孤高の家呑み一人酒 鱈の巻

冬の魚は鱈。

会社帰りに寄ったスーパーで買った何の変哲もない鱈の切り身。これを昆布と抱き合わせにして冷蔵庫で一晩寝かせる。

P3300032.JPG

P3300033.JPG

一晩寝かせた鱈の身を皿に乗っけてラップをかけ、軽く酒を振りかけて電子レンジでチンする。

P3310044.JPG

P3310045.JPG

酒は「特別純米 氷点華」
旨い酒は抵抗も無く、スーっと喉を通って行く。一気に飲み干して鼻から甘い香りの息をフーッと吐き出すのが日本酒の粋だ。

P3310049.JPG

チンした鱈にポン酢をかけていただく。それにしてもポン酢は鱈によく合う。ポン酢は鱈のためにあると言っても良い。

鱈の身は昆布のうまみを吸って、程よく引き締まって旨い。
鱈と昆布とポン酢、この3つが三位一体となって至高の味わいとなるのだガハハ…
と海原雄山のようなセリフをつぶやいてみた。

P3310056.JPG

posted by pupupukaya at 12/04/01 | Comment(0) | その他
この記事へのコメント
コメント
ニックネーム: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

Powered by さくらのブログ
最近のコメント(ありがとう)
2019年冬フィンランド旅行記1 ヘルシンキまで
 ⇒ ひなもか (01/05)
地平時代の旧旭川駅1 駅舎・ステーションデパート
 ⇒ pupupukaya (11/16)
 ⇒ ぷたろ (11/15)
 ⇒ えみりお (11/08)
ネットに負けたツインクルプラザ
 ⇒ yuki (10/22)
廃止になる秘境駅_鷲ノ巣駅
 ⇒ 月 (10/06)
 ⇒ pupupukaya (03/20)
 ⇒ 阿吽 (03/18)
札幌市電延伸を勝手に想像する【桑園編】
 ⇒ おもてなし (05/22)