またも消えるキヨスク 2

本日(2018/6/21)を最後にキヨスク大通ホーム西店は閉店になりました。

DSCN4208.JPG
 2018/6/21で閉店の貼り紙。

DSCN4212.JPG
 東西線乗り換えコンコースで多くの人を見守ってきたキヨスク。

DSCN4211.JPG
 朝ラッシュ時は人波が押し寄せる場所。職人芸の本領発揮でもあっただろう。

残るは、大通駅西改札口西側奥にあるキヨスク大通B1西店の1店舗ということになるが、こちらも6/28で閉店のお知らせが下がっていた。

DSCN7806.JPG
 こちらも6/28で閉店になるキヨスク大通B1西店。

これで札幌市営地下鉄の、『キヨスク』としての売店はすべて姿を消すことになる。

行きかう人々は、閉店の貼り紙など気づかずに早足で歩き去って行く。
ニュースにも新聞記事にもならないが、役目を終えひっそりと消えゆくキヨスク。

だれも気付く人はいないが、長いこと札幌市民の地下鉄利用者に親しまれてきたキヨスクは完全に消滅する。
当たり前だと思っていたものが、いつの間にか消滅する瞬間である。

私自身、そう頻繁ではないがお世話になったキヨスク。
販売員の方たちも、長いことお疲れさまでした。それと、ありがとう。


posted by pupupukaya at 18/06/21 | Comment(0) | 北海道の駅鉄
この記事へのコメント
コメント
ニックネーム: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

Powered by さくらのブログ
最近のコメント(ありがとう)
ネットに負けたツインクルプラザ
 ⇒ yuki (10/22)
廃止になる秘境駅_鷲ノ巣駅
 ⇒ 月 (10/06)
 ⇒ pupupukaya (03/20)
 ⇒ 阿吽 (03/18)
札幌市電延伸を勝手に想像する【桑園編】
 ⇒ おもてなし (05/22)
惜別、旧苗穂駅1(ホーム編)
 ⇒ hbcディレクター (05/07)
 ⇒ pupupukaya (05/07)
 ⇒ hbcディレクター (05/07)
 ⇒ pupupukaya (02/17)
 ⇒ decchi (02/14)
平成時代、懐かしの旧函館駅
 ⇒ pupupukaya (04/08)
 ⇒ へんなか (04/07)