夜中に出発して稚内に行く 2

稚内からは国道238号線を宗谷岬を回って浜頓別へ向かいました。

DSCN0336.JPG
8時15分、宗谷岬に到着。朝早くから観光客やライダーが次々に記念撮影をしていた。

DSCN0337.JPG
画像ではわかりにくいが、水平線の向こうにうっすらとサハリンの山が見えていた。

宗谷岬からは国道238号線をオホーツク海沿いに南下します。

DSCN0350.JPG
浜猿払からエサヌカ線に入る。原野や牧草地の中を一直線に通る絶景スポットとして知られる。

DSCN0376.JPG

道路の先は遠近法の消失点。

DSCN0378.JPG
エサヌカ線の途中から脇道に入りモケウニ沼へ。木々にさえぎられて良く見えなかった。

DSCN0380.JPG


こちらは隣の第一沼。牧草地と家々のコントラストが美しく、絵になる風景。

DSCN0381.JPG
稚内から90km以上走って浜頓別に到着。稚内以来の町らしいところ。

DSCN0383.JPG
町から近いクッチャロ湖。温泉やキャンプ場もあるが静かな湖畔。

浜頓別からは国道275号を通って札幌へ戻ります。
途中の音威子府では駅に立ち寄って、名物のそばを食べてきました。

DSCN0394.JPG
音威子府駅の改札口。

DSCN0392.JPG
音威子府駅の立ち食いそば『常盤軒』は今も健在。

DSCN0391.JPG
370円のかけそば。音威子府の名物、そば殻も練りこんだ黒いそば。

DSCN0396.JPG
音威子府駅にあったガチャガチャ。カプセルの中にじゃ国鉄時代の硬券が入っている。

DSCN0400.JPG
美深を通過する。浜頓別以来の町らしいところ。日本最北のセブンイレブンもある。

DSCN0403.JPG
朱鞠内駅の跡地。駅名標と線路のモニュメントがある。奥はバス待合所。

DSCN0409.JPG
旧添牛内駅は駅舎がまだ残っている。

DSCN0411.JPG
駅舎の中を覗いてみると・・・

DSCN0413.JPG
駅舎のホーム側は夏草が茂っていた。

DSCN0424.JPG
保存されている第3雨竜川橋梁。

DSCN0436.JPG
15時30分頃、札幌市内に戻ってきた。

稚内まで行ってしまいましたが、向こうは向こうで暑かったですね。夏休み中にしては人も車も少なく、それなりに有意義な日曜日ではありました。

おわり

posted by pupupukaya at 15/08/29 | Comment(0) | 2015年その他旅行記
この記事へのコメント
コメント
ニックネーム: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

Powered by さくらのブログ