地下鉄さっぽろ駅も改修工事

あけましておめでとうございます。

今年は平成30年。元号が1年間続く年としては今年が最後。来年の5月からは新しい元号となるようです。

 降る雪や明治は遠くなりにけり

とは明治生まれの俳人、中村草田男が昭和6年に詠んだ句である。

もし今年が昭和30年だったならば、私など明治生まれというわけで、歳を取ったものであります。

西暦だけの国と違って、日本は『元号』という区切りがあるから、日本人は特に時代の移り変わりについて敏感になるのかもしれませんね。
昭和、平成、そして新しい元号。私も来年には3つの元号を生きることになります。


それはともかく、きのう(1月2日)地下鉄さっぽろ駅を通ったら、コンコースでは工事が行われていた。
床材と柱の化粧板がはがされてブルーシートがかけられている。

DSCN6755.JPG

何の工事かは大体察しがついた。
コンコースの内装をリニューアルして、地下歩行空間と一体化したデザインにするのだろう。
何年か前に、大通駅コンコースでも同じような工事をやっていた。

帰ってから調べたらやっぱりそうだった。


「札幌駅前通公共地下歩道及び地下鉄さっぽろ駅東豊線連絡通路改修事業について」(PDF:908KB)
うち、詳細整備内容の一部を引用
○歩行空間整備
 ・床、柱、壁を、チカホ整備に伴い拡張した部分と同様の整備内容により統一的に整備
○案内サイン整備(駅構内全体)
 ・外国語対応など
○(仮称)やすらぎ広場整備
 ・豊かな時間を過ごすことのできるような滞留空間を整備

JR札幌駅から大通やすすきのまで続く地下道の入り口部分だから、札幌の玄関口であり顔というわけで、それにふさわしい空間になることは良いことだ。
たしかに、コンコースの内装は地下鉄の開業時から基本そのままで、くたびれた感はあった。

新しくなるのはうれしいことだけど、また昭和が消えるな、などと思ってしまった。



DSCN6746.JPG

床の細かい目地付きのタイルと銀色の化粧板で巻いた柱。
大通駅も改修前はこんな感じだった。

意外と複雑な並びの目地付きタイルは、この当時は職人さんたちが1枚1枚手張りしたんだろうな。

地下鉄南北線が開業したのが昭和46年12月、先代の札幌駅も同じくしてリニューアルしている。
地平時代のJR札幌駅の内装もこんなだった。

ピカピカしたこのステンレス製(かどうかわからないが)の化粧板を何ていうのか知らないが、昭和40年代の流行だったのだろうか。

ステンレスの柱も目地付きタイルも、東西線では全く採用されていない。

DSCN6752.JPG

上は北改札口。この辺りは工事もまだ入っておらず、開業当時からのデザインが残る。
下は南改札口。こちらは東豊線開業時に床だけリニューアルされている。

DSCN6758.JPG

こういったデザインはむかしはもっとあちこちで見たような気がする。
国鉄時代の東海道新幹線の駅もこんな感じだったような(写真でしか見たことはないけど)。

駅でいえば内装のリニューアルだとか、駅自体の高架化や橋上駅化で新しくなり、もうすっかり消えてしまったようだ。

特にこのステンレスでピカピカの柱。こうして見るとインパクトあるなあ。
何だか昭和のオジサンという感じ。
タバコ、ポマード、仁丹。当時コンコースに漂っていただろう、昭和のオジサンたちの匂いが漂ってきそう。

DSCN6753.JPG

しかしこの化粧板、地下鉄南北線でも使われているのはここさっぽろと大通、すすきの、北24条だけ。
先代札幌駅の内装でも、吹き抜けの中央コンコースだけだった。

目に付くところにしか使われてないわけで、案外と高価な物だったのかも。

下は2006年だから12年前の地下鉄さっぽろ駅の画像。天井にある茶色の時計もいつの間にか見なくなった。

DSC03010.JPG


次の時代まであと1年半ちかく。
そのころにはすっかり新しくなった地下鉄さっぽろ駅コンコースを歩いていることだろう。

思えば昭和時代から30年近く。平成年間で世の中も変わったし、暮らしぶりも変わった。
良くなったこともあれば失ったものもある。
一つ言えることは、私たちは変化にただ身をゆだねることしかできない。

 降る雪や昭和は遠くなりにけり


 〜最後までお読みいただきありがとうございました。

P.S. どうでもいいけど、西武百貨店の跡地は早く何とかならないのかね。


posted by pupupukaya at 18/01/03 | Comment(0) | 北海道の駅鉄
この記事へのコメント
コメント
ニックネーム: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

Powered by さくらのブログ
最近のコメント(ありがとう)
地平時代の旧旭川駅1 駅舎・ステーションデパート
 ⇒ pupupukaya (11/16)
 ⇒ ぷたろ (11/15)
 ⇒ えみりお (11/08)
ネットに負けたツインクルプラザ
 ⇒ yuki (10/22)
廃止になる秘境駅_鷲ノ巣駅
 ⇒ 月 (10/06)
 ⇒ pupupukaya (03/20)
 ⇒ 阿吽 (03/18)
札幌市電延伸を勝手に想像する【桑園編】
 ⇒ おもてなし (05/22)
惜別、旧苗穂駅1(ホーム編)
 ⇒ hbcディレクター (05/07)
 ⇒ pupupukaya (05/07)
 ⇒ hbcディレクター (05/07)
 ⇒ pupupukaya (02/17)
 ⇒ decchi (02/14)