2013年10月千歳インディアン水車と謎の線路

千歳のインディアン水車は千歳駅からも近いところにあって、道の駅も併設されている。
水車自体はサケの増殖用の捕獲施設ということになっていて観光施設ではないが、毎年秋になると大勢の見物人が訪れる。

DSCN9981.JPG
インディアン水車では毎年恒例サケの捕獲作業が行われていた。

DSCN9987.JPG
水車のカゴが遡上するサケを捕獲して生け簀へ落とされる仕組みになっている。

DSCN9988.JPG
生け簀から網でサケが水揚げされる。よくまあ次から次と大量に揚がるものだと感心する。
見物人の中には、見世物だからどうせ中で循環してるんじゃね。と悪口を言う人もいたが。

DSCN9999.JPG
水揚げされたサケは職員の手で素早くオスメスに仕分けられる。

DSCN0011.JPG
仕分けたサケはまた網ですくわれてトラックの生け簀に積まれる。

DSCN0020.JPG
トラックに乗ったサケはどこかへ運ばれていった。


DSCN0001-001.JPG
一方水車とは反対側に線路があって何に使うのか不思議に思っていた。

DSCN0009.JPG
路面電車の線路のように舗装面に埋め込まれている。

DSCN0012.JPG
ポイントもあってちゃんと動くようだ。

DSCN0014.JPG
ポイント分岐の一方はすぐに途切れている。

DSCN0016.JPG
線路は坂を登ったところの小屋に入って行って終わる。
タグ:鉄道 千歳

posted by pupupukaya at 13/10/30 | Comment(0) | 気になる物件
この記事へのコメント
コメント
ニックネーム: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

Powered by さくらのブログ
最近のコメント(ありがとう)
ちょっと昔の札幌を振り返る
 ⇒ Tim (06/11)
 ⇒ pupupukaya (05/26)
 ⇒ こうか (05/25)
 ⇒ bobuandcoco (03/13)
 ⇒ pupupukaya (02/07)
急行利尻で稚内へ
 ⇒ naitya2000 (05/29)
不思議の駅だった張碓駅研究
 ⇒ うりぼう (04/15)
 ⇒ pupupukaya (01/12)
 ⇒ ふじた (01/12)
 ⇒ pupupukaya (07/09)
 ⇒ ちこ (07/09)
なんぽくせん(南北線)を探しに
 ⇒ 藤田秀樹 (02/27)
はまなす編成の特急宗谷で稚内へ2
 ⇒ 元・宗谷線常連 (02/05)