市電の見える窓から1

以前、電車通りに面した住居に住んでいました。部屋の窓から撮影した札幌市電の数々です。2009〜2013年頃の画像です。

DSCN0006.jpg
2013年5月から運行を始めた新型低床電車。

DSCN0006.JPG
運行開始当初は1日3便のみ臨時運行で、始発停留所では新し物好きの市民が新型電車を待つ列ができ、連日満員で走っていた。
6月からは通常便として運行されるようになった。

DSCN9960.JPG
新型電車が通ると沿線の通行人や並走する車からも注目されていた。

DSCN8445.JPG
雪解けが進んだころから教習車として走り出していた。昼間など結構な頻度で見かけたものだ。

DSC03895.JPG
オリジナル塗装の電車255号。札幌市電はやはり緑色が似合う。

DSCN0391.JPG
広告電車244号。

DSCN0346.JPG
広告電車251号。

PA110006.JPG
雨の日。

DSCN0204.JPG
雨上がり。

P7230023.JPG
花火大会のため渋滞の中を行く市電。

P7230066.JPG
土砂降りの夜。

DSCN0201.JPG
「探偵はBARにいる」号。

PA040031.JPG
北海道マラソンの交通規制のため大渋滞になった電車通り。

DSCN0041.JPG
バルコニーから。

DSCN0280.jpg
札幌まつりの今日、行啓通電停はお祭り見物客でいっぱい。

DSCN0366.JPG

DSCN0072.JPG
日は暮れて。
posted by pupupukaya at 13/07/17 | Comment(0) | 札幌市電
この記事へのコメント
コメント
ニックネーム: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

最近の記事
Powered by さくらのブログ