新幹線開業前の渡島大野駅

江差線廃線跡めぐりの帰り道は北海道新幹線の終着駅になる新函館北斗駅に行ってきました。
おっと、まだこの駅は渡島大野駅でした。新函館北斗駅になるのはまだ先の話。

新しい駅舎の外観はほぼ完成していて、いまは内装と駅前広場の整備が進められています。新幹線が開業すれば函館駅、新千歳空港駅に次ぐ第3の北海道の玄関口となる駅です。

DSCN1090.JPG
外観はほぼ完成した北海道新幹線の新函館北斗駅。

DSCN1056.JPG
じつはまだ渡島大野駅です。

DSCN1087.JPG
エントランスの吹き抜け部分。細かい内装はこれからの工事のようだ。

DSCN1059.JPG
板で覆われたクランク状の通路。

DSCN1061.JPG
通路の案内板。

DSCN1074.JPG
ホームに出るところに掲示してある時刻表。

DSCN1066.JPG
渡島大野駅の駅名標。

DSCN1070.JPG
立派な上屋もできてほぼ完成している在来線ホーム。

DSCN1065.JPG
函館方向を見る。電化のため新たな架線柱も立っていた。

DSCN1080.JPG
行き止まりのホーム。新幹線のリレー列車になる「はこだてライナー」はここに発着するのだろう。

DSCN1079.JPG
上り特急「北斗」が通過して行った。ここはまだ渡島大野駅、特急は停まらない。

DSCN1082.JPG
新幹線の乗換口になると思われるドア。この向こう側に新幹線のホームがある。

DSCN1094.JPG
駅前に掲示してある完成予想図。

DSCN1088.JPG
駅前はまだこのとおり。やがて街になるのだろうか?

駅自体は開業へ向けて着々と工事が進んでいるが、駅前は造成こそ終えているものの建物が建つ気配は全くない。レンタカー会社やタクシーの営業所の進出は決まっているようだがそれ以外はさっぱりのようで、このまま新幹線開業を迎えると駅周辺は何も無い新幹線駅として話題になりそうだ。
長野新幹線が開業した時に安中榛名駅が同じような閑散ぷりで話題になったっけ。

あくまでここは新幹線と在来線の乗換駅、新函館北斗駅と函館駅を結ぶ「はこだてライナー」に頑張ってもらうとしよう。

2015/5/31訪問
posted by pupupukaya at 15/06/14 | Comment(0) | 北海道の駅
この記事へのコメント
コメント
ニックネーム: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

最近の記事
Powered by さくらのブログ