2004年 トワイライトエクスプレス旅行記1

 ◆ 2004年5月5日

23_20150312_0004.jpg
 トワイライトエクスプレスの特急券・B寝台券。

11:20頃、大阪駅10番線ホームに立つ。発車は12:00なので、少々早すぎるのではないかと思われるだろうが、トワイライトエクスプレスの大阪駅入線は、発車33分前の11:27となっている。

豪華列車の乗客をホームで待たせてはいけないとの配慮なのだろう。大阪駅を正午ジャストに発車するのも長距離列車らしい貫禄である。

早めに来た人たちも、列車をバックに記念撮影したり、車内をのぞきこんだりしている。

PICT0334.JPG
 トワイライト、札幌の表示も誇らしげ。

トワイライトエクスプレスは、大阪・札幌間を日本海沿いに結ぶ列車で、所要時間は約21時間。運転距離・所要時間どちらも日本最長である。話の種に・・・あるいは一度乗ってみたかった、という理由で乗車する人がほとんどなのだろうが、一方で鉄道ファンに限らず、何回も利用するというリピーターも多い。 

テレビも新聞も無く、世間との交流を一切絶って旅情を楽しむ。列車の旅は車や飛行機と違い、そういうところがあるようだ。忙しい現代に置いては非常に贅沢な時間である。忙しい俗世間から逃げ出して、長距離列車で異次元の世界を堪能したい人が増えているのだろう。そういう人にはうってつけの列車である。

かく言う私もこの列車に乗るのは3回目になる。

23_20150312_0006.jpg
 トワイライトエクスプレスが入線。 

23_20150312_0007.jpg
 最後尾では記念撮影する人が多い。

PICT0329.JPG
 客車後部は最上級の個室であるスイートになっている。


PICT0335.JPG
 大阪駅の乗車口案内札。

車内の入り口にはトワイライトエクスプレスのマークの入ったマットが敷かれ、通路もすべてじゅうたんが敷いてあり、ホテルのようだ。

車内は壁も床もピカピカに掃除が行き届いており、登場から15年経つが車両の古さは微塵も感じられない。
北斗星などはさすがに古さを隠せない状態となっているが、JR西日本のこの列車に対する意気込みが伝わってくる。

さて今回用意した寝台券はB個室「シングルツイン」である。通路を通り指定された部屋に入る。

PICT0332.JPG
 入口にはマットも敷かれホテルのよう。 

部屋に入り、第一印象は狭いの一言に尽きる。上段に補助ベッドが固定してあり、これが圧迫感を与えるようだ。
しかし扉を閉めて椅子に座ってしまえば、終点札幌までの21時間は自分の城となる。

この部屋は1人使用が原則だが、追加料金を払えば補助ベッド使用で2人でも利用できる。寝具は2人分置いてあった。

PICT0328.JPG
 B個室のシングルツイン。

DSCN8426.JPG
 テーブルにあった営業案内。

PICT0402.JPG
 個室らしくオーディオや室内灯のボタンが並ぶ。

PICT0330.JPG
 サロンカーはフリースペース。

PICT0331.JPG
 サロンカーにある自動販売機。

12時ジャスト、列車は動き出した。

京都を過ぎてから食堂車のクルーが各部屋までディナータイムの予約の確認と明日の朝食のオーダーをとりに来た。
ディナーは乗車前にクーポン券が必要だが、朝食はこのとき予約する。

ディナーの予約はしていない人は、食堂車の弁当の予約が出来る。食事の用意はしてこなかったので、1つ注文することにした。1500円である。

食堂車はダイナープレヤデスと言い、1万2000円のフランス料理コースディナーが目玉である。
日本海に沈む夕日を眺めながらのディナーには心を惹かれるが、1万2000はちょっと手が出ない。
それ以上に、気ままな一人旅なので、一人で食べてもあまり楽しくなさそうだ。こういうときは連れがいれば良いと思う。

13時から16時まで食堂車ではランチタイムの営業となる。敦賀を過ぎたあたりで食堂車に行く。
ビーフシチューセットの「プレヤデスランチ」はすでに売切れだそうで数に限りがあるようだ。

ビーフカレーを注文する。メニューはほかにスパゲティとサンドイッチがあった。
カレーは辛口と甘口が選べ、辛口を食べたら辛かった。(あたりまえか)

昔は特急や新幹線にはほとんど食堂車が連結されていたが、現在日本国内で、ランチタイムに営業している食堂車は、この下りトワイライトエクスプレスが唯一となってしまった。

カレーひと皿で引き上げるのは惜しいが、自分の部屋へ戻る。

PICT0343.JPG
 富山では売店に人だかりが。

16:22、富山到着。ここで8分停車する。
ホームにはキヨスクと駅弁の売店、立食そばがトワイライトエクスプレスを待っていたかのように店を開いている。

大阪から4時間以上、ちょうど良い気分転換にもなるのだろう、ホームの各売店には人だかりが出来る。
また、夕食の用意をしていない人は、ここ富山で駅弁を買っておかないと終点まで食事にありつけないので大変だ。

私も思わずつられて、売店で駅弁とお酒を買ってしまった。
夕食は車内の弁当を予約してあったので、この駅弁はどうなるのだろう・・・。

あっという間に発車時刻がせまり、急いで車内に戻る。



posted by pupupukaya at 18/04/07 | Comment(0) | 2004年の旅行記(リメイク版)
この記事へのコメント
コメント
ニックネーム: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

Powered by さくらのブログ