孤高の家呑み一人酒 手羽元の巻

一家に一台あると便利なものの一つが圧力鍋だ。
この圧力鍋、持っているが使い方がわからない、怖くて使えないという御仁が多くて困る。

こんな便利な魔法の調理道具を遊ばせておく手は無い。積極的に使うべきだ。

P3310040.JPG

P3310043.JPG

手羽元を鍋に敷き詰め、圧力鍋で煮る。味付けは醤油、みりん、砂糖、酢。酢を入れることによって、さっぱりと仕上がる。

強火で加熱し、おもりが振れ出したら弱火で10分。あとは蒸気の抜けるままに放っておけばよい。

P3310059.JPG

P3310062.JPG

酢のおかげでさっぱりとした味に仕上がった。骨付き肉は骨からホロホロと離れるいい塩梅。

第3のビール「麦とホップ」。
本格ビールよりは、なぜか安酒が似合う一品。

posted by pupupukaya at 12/04/01 | Comment(0) | その他
この記事へのコメント
コメント
ニックネーム: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

Powered by さくらのブログ
最近のコメント(ありがとう)
2019年冬フィンランド旅行記1 ヘルシンキまで
 ⇒ ひなもか (01/05)
地平時代の旧旭川駅1 駅舎・ステーションデパート
 ⇒ pupupukaya (11/16)
 ⇒ ぷたろ (11/15)
 ⇒ えみりお (11/08)
ネットに負けたツインクルプラザ
 ⇒ yuki (10/22)
廃止になる秘境駅_鷲ノ巣駅
 ⇒ 月 (10/06)
 ⇒ pupupukaya (03/20)
 ⇒ 阿吽 (03/18)
札幌市電延伸を勝手に想像する【桑園編】
 ⇒ おもてなし (05/22)