posted by pupupukaya at 14/02/11 | Comment(0) | 北海道の駅
この記事へのコメント
コメント
ニックネーム: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

最近の記事
Powered by さくらのブログ