進化する札幌市電

2017年3月春分の日連休最終日は久しぶりに市電に乗ってきました。

DSCN0717.JPG
 どうせ乗るならA1200型通称『ポラリス』。
 札幌市電Naviで運行状況がチェックできるので、それに合わせて家を出てきた。

DSCN0718.JPG
 1段高くなっている向い合せシートは『ミニ展望席』となっている。

DSCN0719.JPG
 旧来からの電車も味わいがあるが、やっぱり新しい電車はいい。

DSCN0724.JPG
 リニューアルされた資生館小学校前電停。先週くらいに完成した。

DSCN0726.JPG
 スロープも設けられバリアフリー対応になった。幅もだいぶ広くなった。

DSCN0749.JPG
 屋根のデザインはすすきの電停と似ている。壁面はガラス張りとなって雨風には強くなった。

DSCN0723.JPG
 電停幅が広がった分、車道の車線幅が狭くされている。
 小さなことだけど、このあたりに路面電車復権を感じる。

資生館小学校前と同じくして、東屯田通電停もリニューアルされている。デザインは同じだが、こちらは道路幅員が狭いため電停幅も従来とそれほど変わっていないようだった。

残りの電停も順次リニューアルされるのだろう。
あと数年後には札幌市電もすっかり様変わりして生まれ変わっているかもしれない。

何でも車優先や、軌道系交通機関と言えばとにかく地下鉄という時代を生きてきた身には、札幌市電の復権はうれしい。

市電の桑園や苗穂方面、それに札幌駅への延伸構想も、もうだいぶ前からある。今度のループ化は一応成功したようなので、今度はそちらを期待したいところだ。

DSCN0740.JPG
 資生館小学校前を発車する252号。
 朝ラッシュ利用者から言わせてもらえば、250型が一番収容力がある。

DSCN0751.JPG
 広告電車の243号。

DSCN0733.JPG
 南4条側からようやく拡幅工事が始まった市電山鼻線。
 よく通勤で通るので前から気づいていたが、一部分で線路の上下線間隔が広げられている。

DSCN0737.JPG
 南4条の横断歩道から見ると、明らかに広げられていて、アスファルトも仮施工のようになっている。

資料によると、山鼻線の上下線線路中心間隔は2730mmとなっている。山鼻西線は3000mmとなっているので、道路拡幅に合わせて線路間隔も山鼻西線に合わせるのだろう。
山鼻線の狭い間隔では、従来車に比べて70mmも車幅の広いA1200型の運行が不具合があるのかも。

DSCN0752.JPG
 三越前を行く雪ミク電車3302号。今年度の運行もそろそろ見納め。

ループ化延伸になって利用者も大幅に増えた市電だが、1つだけ不満がある。西4丁目とすすきの間の時間がかかり過ぎることだ。
この区間ははっきり言って歩いたほうが早い。
西4丁目と狸小路の信号待ちが長すぎるのと、電車が遅れた際にダイヤ通りに戻すための時間調整もここで取られているので仕方ないことではあるが。

私も通勤でたまに中島公園通から中央区役所前まで市電に乗るが、それは天気の悪い日くらい。歩いても時間が変わらないのだ。
せっかくの電車が傘替わりというのは交通機関としてはあまりにも情けない。
このあたりは信号サイクルなど改善を望むところだ。

DSCN0756.JPG
 どサンこパス310円。4月からは360円に値上げになる。
posted by pupupukaya at 20:07 | Comment(0) | 札幌市電

2017年流氷を見に弾丸旅行2

札幌から夜通し車を走らせて野付半島までやってきました。
ここからはひたすら流氷画像になります。

IMG_1427.JPG
 雲の隙間から日が差してきた。

IMG_1419.JPG
 流氷の隙間に日の光が反射する。

IMG_1422.JPG
 キタキツネがさまよい歩く。

IMG_1452-001.JPG
 幾重にも折り重なる流氷。
 人の作った雪像なんて目じゃない、これぞ自然の造形美。

IMG_1489.JPG
 災害時避難施設から見下ろしたネイチャーセンターと流氷。

曇って暗い空も、日が高くなるにつれて所どころ青空になってきた。
見下ろすと180度真っ白な流氷原。札幌から夜通し走って来た甲斐があった。

海が一面氷で埋め尽くされ、波音も無く静まり返った氷の世界。
近年は某国人ばかりになった観光船から見るより100倍もこっちの方がいい。

これ以上は言葉に言いあらわせないので、画像だけご覧ください。

IMG_1488.JPG
 流氷の先には国後島が見える。

IMG_1495.JPG
 右下に写る人と比較すると流氷の雄大さが分かる。

IMG_1505.JPG
 国後島までは16km。

IMG_1502.JPG
 野付半島の碑。

IMG_1669.JPG
 結氷した野付湾。対岸に尾岱沼の町が見える。

IMG_1603.JPG
 だんだん青空になってきた。

IMG_1611.JPG
 流氷には青空が似合う。

IMG_1540.JPG
 うっすらと見える知床連山。

IMG_1617.JPG
 足元の流氷。

IMG_1659.JPG
 アイスクーラーでもあれば少しぶっかいて持って帰るところだが。

DSCN0634.JPG
 耳をすますと流氷の鳴く音が聞こえる。
 子犬が甘え声を上げているような不思議な音。

IMG_1678.JPG
 第二標津展望駐車場、ここが一番良いスポットだった。

時刻は8時を過ぎていた。
もっと流氷を眺めていたいけど、そろそろ引き返すことにする。
それに、トイレが冬期間はどこも閉鎖していて、唯一あるのがネイチャーセンターなのだが、そこも9時にならないと開かない。

標津の町まで戻ってきた。
セイコーマートでカップめんを買ってきて食べた。この時間はまだコンビニくらいしかやっていない。
それでも体は温まった。

IMG_1685.JPG
 標津の町から根室海峡を見る。対岸は国後島。

標津を出発したのが9:10、札幌までは8時間位だろうか。まずは中標津を目指す。

せっかくだから知床の羅臼へ行ってみようかとも思ったが、標識に羅臼まで52kmとあるのを見てあきらめた。
知床横断道路は冬季閉鎖なので、また標津に戻ってくるほかはなく、2時間以上のロスになる。
日のあるうちに札幌に戻ってきたかった。

中標津の東武に立ち寄る。
8:30から営業していて、フードコートもやっていた。ここで朝食にすればよかった。

何か土産めいたものを買おうかと中のスーパーを覗いたが、これといってほしいものは無かった。
ただ、タマゴが1パック99円だったので買った。
中標津までタマゴ買いに来たのかよ・・・

DSCN0636.JPG
 中標津の東武サウスヒルズ。根室地方最大のショッピングセンターである。

山道はもうかんべんだったので、帰りは釧路、帯広経由のルートにした。
釧路から本別までは道東自動車道の無料区間を通れるので、時間はさほど変わらないだろう。

DSCN0643.JPG
 一直線の国道272号。

DSCN0653.JPG
 このあたりはほとんど高速道路と化していた(スピードも)。

DSCN0661.JPG
 釧路市内に入ると渋滞。みんな買い物かな?さすが連休。

帯広で豚丼でも食べていこうかと思ったが、あまり食欲も無かったのと出費を抑えたいのもあって、コンビニでパンを買って食べた。
帯広まで行ってなんと勿体ないことだと思うが、実はGWに大旅行が控えているのでここは節約とする。

DSCN0703.JPG
 道の駅自然体感しむかっぷ。日勝峠不通以来混むようになった。

十勝清水ICから道東道へ、ここも連休中のためか結構混んでいた。
無料区間の占冠ICで出る車が多いかと思ったら、意外と少ない。

前の車はIC先の交差点に進入するなりUターンしてまた料金所へ戻って行った。ここで一旦出ないと清水〜占冠間が無料にはならないのだ。

自分はまじめに(?)274号をひた走る。

DSCN0709.JPG
 占冠からは、まじめに下道を走ります。

札幌着は17時ごろ。中標津、帯広、占冠で休憩したが、標津から約8時間で着いたことになる。
0泊2日、流氷弾丸旅行から無事帰ってきた。なぜかそれほど疲れは感じない。明日はどうかわからないが。

かかった費用、ガソリン代:約8,000円、高速代:1,230円、食費:700円くらい

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

おわり
posted by pupupukaya at 12:46 | Comment(0) | 2017年その他旅行記

2017年流氷を見に弾丸旅行1

流氷はきまぐれだ。
昨夜はびっしりと押し寄せていた流氷が、翌朝にはきれいに消えていたりする。
朝にはあった流氷が昼には沖合に見えるだけになったりもする。
もちろんその逆もあるが、流氷に会えるかどうかは結局運まかせである。

今年(2017年)の2月5日に、サロマ湖近辺に流氷が来ているらしいので、朝早く出発して湧別まで行った。
札幌から6時間かかって昼ごろに着いた湧別の流氷はすでに沖合に遠ざかっていた。

DSCN0462.JPG
 2/5、サロマ湖の反対側、湧別町登栄床(とえとこ)の海岸。流氷は既に無く。

DSCN0451.JPG
 2/5、流氷は沖合には見えたのだが。

網走や知床まで行けば見られたのかも知れないが、札幌から日帰りではここが限界だった。
往復のガソリン代は5千円くらい。あ〜あガソリン代損したとつぶやきながら札幌まで戻ってきた。



なんだかあきらめもつかず、週末が近づくごとに海氷情報センターのサイトで流氷の動きを見ていた。
週の中ごろにはいい具合に流氷が来ても、週末になるとまた去ってしまうのだった。

3月も中ごろを過ぎ、今年もダメだったかとあきらめかけると、野付半島のあたりに結構な量の流氷が来ているようだ。
道新によると、野付半島に流氷が接岸するのは2年ぶりとのこと。

リンク
(2017/3/8 どうしんウェブ)

野付半島は遠いなあ。下道を行けば片道8時間以上はかかる。
高速を使えばもっと早く着くのだろうが、往復の高速代を払うくらいなら向こうで1泊した方がいい。

3月19日、海氷情報センターのサイトをまた見ると、まだ野付半島に流氷が来ているではないか。

kaihocopy.png
 2017/3/18の海氷速報。国後島から野付半島にかけて厚い流氷がある。

流氷は気まぐれ。俺も気まぐれ。
今からいっちょ見てきてやろうじゃないかという気になった。
3月19日土曜日、夜のことである。

札幌から野付半島までのルートは北の道ナビで調べる。ここで検索した所要時間はわりと正確なので、よく使っている。

0321-001.jpg
 北の道ナビで検索した札幌〜野付半島のルート。

出てきたルートは、札幌〜清水〜士幌〜足寄〜阿寒湖〜弟子屈〜標津〜野付半島。
足寄〜阿寒湖〜弟子屈のあたりはあまり冬の夜中に走りたいルートではないな。

でもこれが早いというならこれで行くか。幸い天気予報ではどこも晴れマークになっている。今が2月ならばさすがに釧路か網走経由にするところだが、もう春分の日でもあるし大丈夫だろう。

所用時間は8時間37分とあるが、夜中ということと、現在国道274号日勝峠が通行止めのため、占冠〜清水を道東道経由となるため、8時間くらいで着くんじゃないだろうか。
ガソリンはほぼ満タンで入っているので大丈夫だろう。

ということで夜中の23時、車に乗り込んでしゅっぱ〜つ。

DSCN0581.JPG
 23:27、274号厚別区の交差点。

DSCN0596.JPG
 23:53、274号道の駅マオイの丘で小休止。

274号は夜中でもトラックが多い。登坂車線で追い抜きたいところだが、夜だし無理をせずにトラックの後ろを走る。
途中で占冠穂別線に入り占冠へと向かう。日勝峠が災害で閉鎖中のために、道東自動車道の占冠〜清水間が274号のう回路として、この区間だけ走る場合においてのみ無料措置となっている。

DSCN0597.JPG
 1:10、国道237号占冠村。

占冠ICから道東道へ入る。
国道の峠道と違って高速道路は走りやすいし早い。30分ちょっとで十勝清水ICに着いた。
日勝峠経由にくらべて30分以上は早いのではないだろうか。
表示されたETCの料金は990円。これは表示されてもお金を引き落とされることは無い。
日勝峠が復旧しても、この区間だけ高速に乗るのもアリかなと思った。

料金所事務所のトイレは一般にも開放しているので利用させてもらう。
さてここから274号経由で足寄まで向かう。

そういえば道東道は今は足寄まで通じてるんだったな。ここから足寄まで高速代いくらなんだろ。調べたら1,230円。
これなら高速でいくわ。ワープみたいなもんだ。

ということで一旦交差点を出てターンしてまたICへ。
無料措置以来、一旦出てから入り直す車が後を絶たず、渋滞の原因にもなっている『Uターンご遠慮ください』の看板がやたらとあるのはそのためだ。

いや俺は十勝清水ICのトイレに用があってここで降りたんだから。(←誰に言い訳してるんだ)
というわけで一気に足寄まで。

DSCN0603.JPG
 2:53、241号足寄町。

足寄からは弟子屈まで国道241号となる。距離にして93km。ずっと山道だ。
路面は乾いているし、天気も星が見えるくらいなので大丈夫だろう。むしろ注意すべきはシカ、キツネなど。

足寄の町を過ぎると真っ暗。すれ違う車は全く無し。

やっぱりいた。シカが2頭道路上に見えた。スピードを落として近づくと逃げて行った。
シカをはねたら自損事故ということになるのだろうか。あんなデカいの直撃食らったら一発でゲームオーバーだ。
奴らは突然出てくるから油断ならない。

真っ暗な夜道を延々と走り、ようやく町の灯が見えてきた。阿寒湖温泉だ。
セブンイレブンがあって、夜中でも営業している。ちょっと休憩。
が、すぐに出発。こんなところでぐずぐずしている場合じゃない。目指すは流氷。待ってろー!

阿寒湖温泉から弟子屈までの道がむちゃくちゃ怖かった。
途中から吹雪いてきて、あちこちに吹きだまりができている。いかにも山の天気という感じだった。

それでも無事に弟子屈に着いた。足寄からここまですれ違った車は3台くらい。冬の夜中にこんな所を通る人はいないのだろう。
峠越えと、高速で飛ばしたのでガソリンがだいぶ減って、心細いことになってきた。

弟子屈から中標津までは約50分。途中で夜が明けてきた。
中標津のバイパス沿いにモダ石油があって、ありがいことにこの時間から営業している。
ここでガソリンを満タンにした。これで大丈夫だ。

DSCN0613.JPG
 5:18、中標津でガソリンを入れる。

さて、標津まであともうちょっと。野付半島はそこから少し行ったところだ。

標津の町が近づくと行く手に海が見えてくる。流氷は・・・
あった、海に浮かぶ流氷が見える。でも接岸はしていない。

そのまま野付半島の方に車を走らせる。

国道244号から道道野付風蓮公園線に入る。
おおー、きてる!
流氷がびっしり接岸しているではないか。

IMG_1358.JPG
 5:40、野付半島入口。びっしりと押し寄せた流氷。

IMG_1364.JPG
 浜辺まで流氷で埋め尽くされている。

この日の野付半島の日の出は5時25分。もう日は昇ってるはずだが、曇り空なので日は出ていない。
腫れていれば流氷の向こうに朝日を拝めたのに、残念。

車で半島の奥まで行ってみる。
途中で三脚を立てたカメラマンが結構いた。流氷と朝日を狙っていたのか。
流氷原と朝日の写真が撮れるのは野付半島くらいだろう。今日は残念だったようだ。

IMG_1379.JPG
 野付半島はシカが多かった。

IMG_1381.JPG
 道路脇のシカの群れ。逃げないんだね。

IMG_1383.JPG
 車が行けるのは途中の駐車場まで。そこから先は歩く。

IMG_1389.JPG
 竜神崎と野付埼灯台。

IMG_1392.JPG
 竜神崎あたりの流氷は岸から離れていた。

posted by pupupukaya at 12:40 | Comment(0) | 2017年その他旅行記