学園都市線浦臼〜新十津川間の最終列車

2016年のダイヤ改正でそれまでの1日3往復から1往復に減便された学園都市線こと札沼線の末端区間。
ここ浦臼から新十津川までは午前中の1往復しか列車が走らない。始発列車でもあり最終列車でもある、そんな列車に乗ってみました。

DSCN5479.JPG
 浦臼駅の駅舎。浦臼町歯科診療所が併設となっている。

DSCN5480.JPG
 待合室は『ふれあいステーション』という名前が付けられている。
 かつては駅前からJRバスが滝川駅や奈井江駅まで発着していた。

DSCN5476.JPG
 浦臼駅に掲示の時刻表。新十津川方面は9:06発1本のみ。

DSCN5484.JPG
 浦臼駅のホーム。

DSCN5493.JPG
 意外と長いホーム。昔は向かい側にもホームがあったが面影は全くない。

DSCN5510.JPG
 5425Dが到着。浦臼発下り始発列車でもあり最終列車でもある。

DSCN5524a.JPG
 がら空きかと思っていたら、車内は大盛況。デッキに立っていることにした。

DSCN5550.JPG
 運転士時刻表。

DSCN5531.JPG
 あまり良くない前面展望。於札内駅のあたり。

DSCN5538.JPG
 こまめに駅に停まるがどの駅も乗降は無い。南下徳富駅。

DSCN5546.JPG
 下徳富で乗客があった。

DSCN5548a.JPG
 利用者にとっては1日1往復だけの貴重な列車。

DSCN5554.JPG
 ワンマン運転なのでバスと同じような運賃表示機がある。

DSCN5558.JPG
 浦臼〜新十津川間13.8kmの運賃は260円。JRの運賃が安すぎるのも経営悪化の一因かも。
 同じ距離をじょうてつバスなら470円(笑)

DSCN5560.JPG
 終点新十津川駅に到着。

DSCN5562.JPG
 新十津川駅はすごい人出だった。

DSCN5564.JPG
 新十津川駅でこんなに大勢の人出を見るのは初めてだった。

DSCN5565.JPG
 新十津川駅に掲示された1日1往復だけの時刻表。

DSCN5568.JPG
 林の中にポツンとあるような駅舎。

DSCN5571.JPG
 ホームの脇はコスモスの花で埋め尽くされていた。

DSCN5586.JPG
 駅名標と名所案内。

DSCN5599.JPG
 駅前の病院にある院内保育所の園児たちに見送られて発車。

DSCN5655a.JPG
 折返し5426Dの車内はさっきの半分ほどの乗車率。あとの人たちは滝川方面へ抜けてしまったのか。

DSCN5604.JPG
 懐かしさ漂う青いボックスシートの車内。

DSCN5651.JPG
 新十津川駅で園児たちに貰ったポストカード。

DSCN5606.JPG
 木造駅舎が残る下徳富駅。こんどは乗客はいなかった。

DSCN5614.JPG
 稲穂が揺れる田園風景。豊葦原の瑞穂の国を行く。

DSCN5661.JPG
 浦臼駅が近づく。

DSCN5664.JPG
 浦臼駅で新たな乗客1人を乗せて発車して行った。

この列車に乗って1週間後、この路線が道新朝刊の一面トップ記事に出た。

札沼線バス転換 新十津川と浦臼町に打診 JR北海道(2016/10/9)

“JR北海道が札沼線(北海道医療大学―新十津川)沿線の空知管内新十津川、浦臼両町に、路線廃止を前提にバス転換を打診していたことが分かった。”

というもの。
今さらながらという気もしなくはないが、今後は廃止の方向で動き出すのだろう。
せめて残っているうちに乗っておくしかない。

訪問日:2016/10/2
posted by pupupukaya at 16/10/23 | Comment(0) | 北海道ローカル線考
最近の記事
Powered by さくらのブログ