2014年6月 鶴沼公園キャンプ場へ

6/28からの土日は浦臼町の鶴沼公園キャンプ場に行ってきました。
先週(6/20からの週末)に行ったばかりで、さすがに2週連続では行かないと思っていたが、やっぱり行ってしまいました。

先週は遠出したので今回は近場がいいと思い、最初は温泉も隣接する新篠津あたりでキャンプをしようかと思ったが、天気は曇り空。
車を走らせて雁来大橋のあたりまで来たら、雨がポツポツ降り始めた。

新篠津へは直接向かわず、岩見沢へ向かう。
岩見沢では名物の生ホルモンを買って行こうと思ったからだ。
ところが、ナカノタナ市場に前にあったはずのホルモン屋はシャッターが下りてテナント募集の張り紙があった。
閉店していたとは知らなかった。


DSCN5497.JPG
青空を追って国道275号を北上。


雨雲は次第に追いかけてきたようで、岩見沢もだんだん曇って暗くなり始めた。
スマホで天気予報を見ると、空知の北側の方は晴れマークになっていた。
岩見沢市内のスーパーで買い物をして、また車を走らせた。

月形町まで来て、だいぶ空は明るくなったがまだ雲の方が多かった。ここには皆楽公園キャンプ場があるが、もう少し北上してみることにした。

浦臼町を過ぎ、着いたのが鶴沼公園キャンプ場。
道の駅つるぬまの少し手前の細い道を下っていくと鶴沼公園の駐車場と管理棟がある。


DSCN5507.JPG
フリーサイトとオートキャンプ場は別料金で、中で分かれている。

管理棟に入ると先客がいて、キャンプの人かと思ったらテニスコート空き待ちのお客だった。貸ボートがあったり、結構人が来ている。
知名度も低いしもっとマイナーな公園かと思っていたら、意外や意外大人気な所だ。

フリーサイトの申し込みをすると、受付のおばちゃんは今日は混んでいて駐車場側はびっしりテントが埋まっていて、車から離れたところしか空いていないがそれでも良いかと言った。

別に1人なんで空いていればどこでもいいよと答えてキャンプの受付をする。
車で入って行って一番奥に駐車場がある、ペットと花火は禁止、ごみは全て持ち帰りと説明された。


DSCN5534.JPG
フリーサイトの駐車場。オートサイト感覚で利用できる駐車場そばは大人気。

なるほど言われた通り駐車場間際は先客のテントがびっしりと張られている。何もこんなに寄せ合って張らなくともと思うが、車のそばは便利なのだろう。客層はファミキャンばかりでソロは自分だけだった。

混んでいるのはそこだけで、あとは広いフリーサイトは空いていてどこでも好きなところに張り放題だった。
ただトイレは駐車場を挟んだ反対側にあるので、端の方に張ると不便だ。

DSCN5693.JPG
鶴沼公園の案内図。


DSCN5504.JPG
芝生のきれいなフリーサイトにテントを張る。駐車場から遠い方は不人気。

DSCN5501.JPG
水辺のそばで、眺めは悪くない。

DSCN5538.JPG
フリーサイトに1箇所ある炊事場。

DSCN5617.JPG
トイレのあるサニタリーハウスはオートサイトと共用で1箇所しかない。フリーサイトからはやや遠い。

DSCN5619.JPG
サニタリーハウスにあるコインランドリー。

さて、テントを張ったところで鶴沼を一回りしてくる。途中で温泉に入ってこようとタオルも持った。

鶴沼は石狩川が直線化されたときにできた無数にある河跡湖の一つだったが、今は樺戸連山にしみ込んだ地下水が湧きだした湧水湖となっている。
水辺は公園としてきれいに整備されて景色も良く、洒落た雰囲気になっている。

国道の道の駅つるぬまは何回も立ち寄ったことがあるが、その向かいにこんなところがあるとは知らなかった。
もし札幌近郊であれば間違いなく人気スポットになることは間違いない。


DSCN5553.JPG
残念ながらペットは禁止の看板。清潔ではある。



DSCN5515.JPG
鶴沼の風景。

DSCN5552.JPG
かわいらしいペダルボートがあった。

DSCN5522.JPG
銅像があると何となく文化的に見える。

ここのキャンプ場で一つだけ欠点があるとしたら、近くにスーパーもコンビニも無いこと。浦臼町内にはコンビニが1軒も無いので、何か忘れ物をしたら隣町まで行かなければならない。


DSCN5517.JPG
国道沿いにある浦臼温泉保養センター。日帰り入浴もやっていてキャンプ場からも歩いて行ける。

DSCN5518.JPG
温泉入口。レストランも併設している。

温泉の日帰り入浴で一汗かいたらさっそくいつもの晩酌を始める。

DSCN5542.JPG
今日の夕食というか晩酌。岩見沢のスーパーで買ってきた。

DSCN5546.JPG
ニラと塩ホルモンを炒めてみた。


DSCN5536.JPG
6時過ぎてようやく西日が差しこんできた。北海道の6月は日が長い。

キャンプの夜はテレビもPCも無いのでさぞかし退屈かと思われるだろうがそんなことは無く、暮れゆく風景を見ながら酒を飲んだり考え事をしたりしていると時間はあっという間に過ぎる。
電気の無かった時代、昔の人は毎晩何を考えていたのだろう。

DSCN5630.JPG
鶴沼の夜景。

翌日は朝から青空の広がる晴天だった。
鶴沼の水面は波ひとつなく静まり返り、鏡のように周りの風景や空を映している。鶴沼まで来て良かった。

DSCN5672.JPG
朝6時、鏡のような水面に映った景色。

お湯を沸かそうとガスストーブのスイッチを入れるが火が付かない。ガスボンベがカラになっていた。
幸い予備でトランギアのアルコールストーブを持ってきていたのでそれを使った。

DSCN5683.JPG
朝食のインスタントラーメン。アルコールストーブを使用。

DSCN5687.JPG
朝7時の太陽。暑くなりそうだ。

7時半、他のキャンパーはやっと起きだしたところだが、すでに昼のように日は高い。
せっかくの休日でこんなに天気が良いのに惰眠をむさぼるのは勿体ない。、こちらは早々に撤収をはじめる。

DSCN5689.JPG
撤収。

DSCN5691.JPG
車のダッシュボードに置いたフリーサイト使用許可証。

DSCN5692.JPG
来るときに受付した管理棟。車に置いていた許可証をここで返せばチェックアウト。

車の中に置いていた「フリーサイト使用許可証」の札を返しに管理棟に寄ったが誰も居なかった。どうしたものかと思っていると丁度公園の職員が出勤してきたので札を返した。

このまま真っ直ぐ帰る気もしないので、とりあえず向かいにある道の駅つるぬまへ。8時前だが車の出入りは多い。

駐車場に車を停めていると、野菜を積んだ軽トラに乗って農家のおばちゃんたちが次々に出勤してきた。農家のおばちゃんってみんな個性的な格好で、しかも賑やかね。

今日は天気がいいし、開店前からこの車の入りでは結構な稼ぎになるのかなあなんて思いながら見ていた。

DSCN5697.JPG

道の駅つるぬま。まだ8時前だが利用者が多い。

おわり







posted by pupupukaya at 14/08/10 | Comment(0) | 2014年その他旅行記
この記事へのコメント
コメント
ニックネーム: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

Powered by さくらのブログ
最近のコメント(ありがとう)
2019年冬フィンランド旅行記1 ヘルシンキまで
 ⇒ ひなもか (01/05)
地平時代の旧旭川駅1 駅舎・ステーションデパート
 ⇒ pupupukaya (11/16)
 ⇒ ぷたろ (11/15)
 ⇒ えみりお (11/08)
ネットに負けたツインクルプラザ
 ⇒ yuki (10/22)
廃止になる秘境駅_鷲ノ巣駅
 ⇒ 月 (10/06)
 ⇒ pupupukaya (03/20)
 ⇒ 阿吽 (03/18)
札幌市電延伸を勝手に想像する【桑園編】
 ⇒ おもてなし (05/22)