札幌市電 資生館小学校前の謎工事


DSCN0730.JPG
 もともと真っ直ぐ行って右にカーブしていた線路。

2017年6月9日
DSCN1978.JPG
 内回りの線路に不自然なカーブが付けられた。どうしてこうなった?

DSCN1982.JPG
 元々あったカーブの外側に付け替えられた線路。旧線路も残されて3線区間のよう。

DSCN1979.JPG
 画像ではわかりずらいが、線路に合わせ新しい架線も張られている。

DSCN1985.JPG
 資生館小学校前電停から見たカーブの線路。

2017年7月2日
DSCN0374.JPG
 急カーブは解消されているが、左に寄せられた区間が伸びている。

DSCN0376.JPG
 交差点の手前で線路が幅寄せして車道も狭く。

DSCN0391.JPG
 内側にあった旧線路は撤去されていた。旧線の架線も撤去されている。

DSCN0377.JPG
 交差点に立っている路面電車軌道改良工事の看板。

DSCN0378.JPG
 同じ場所の隣に立っている電線共同溝工事の看板。

交差点には『路面電車軌道改良工事』と並んで『電線共同溝工事』の看板が立てられている。
軌道をずらしてから共同溝の穴を掘る工事が始まるのか。

いずれ元に戻すのならば旧線の架線まで撤去する必要があるのか?
通勤でしょっちゅう通る道だから、そのうち分かるようになるんだろうけど。
posted by pupupukaya at 16:23 | Comment(0) | 札幌市電
この記事へのコメント
コメント
ニックネーム: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]