2006年ロシア極東旅行記5 ワニノ

 4日目 2006年7月12日

 ◆ワニノに到着、初めての大陸上陸

朝5時、案内係が起こしにあらわれた。船は何時にワニノへ着くのだろう。遅れてホルムスクを出港したので、到着も少し遅くなるのだろうが、まだ着かないのならもう少し眠っていたいし、着くのならば準備をしなくてはならない。

5時半ごろデッキに上がると、相変わらず霧の中。船はずっと停まっているようである。どのあたりなのだろう。遠くのほうからかすかに霧笛が聞こえるので、陸地は近いようだ。なぜこんなところで停船しているのかもわからない。他の乗船客はまだ寝ているみたいだ。

どうしていいのか分からず船室にもどって、ベッドに腰かけてウトウトとする。

DSC05210.JPG
 ワニノ港は霧の中。

8時ごろ、またデッキに出る。まだ状況は変わらない。寒い、気温は10度くらいか。
部屋にもどると、ラジオ放送が再開している。内容は分からないが、いかにも朝の番組という雰囲気は分かる。

9時過ぎ、係が部屋をノックしてシーツの回収に現れた。交換でビレット(チケット)を返してもらう。

9:20、どこからかジリリリリーンとベルの音がしてエンジンが唸りはじめる。ベルの音はテレグラフ(船橋から機関室に指示を出す機械)の音かもしれない。デッキに上がると霧の中にワニノの港が見える。港の沖でずっと停泊していたようだ。船は後進で動き出す。

船室に戻ると、清掃のため荷物とともに部屋を出される。案内所で部屋の鍵を返す。他の乗客も疲れ切った表情でロビーに座り到着を待っている。

DSC05213.JPG
 ワニノ港の桟橋。

桟橋に着岸し、船首に近いタラップから外に出たのは10:15であった。ホルムスクから延々と船に乗ること24時間!初めて大陸の地を踏む。他の人のあとに続いて、桟橋を船尾の方に歩いて行く。車両甲板からトラックが何台も出て行く。鉄道の貨車だけでなく、自動車の航送もしている。
歩いた先には、バスが1台停まっていて、全員乗車すると発車する。港の道路を10分ほど走ってワニノ駅に着く。

DSC05215.JPG
 桟橋の入口に連絡バスが待っていた。


 ◆港町ワニノを歩く

DSC05217.JPG
 ワニノの駅舎と幅広のホーム。停まっているのは保線用車両。

PICT0020 (3).JPG
 1面1線だけのワニノ駅。

PICT0021 (3).JPG
 連絡船の運航予定が表示された看板。

PICT0039 (3).JPG
 出港時刻が決定すると窓口に表示される。

PICT0022 (2).JPG
 ワニノ駅きっぷ売り場。

ワニノ駅の広い待合室は混んでいて、なんとか席を見つけて座る。駅の中は新しくきれいで、カフェや売店、それに有料トイレがあって滞在するには困らないのだが、ここで1日中じっと座っているのはつらいなあ。

しばらくすると待合室にいた人たちが荷物を持って一斉にホームへ出ていく。何かと思って一緒に出てみると、コムソモリスクナアムーレ行の列車が入ってくるところだった。

駅の出口の所に手荷物預かり所を見つける。68p払って荷物を預かってもらう。預かり料にしては高いが、重たい荷物を引きずって町を歩くよりはマシだ。

全部預けて、すっかり手ぶらになったので、ワニノの町を見物してくることに。

PICT0042 (2).JPG
 ワニノ駅荷物預り所。

PICT0032 (2).JPG
 駅前の交差点の真ん中に灯台が建つ。

ワニノ駅の駅舎は西欧風の建物で、堂々とした大きい建物なのだが、ホームがやたらと広いので逆に小じんまりとした印象がある。ホームも日本と同じく高床式で、ホームと線路だけ見ていると日本のローカル線の駅と変わりない。
旅客専用駅らしく線路は1本のみ。駅裏の港側には貨物線が何本もある。

ワニノ駅は線路を隔てて街とは反対側にあり、またホームは町よりも低い所にあって、跨線橋が町と駅とを結んでいる。駅前には灯台が建っているのが港町らしい。

駅前の灯台から登っていく広い坂道の通りが、メインストリートらしい。通りにはタクシーがたくさん停まっている。道の両側に建ち並ぶアパートの1階がテナントになっていて、どの店も目立つ看板を掲げている。人通りもあって、町の繁華街となっているようだった。坂を上りきったところに広いロータリーがあって、その向こうには4階建てのワニノの市庁舎が建っている。

PICT0024 (3).JPG
 駅からの坂道がメインストリート。

PICT0028 (3).JPG
 駅近くのホテル。

ロータリーで写真を撮ると間違ってフラッシュをたいてしまい、近くにいたオヤジが近づいてきてカメラを見せてくれと言う。デジカメを見せると「ハラショー」と言って去っていった。

どこへも行きようがないので、ロータリーの公園のベンチに座っている。あちこちに花壇があって市民が手入れをしている。
車の通りも少なく、ノンビリとしている。

PICT0007 (4).JPG
 ワニノ町庁舎。

DSC05220.JPG
 町中の空き地には牛が放たれていた。

PICT0029 (3).JPG
 ちょっと町中をそれるとこんな感じ。

DSC05221.JPG
 貨物列車が通過する。

通りの道端の露店でパンを売っていた。朝から何も口にしていないので、刻んだハムの入ったのと、揚げパンのようなのを2つ買う。

PICT0026 (3).JPG
 露店で買ったパン。

さっきのロータリーのベンチに座ってパンを食べていると鳩が寄ってくる。揚げパンの中にはひき肉が入っていた。パンをちぎって鳩に投げたりして時を過ごす。それにしても何もない町だ。

本屋があったので入ってみる。以前は本屋もすべて対面販売だったのだが、現在は直接手に持って立ち読みもできるようになった。ハバロフスク市内の詳細な地図を見つけ、これはあとで買いに来ることにする。

駅近くにはホテルやレストランもある。
一応町らしいのは、通り沿いのアパートの密集しているあたりだけで、そのほかは大陸らしい広々とした光景が広がる。

自由市場を見つけ、歩いて見る。赤い野いちごのほかは特に印象に残るものはない。食料よりも洋服など衣料品を売っている店の方が多かった。

PICT0051 (3).JPG
 ワニノ駅近くの自由市場。

PICT0049 (3).JPG
 ワニノ駅近くの自由市場。

PICT0047 (3).JPG
 ワニノの市場。これは靴屋。

PICT0046 (3).JPG
 市場の洋服屋。

市場のそばにあるアケアンという店に入ってみると、ここもセルフ方式のスーパーだった。セルフ方式もロシアでは標準になりつつあるようだ。マロージナエ(アイス)と水のペットボトルをレジでお金を払って買う。

アイスを食べようと棒をもって袋から出したとたん、棒から崩れ落ちそうになり慌てて袋に戻す。アイスキャンデーを食べるときも袋から出さないでかじったほうが良さそうだ。

もう行くところもないので、また駅に戻り、待合室で過ごすことにする。

〜6へつづく


この記事へのコメント
コメント
ニックネーム: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

Powered by さくらのブログ